ADHD小3次男の物々交換トラブル、状況解明に1週間!担任やクラスメート保護者も巻き込んで…

2021/02/14 更新
ADHD小3次男の物々交換トラブル、状況解明に1週間!担任やクラスメート保護者も巻き込んで…のタイトル画像

ADHDの次男は通常学級に在籍しており、週一回特別支援教室に通っています。
人と関わること自体嫌いではない次男にとって学校生活は、友達や先生を通じて社会性を身につけさせてもらえる大事な経験です。ですが、お友達との関わりが多い分、親がハラハラする機会も多いです。
小3の頃は物々交換を巡った困りごとがありました。

スガカズさんのアイコン
スガカズ
5933 View

学校にフィギュアを持って行こうとする次男。事情を聞くと…

学校におもちゃを持っていこうとしている長男
Upload By スガカズ
ある日の朝次男は学校にフィギュア(おもちゃ)を持っていこうとしていました。なぜ持っていくのか聞くと、友達と物々交換をすることになったのだとか。学校におもちゃを持っていってはいけないし、親同士が許可していないのに勝手におもちゃを交換してはダメだと指摘しました。

しかし、次男はすでにお友達からキーホルダーをもらっている状態のようです。小3だと、お金や物に対しての価値がわからないので、交換させたくありません。これはお友達の保護者の方に連絡して返さなければいけないと思いました。放課後、お友達のママに事情を話して、もらったキーホルダーを返す旨伝えました。

しかし、実際はこんな単純な話ではなかったのです…。
※キーホルダーは持ち物の目印にもなるため、持っていくことは禁止されていません。

もらったキーホルダーは、誰のもの?

キーホルダーをお友達からもらってきたが、その経緯の解明に1週間かかった
Upload By スガカズ
私は当初、次男が持っていたキーホルダーはお友達(Aくん)のものだと思っていましたが、違っていました。

Aくんの話によると、次男はAくんとBくんのキーホルダー2つ持っているようです。いま持っているのはAくんのものではなく、Bくんのものなのだそうです。ですが、Aくんのキーホルダーは見あたりませんし、本人から「Bくんと交換した」と聞かされていません。

次男はワーキングメモリーが弱いので、前後の記憶が曖昧になりがちです。パパにも協力してもらい、A君のママからの情報を元に再び起こったことを整理。そしてその後学校に電話で報告。それぞれのお子さんの話を聞いてやっと話の辻褄が合い、誰が誰のキーホルダーを持っているのか判明しました。

5人で行われた物々交換ストーリー

相関図
Upload By スガカズ
探偵ばりに解決していく母
Upload By スガカズ
始めはBくんとCくんで交換し、続いてBくんとAくんで行われていた物々交換。それを見ていた次男は羨ましくなり、「自分も交換したい!」と思ったのですが、自分はキーホルダーを持っていないので、交換できないことが悔しくて泣いてしまったのだそうです。

泣いている次男がかわいそうになったようで、優しいBくんとAくんはキーホルダーを一つずつくれました。おそらく次男にとって「友達と物を交換する」ということは、自分を認めてもらっていると把握できる手段の一つだったのだろうと思います。

そのためAくんが合意したことで、承認欲求は満たされて少し冷静になったようです。手元に何も残らないBくんに申し訳なくなった次男は「Bくんのはいらないよ」と断ります。一度あげると言ってしまった手前、Bくんも後には引き下がれません。Bくんも「いらないよ」と断り、しばらく押し問答があったのだそうです。その後困った次男は、近くにいたDくんに、持っていたキーホルダーをあげてしまいました。

これは、次男に順を追って説明してもらうのは難しいなと思いました。「誰と交換するの?」という質問に対して、Bくんとは、「交換する約束」がされていないのだから、最初に私にその情報を伝えなかったのも腑に落ちました。後日先生の前で5人が集まり物々交換はなかったことに。それぞれの持ち主の元へ無事にキーホルダーが戻っていきました。

私は、ほっと胸をなでおろしました。

「物を大切にしない人は人を大切にできない」と言うけれど…

今回の話を知ったときに、周りのお友達が見せた次男への優しさはもちろんですが、一見「ワガママだ」と思われがちな次男が、Bくんに申し訳なくなったことや、次の日にAくんとの約束を守ろうとしたこと、今まで思い通りにいかなかったときは怒っていた方が多かったのに、泣くという行動に変化していることが分かりました。

「物を大切にしない人は人を大切にできない」など、大人の間でよく聞きますが、小学生はまだ物事の分別をつけづらい時期でもありますし、起こったことの背景を知ると、お友達への優しさがあるようです。次男に関しても同じだと思い否定はできませんでした。ただ、繰り返してもよくないので、褒めもしませんでしたが。

トラブルを減らす目的もありますが、これからも物を交換したり、物を貰ったりしてはいけないと言いました。

この後交換自体は行われていないと思います。ですが一年後、また別の物をめぐったトラブルが起こりました。

次回に続きます。

小学校生活の困りごと特集

発達ナビライターによる小学校生活での困りごとエピソードをあつめたまとめコラムはこちらです。
LITALICO発達ナビ無料会員は発達障害コラムが読み放題!
https://h-navi.jp/column
【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!のタイトル画像

関連記事

【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!

発達障害がある小学生の特徴って?チェックポイントや起こりやすいトラブル、関わり方を分かりやすく紹介します!のタイトル画像

関連記事

発達障害がある小学生の特徴って?チェックポイントや起こりやすいトラブル、関わり方を分かりやすく紹介します!

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

この記事に関するキーワード

あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOメディア&ソリューションズは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。