放課後等デイサービス
  • 空きあり
  • 送迎あり
  • 土日祝営業

放課後等デイサービス ガリレオ

近隣駅: 青木駅、摂津本山駅 / 〒658-0014 兵庫県神戸市東灘区北青木4-17-2 摂津コーラルハイツ105号室
電話で聞く場合はこちら 050-3134-4595

阪神淡路大震災より25年、優しい気持ちで歩みましょう。

教室の毎日
毎週金曜日はカルチャーワークの日です。この日は地域の先生にいつも折り紙や工作・昔遊び等を教えに来て頂いております。しかし今日は震災の日、阪神淡路大震災より25年目の年でしたので、震災にまつわる療育・避難訓練(地震・津波想定)を行いました。子どもたちは?と言いますと、今回は映像鑑賞・避難方法・震災にまつわるクイズ・地域の先生からの生の体験談・避難訓練と1時間以上の長丁場で、中には大好きな工作を中々やめられない児童も居りましたが、内容が同じ事ばかりではなく、変化もあったせいか、どの児童も大きく和を乱すことなくその場に座り、震災療育を受けることが出来ました。最後の避難訓練につきましても大変賢く、普段衝動性の高い児童も数名おられましたが、みんなが順番を守れ、静かに公園まで移動も出来、逆に大変驚きました。皆さんご存知ですか?非常災害・非難のための合言葉。「お・は・し・も」を。昭和生まれの私は、お恥ずかしながら、今回の震災療育で準備を進める上で、初めて聞いた言葉でした。正解は…先ず1番「お」は押さない。2番目の「は」は走らない。3番目「し」はしゃべらない。最後の「も」は戻らない。でした。この合言葉は今や学校教育の中で浸透してきているのか、ガリレオの子どもたちもほぼ全員がこれを理解しており、本当に最後の避難訓練はこの合言葉どおりの動きが出来ており、大変すばらしいな、と感じました。また、震災を実際経験され、大変な目に遭われた地域の先生のお話からは、当時の状況を生々しく伝えられ、地震の凄惨さが十分に伝わり、震災で亡くなった方々への鎮魂と同時に、これまでの世の中を支えてくださった方々への感謝の気持ちが湧き上がり、大変有意義な療育になったのではないかと感じました。今後もこうした療育の機会が沢山でてくると思いますので、時期を考えながら、少しでも多くの児童にこうした療育を受ける機会を作っていきたいと感じた1日でした。

昨日のブログでもお伝えしましたが、現在ガリレオでは曜日によっては、定員の空きがございますので、ガリレオの取り組みに興味をもたれた方はお気軽に、そして出来れば早めにご連絡下さい。
空き確認問い合わせフォーム
問い合わせ施設:

放課後等デイサービス ガリレオ

WEB問い合わせいただいた内容について、近日中に施設から回答いたします。
必須
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
任意
WEB問い合わせを送信すると「施設へのお問い合わせ内容に含まれる個人情報の取扱いについて」 に同意したことになります。

掲載情報について

施設の情報
施設の情報は、株式会社LITALICOの独自収集情報、都道府県の公開情報、施設からの情報提供に基づくものです。株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設の利用を推奨するものではありません。ご利用の際は必要に応じて各施設にお問い合わせください。施設の情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。


利用者の声
利用者の声は、施設と関わりをもった第三者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。


施設カテゴリ
施設のカテゴリについては、児童発達支援事業所、放課後等デイサービス、その他発達支援施設の3つのカテゴリを取り扱っており、児童発達支援事業所については、地域の児童発達支援センターと児童発達支援事業の両方を掲載しております。