児童発達支援事業所
  • 空きあり
  • 送迎あり

ヨリドコロ横浜生麦

近隣駅: 生麦駅、花月園前駅 / 〒230-0052 神奈川県横浜市鶴見区生麦3-8-11 1階
電話で聞く場合はこちら 050-3188-1414

2024年3月21日のヨリドコロ横浜生麦

教室の毎日
ブログ
こんにちは!
日差しは暖かく風は冷たい、晴れた空がきれいな一日でした。
3月21日木曜日、横浜生麦教室の活動をご報告いたします。

本日のカリキュラムは、
①公園外出
②おやつ(のり塩コーンフレーク)
③ハートのリース作り
です。

①公園外出☀️
とてもよいお天気だったので、お迎えの車の中から「今日は公園行くよね?」と楽しみにしていたキッズたち。普段通りお友だちや先生たちと手をつないで公園に出かけました。ところが、小学生のお兄さんお姉さんたちがたくさんいて遊具で遊んだりサッカーをしており、安全を優先して普段は行かない神社前の広場で遊ぶことにしました。「なんで?」や「やだ!」という声が上がるかと思いきや、公園の状況を理解してくれたようで決められた場所でシャボン玉や氷鬼など、自分たちで遊びを工夫しながら楽しい時間を過ごすことができました。滑り台や砂場で遊びたかったキッズもいたかと思いますが、その日の状況を柔軟に受け入れて楽しく遊ぶことができたキッズたちに成長を感じた出来事でした。

②おやつ(のり塩コーンフレーク)
コーンフレークをのり塩で味付けした、キッズたちに(職員にも!)大人気のおやつです。今日は紙コップに入れて指でつまんで食べてもらいました。片手で紙コップを持ち、もう片方の手で口に運ぶ。簡単なようで案外難しい動作です。大好きなおやつをこぼさないように!今日は普段よりも集中して時間をかけながら、コップを見つめ慎重に指を口に運んで食べました。「おかわりください!」という声がたくさん聞かれ大満足のおやつでした。

③ハートのリース作り❤️
真ん中を切り抜いた紙皿にハートの飾り付けをして、その中に自分の写真を飾るアート作品を作りました。ハートの画用紙が3色あり、少し大きさが違うことに気づいたキッズがいました。「これ重ねてみるときれいかな?」と丁寧に重ねて素敵なハートを作って紙皿に貼っていました。1枚ずつ貼れば十分な枚数のハートがありましたが、職員から「お友だちのハートがなくなりそうだね。どうしようか?」と声をかけると、少し残念そうではありましたが「そうだね!」と言って重ねたハートを貼る部分と1枚だけのハートを貼る部分とに分けて作品を完成させました。イメージ通りの作品にはならなかったかもしれませんが、お友だちへの思いやりも含めた素敵なハートの作品が仕上がりました。

本日のご報告は以上です。
みなさま忙しい年度末、お体に気をつけてお過ごしください。
また次回のご報告をお楽しみに❗️
問い合わせフォーム
問い合わせ施設:

ヨリドコロ横浜生麦

必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
必須
任意
WEB問い合わせいただいた内容について、近日中に施設から回答いたします。
会員登録するとこんなに便利!
  1. 次回の問い合わせに一部情報入力が不要
  2. お住まいの地域の施設情報が受け取れる
  3. コラムが読み放題
※メール配信について有無や頻度をご自身で設定できます
上記チェックボックスよりメールアドレスで発達ナビにご登録される場合、利用規約個人情報の取り扱いについて に同意したことになります。
WEB問い合わせ を送信すると「施設へのお問い合わせ内容に含まれる個人情報の取扱いについて」 に同意したことになります。

掲載情報について

施設の情報
施設の情報は、株式会社LITALICOの独自収集情報、都道府県の公開情報、施設からの情報提供に基づくものです。株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設の利用を推奨するものではありません。ご利用の際は必要に応じて各施設にお問い合わせください。施設の情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。


利用者の声
利用者の声は、施設と関わりをもった第三者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。


施設カテゴリ
施設のカテゴリについては、児童発達支援事業所、放課後等デイサービス、その他発達支援施設の3つのカテゴリを取り扱っており、児童発達支援事業所については、地域の児童発達支援センターと児童発達支援事業の両方を掲載しております。