児童発達支援事業所
  • 空きあり
  • 土日祝営業

てらぴぁぽけっと 豊橋柳生橋教室

近隣駅: 柳生橋駅、新川駅 / 〒440-0851 愛知県豊橋市前田南町1-16-2
電話で聞く場合はこちら 050-3138-2710

☆要求…どう行う.......!?

教室の毎日
こんにちは、てらぴぁぽけっと豊橋柳生橋教室です♪

年末年始の忙しさから少しずつ普通の日常が戻って来ましたね!!
私は、毎年初詣に行き『おみくじ』を引くのが楽しみなのですが、新型コロナウイルスによる自粛のため今年は初詣にも行けず残念でした...しかし、ネットのおみくじで、なんと”大吉”だったので、Happy!な気分で2021年がスタートしました^^
今年も元気いっぱい頑張りたいと思います!

さて、今日は『要求』についてお話ししたいと思います。

以前も『要求』についての記事を書いたと思いますが、
「自発的に要求をしてくれなくて困っています...どうしたらいいですか?」
というお声を頂いたので、今日は、教室で行っていることを紹介していきたいと思います♪

教室では、遊びの中で子ども達が自発的に要求ができるような環境作りに日々励んでいます。
その中でも、教室に通っている子ども達から要求語を引き出しやすい環境は、写真のように段ボールジェンガを積み上げて倒すことです!!

ボールを当てて倒したり、体でぶつかって倒したり、三輪車に乗って倒したり....子ども達によって様々です!
まず、セラピストが段ボールジェンガを積み上げ、子ども達と一緒に積み上げたものを壊します。

そう!!!!この時が要求語を引き出す時です!!!

子ども達は、段ボールジェンガを高く積み上げられないので、大人に助けを求めます。この時、「やって」「もう一回」などの要求語を引き出すのに最適なタイミングなのです!
これを繰り返し行う事で段々自発的に言えるようになって来ます。
また、段ボールジェンガを渡す時に「かして」「ちょうだい」などの要求語も行えます。

このように、子ども達が”楽しい”と思い”もう一回やりたい”と思えるような環境を私たちが提供していく事で、楽しみながら成長していくことが出来るのです!!
ポイントとしては、段ボールジェンガの上に、恐竜や動物のフィギアを乗せる事で楽しさも倍になります!大人も子ども以上に楽しみ子ども達のテンションを上げてあげることも大切です。
そして、要求語を上手に言えた時は、思い切り褒めてあげましょう☆

段ボールジェンガは倒す以外にも様々な遊び方があるので教室では大活躍しています!!
難しいと思いますが、是非行ってみて下さいね♪


てらぴぁぽけっと豊橋柳生橋教室では、ABAセラピーを軸に個別支援でお子様に寄り添った療育を行っています!
ご見学・ご相談も随時お待ちしております。
空き確認問い合わせフォーム
問い合わせ施設:

てらぴぁぽけっと 豊橋柳生橋教室

WEB問い合わせいただいた内容について、近日中に施設から回答いたします。
必須
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
任意
WEB問い合わせを送信すると「施設へのお問い合わせ内容に含まれる個人情報の取扱いについて」 に同意したことになります。

掲載情報について

施設の情報
施設の情報は、株式会社LITALICOの独自収集情報、都道府県の公開情報、施設からの情報提供に基づくものです。株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設の利用を推奨するものではありません。ご利用の際は必要に応じて各施設にお問い合わせください。施設の情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。


利用者の声
利用者の声は、施設と関わりをもった第三者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。


施設カテゴリ
施設のカテゴリについては、児童発達支援事業所、放課後等デイサービス、その他発達支援施設の3つのカテゴリを取り扱っており、児童発達支援事業所については、地域の児童発達支援センターと児童発達支援事業の両方を掲載しております。