児童発達支援事業所
  • 空きあり
  • 送迎あり

児童発達支援 さんさんキッズ

近隣駅: 博多南駅、南福岡駅 / 〒816-0846 福岡県春日市下白水南二丁目60
電話で聞く場合はこちら 050-3177-4749

「2つ」 の役割

教室の毎日
こどものあそびは、成長とともに単純なのもから複雑なものへと発展していきます。こどもが最初に出会う複雑さは「2つ」のことがらに対面する時です。
ことばの獲得前に、心が、2つのことに気持ちをはたらかせはじめる時期は、視聴触覚や手の協力が大きな役割を果たします。(手や五感に不自由さがある場合は、それらに代わるサポートが必要です)。「2つ」を使いこなす心と手のはたらきは、まず、両手を使って1つのおもちゃを持ち替えることから始まります。2つの手が、「放す⇔握る」という2つの動きを心の指示でこなします。次に、両手が2つのおもちゃをそれぞれ持てることを経て、2つのものを合わせたり、入れたり、ついには並べたりと、心が手にはたらきかけて「2つごなし」の活動を作っていきます。
おもちゃに対して、外観だけで終わらず、その内にある用途という「2つ目」の意味を理解して使いこなすことも、あるいは、ものにことばやサインを重ね合わせるのも「2つごなし」の心の活動ですが、目的のために2つの方法を思いついて「こっちではなくこっち」と選択できるのも1歳半の頃の「2つごなし」です。この頃にはもう、心は手と協力しながらも、一方でそれを超えて思考という独自の道を歩み始めます。
このように両手を使う「2つごなし」は、その後の複雑な操作を可能にしてく出発点となります。それだけに、あそびや生活の中で、こどもの興味やステージに合った「2つごなし」の経験を積み重ねながら、心があたらしい発見をしていけるような活動をとりくんでいければと思います。
空き確認問い合わせフォーム
問い合わせ施設:

児童発達支援 さんさんキッズ

WEB問い合わせいただいた内容について、近日中に施設から回答いたします。
必須
必須
{{ error }}
必須
※ 送迎可否の参考として使用します
{{ error }}
必須
{{ error }}
必須
{{ error }}
任意
WEB問い合わせを送信すると「施設へのお問い合わせ内容に含まれる個人情報の取扱いについて」 に同意したことになります。

掲載情報について

施設の情報
施設の情報は、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの独自収集情報、都道府県の公開情報、施設からの情報提供に基づくものです。株式会社LITALICOメディア&ソリューションズがその内容を保証し、また特定の施設の利用を推奨するものではありません。ご利用の際は必要に応じて各施設にお問い合わせください。施設の情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOメディア&ソリューションズは一切責任を負いません。


利用者の声
利用者の声は、施設と関わりをもった第三者の主観によるもので、株式会社LITALICOメディア&ソリューションズの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。


施設カテゴリ
施設のカテゴリについては、児童発達支援事業所、放課後等デイサービス、その他発達支援施設の3つのカテゴリを取り扱っており、児童発達支援事業所については、地域の児童発達支援センターと児童発達支援事業の両方を掲載しております。