「親子関係」の検索結果 (1ページ目)

小6でも親にべったり!ADHD息子が甘えん坊だった時期には、理由がありそうで…!?
ADHDと広汎性発達障害がある息子は保育園や小学校時代、親にべったり甘えてきた時期がありました。小6でも触りたくなったらショッピングモールの中でもベタベタ、ベタベタ。 あぁ恥ずかしい...でも、身を守るための...
公開日:2020/06/12
わが子にはほめるところがない!?見方を変えたら、あんなこともこんなこともほめられる!ADHDとASDのある小1息子への5つのほめ方
こんにちは、ADHDと自閉スペクトラム症の診断を持つむっくんの母ウチノコです。 子どもをほめてあげましょう!ってよく聞きますが、むっくんは一般的に思い浮かぶ「ほめるタイミング」が滅多に訪れないタイプ。つい叱る...
公開日:2020/06/08
親だって1人になれる時間が必要!休校中の今、ママの「一時避難」はASD息子の「そっとしておく」スキルを学ぶ機会にも…?
サポートが必要な子どもと暮らしていると、1人の時間の必要性をひしひしと感じる時があります。 「短い時間でもいいから回復したい!」という時のために、いくつか一時避難の方法を用意して小さな息抜きをしています。“...
公開日:2020/05/22
ADHD息子とテレビゲーム。大切にしたのは最初のルールづくりと納得感!工夫すれば、家族団らんのツールにも?
こんにちは、ADHDと自閉スペクトラム症の診断を持つむっくんの母ウチノコです。 子どもが大好きなテレビゲーム。どのように付き合っていくか悩ましいですよね。今日はゲーム歴2年のむっくんとテレビゲームのお話です。
公開日:2020/04/23
通学・通塾で広がる子どもの行動範囲に、安心で心地よい見守りを。
電車通学・通塾をするお子さまをお持ちのおうちの方の安心のために。子どもの成長に合わせて、適度な距離で見守ることができるサービスがあります。4月からの新生活の準備のためにも、ぜひ発達ナビユーザーに知っていただき...
公開日:2020/03/20
長時間移動はパニック必至…!?ASD息子に合わせた「総崩れ回避」策で、帰省を乗り切る…!
帰省やレジャー、講習会や体験イベントなど、遠方へのお出かけが増えることも多い長期のお休み。私とコウも、2人で電車やバスを乗り継いで移動することが増えます。コウにとって、見るのは大好きな乗り物達。でも、実際に乗...
公開日:2019/12/18
「親子だけの関係」から脱却する思春期…戸惑いながらも大切にしたい新しい距離感とはーー精神科医・田中康雄先生
乳児期から学童期(0~12歳ごろ)というのは、親が子どもの発達に寄り添ったかかわり方を模索する時期でした。それが思春期(12~17歳ごろ)になると子どもがSNSやオンラインゲームにはまり始めた、部屋にこもりが...
公開日:2019/12/13
楽しい放課後等デイで友達トラブル!?広汎性発達障害の娘が「相手の気持ち」を学べた貴重なできごと
広汎性発達障害がある、小学校3年生の娘は、放課後等デイサービスに通っています。 そこでは、楽しいこともたくさんですが、トラブルも…
公開日:2019/12/11
決めるのは『食事・起床・就寝』時間だけ!ASD親子の冬休みは、ゆるめ時間割で切り抜けろ
日々宿題をこなし支度を整え、夕方辺りから早々に電池切れを起こすことも多い息子。「登下校するだけで精一杯!」という感じで毎日を過ごしています。 一方、学校が長期のお休みに入れば楽になるかといえば、生活リズムの...
公開日:2019/12/03
自閉症息子の激しすぎるこだわりは、禁止では解決しないから――大人になった今、たどり着いた答えとは
自閉症のある子にはこだわりがあります。でも、それが“こだわり”ではなく単なる“わがまま”だった場合、「人生、何でも自分の思い通りにはならない」ことを親は教えていかなくてはなりませんし、こだわりの場合は、単にや...
公開日:2019/12/02