「家族関係」の検索結果

「親子だけの関係」から脱却する思春期…戸惑いながらも大切にしたい新しい距離感とはーー精神科医・田中康雄先生
乳児期から学童期(0~12歳ごろ)というのは、親が子どもの発達に寄り添ったかかわり方を模索する時期でした。それが思春期(12~17歳ごろ)になると子どもがSNSやオンラインゲームにはまり始めた、部屋にこもりが...
公開日:2019/12/13
わが子の行動が「不可解」にうつるとき、その背景を見つめて――精神科医・田中康雄先生の新刊『「発達障害」だけで子どもを見ないで その子の「不可解」を理解する』
子どもの発達障害というと、「診断はされたのか」といったことがクローズアップされがちですが、本来大事なことは、診断のあるなしではなく、子どもの思いや行動を理解することのはず。このことを医師として臨床心理士として...
公開日:2019/11/28
お金やスケジュール管理方法が学べる本や、当事者の女性が結婚生活を語った本などーー具体的なサポートを考えるときに読みたい、保護者や支援者のための5冊
今月はさまざまな発達障害について、特性や具体的な支援方法が解説された書籍、女性の発達障害当事者が書いた書籍などをご紹介。支援者から保護者まで、発達障害のある人に関わるさまざまな立場の人に参考にしてもらえそうな...
公開日:2019/11/15
発達障害の娘とイヤイヤ期の3歳児育児ーーイライラMAXな私の気持ちの切り替え法
広汎性発達障害の娘(小3)と、イヤイヤ期真っ盛りの息子(3歳)との日々は、スムーズにいかないことだらけ! いつもおおらかに対応できるわけはなく、イライラすることばかり。 そんな時、私がやっている気持ちの立て直...
公開日:2019/11/13
悩みが尽きない、発達障害の娘×イヤイヤ期息子とのお出かけ…私の気持ちを変えた、パパの一言とは?
広汎性発達障害の娘(小3)は、小さい頃外出中とても大人しく、私たちは大変だった記憶がほとんどありません。しかし最近…困ったことが起きるようになったんです。
公開日:2019/07/10
働く母が直面!自閉症息子の「夏休みの過ごし方」問題。放課後等デイに相談してみたら…!?
私事ですが、昨年の春からパートの仕事をしています。その当時心配だったのはやはり自閉症の長男のこと。勤務は短い時間なので、普段は長男が放課後等デイサービスから帰宅するまでに仕事を終わらせて帰宅できます。けれど夏...
公開日:2019/06/27
当事者の子ども自身に読んでほしい本から支援の手だてまで。ちょっとしんどい毎日に、ヒントをくれる本
【2019年6月の新刊紹介】今月は、当事者の子どもが読める当事者目線の本や、心理発達相談に携わる方に向けた専門書など、「ちょっとしんどい」と感じている子どもや家族、その支援者に読んでほしい本をご紹介します。ま...
公開日:2019/06/07
こだわりが強いのぼるの世界を広げたい…!「好きなもの探し」で出あえた素敵な場所
長男・のぼるにはADHD(注意欠陥・多動性障害)と軽度のASD(自閉症スペクトラム)が、弟のひとしにはASDがあります。 4歳の頃ののぼるはいまよりこだわりも強く、特に踏切が大好きでした。でも、踏切のまわり...
公開日:2019/04/19
【新連載!】振れ幅大きすぎ!同じASDでもこんなに違う…!?発達凸凹兄妹のドタバタ子育て
こんにちは!漫画家の寺島ヒロです。わが家は私と夫、そして18歳の息子と12歳の娘がいて、二人とも発達障害(ASD※自閉症スペクトラム)があります。同じ診断名ではありますが、特性の現れ方は兄妹それぞれ。外見もあ...
公開日:2019/04/15
夫婦だけど知らなかった。診断・進学・2人目出産…発達障害児育児、パパのホンネ
普段から割と協力しあって発達障害のある娘の子育てをしている我が家。それでも面と向かって子育てのこと、娘のこと、パパとしてどう思っているかを聞いたことがなかった…思い切って夫に質問してみたら、意外と「そんなこと...
公開日:2019/04/10