わざとなの?いいえ。子どものその回答、ちゃんと理由があるんです。

わざとなの?いいえ。子どものその回答、ちゃんと理由があるんです。のタイトル画像

発達障害の子どもの質問攻め、揚げ足をとっているの?あまのじゃくなの?そう感じたことはありませんか。もちろん本人は揚げ足取りのつもりはなく、素朴に疑問を抱いているだけ。それならこちらも攻めの姿勢で行けば楽しめるかも!?……なんて考えるのはわたしも発達障害だからですかね?

8ff123b1 89ea 4ab3 86ea 071175778769 s
27849 View

「だって、何分までは聞かなかったじゃん!」

息子・ハルは4歳の誕生日を迎える少し前、時計に興味を持ち、読み方を覚えたいと夢中になっていました。

ハル:「ハルは時計がわかるようになりました。
だから、のん(私のことを息子はのんと呼びます)、ごはんつくっているときとか、時間を知りたくなったら、ハルに聞いてください」


困った母から頼られる状況を作りたい様子で、台所に置いていたデジタル時計をいそいそと撤去。
ならばと思い、ある日の夕方、晩ごはんを作りながら質問してみました。


わたし:「ハル、今何時かなあ?」

ハル:「えっとね、5時!」

わたし:(……ん?帰宅したのが5時前後だったから、もっと経っていると思うけどなあ)

時計を確認すると、5時45分。

わたし:「あれ、5時45分だね」

ハル:「だってのん、何時かしか聞かなかったじゃん。何分かは聞かれていないから、言わなくていいと思ったよ

…そうか、そうだよな。

わたし:「じゃあ次からは何分かも聞くね」

「なんとなく分かるでしょ?」が難しい。理解力がないわけじゃない。

気を抜くと、うっかり「何時?」だけになってしまうわたし。そのたびにいちいち訂正。さすがに息子もパターンが読めてきた模様。

ハル:「何時か聞かれたら、何分かも答えなくちゃダメなの?」

わたし:「ダメって決まりはないけど、そういう場面が多いと思うよ」

ハル:「でもさあ、何分か聞かれてないのに、何分か答えたほうがいいって、どうしてみんな気付づけるの?

…だよなあ、気付かないよなあ。

「みんながそうしているから」「なんとなく」でルールを覚えることは、アスペルガー当事者にとって難しいことなのです。

理解力がないわけではありません。
何がどういう理由でそのようになったのか、きっちり説明をしてもらえたら飲み込めます。

わたし:「1分だったら“ぷん”だけど、2分だったら“ふん”でしょ?もしかしたら『何時何分?』って聞いたときに『あれ?今は“ぷん”じゃなくて“ふん”だから、なんて答えればいいのかな?』って思う人もいるかも知れないよね。
でも『何時なんぷん?もしくは、なんふん?』は長いから『何時?』って質問に、何分かまでまとめて答えるようにしたんじゃない?誰が決めてどう広まったかは知らないけど」

ちょっと苦しい理屈かな、息子はわかってくれたかな、ドキドキ。

ハル:「そっか!」

晴れやかな笑顔を見せてくれて、たいそう安心したものです。

質問は存分に。ためらっても誰も得をしないから。

どうして一つひとつ答える事にしているのか、それはわたし自身の経験にあります。

わたしは質問ばかりしてる子どもでした。
みんなと同じように「なんとなく、みんなそうだから」と理解することが難しかったのです。

そのうち周囲からは「いちいち細かい」「理屈っぽい」と疎まれ始め質問することをためらうようになりました。次第にできないことも増え、性格も卑屈になる一方でした。

質問をしないことは、結果的に自分にとっても周りにとっても、メリットが一切ないんですよね。
そういった経験があるためか、我が家ではこんな会話が日常的になっているのです。

一方で、「世の中のみんなからそういう対応をしてもらえるわけじゃない。答えてもらえないことに慣れさせた方がいい」という意見を聞くこともあります。

確かにその通りで、自分のやり方について迷いがないとは言い切れません。

ただ、息子の質問に一つひとつ答えていくと「こういう考え方ものあるのか」と理解し、別の場面で上手に対応している姿をみると
あながち間違ったやり方でもないような気がしています。

…今のところ。

「一緒に考えながら話すのが楽しい」

わざとなの?いいえ。子どものその回答、ちゃんと理由があるんです。の画像
Upload By 鈴木希望
ハル:「のんの説明はわかりやすいねえ!」

わたし:「そ、そうですか?」

息子の拍手に照れる母。

わたし:「ねえハル、もしかして何秒かも聞いて欲しいとか思ってた?」

ハル:「思わなかったよ。秒はすぐ変わるから答えるの忙しいもん。めんどくさい」

細かいことにこだわりがちなアスペルガー当事者だってめんどくさがることはあるのです。何でもかんでも細かくこだわるわけじゃないんです。

ハル:「でもさあ、『こういう考え方もありますよ』って知るの、ハルは楽しい!のんに聞いて良かったよ!」

わたし:「うん、わたしも考えるの楽しいから、ハルが聞いてくれて嬉しいよ」


ふと、自分の口から出た言葉で気がつきました。わたしはきっと、息子に説明することを楽しんでいるのです。
子どもの質問攻めも、言葉遊びように受け止めて「説明攻め」で返してあげると、案外一緒に楽しめるのかもしれません。
…ん?そんな風に考えるのは、わたしも発達障害があるからですかね(笑)
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。