対応していたはずが…親の「二次パニック」予防に必要な視点とは?

対応していたはずが…親の「二次パニック」予防に必要な視点とは?のタイトル画像

何かの拍子に子どもがパニックになった時、対処の仕方が判らずに親である自分がパニックになるっていうことありませんか?私の周りでは、その現象を『二次パニック』と呼んでいます。最近、子どものパニック自体も減りましたが、私もパニックになる回数が減った気がします。今回は、それは、なぜか、少し考えてみることにしました。

297beb01dd21c5a2aad009da6abb91d4bc0fdc6d s
くろろ
4701 View

突然やってくる息子のパニック

現在4年生の息子は、2歳から6歳ころまでは、嫌なことに遭遇すると大泣きしてパニックに陥いる事が度々ありました。

・汚れた服を脱がしたとき
・お風呂で髪を洗ったとき
・焼いたケーキを切り分けようとしたとき

などなど…。
親の私からすると、ほんの些細なことなのですが、息子は思い込みが激しいところがあり自分の想像と違うことが起きると許せなかったのかもしれません。

もちろん予防できる場合もあるのですが、大概は予想しない時にパニックを起こすため、いつパニックになるかわからない辛さがありました。

強めに注意してみたり、祈る気持ちでなだめてみたり。

外出先でパニックを起こされた時には周りの目も気になり、その場に居る事も辛くこちらが泣きたいと思ったものです。 

わたし自身の動揺…名付けて「二次パニック」!

泣きすぎてなぜ泣いているかもわからない状態の息子。

そんな息子に、声を上げて叱るのを止められなかった時期がありました。

・手が出る
・物にあたる
・子どもが悲しくなるであろうことを、あえて言う

してはならないと思っていても、自分では止められず、状況は悪くなるばかりでした。そして、全てが収まった時には激しい嫌悪感が残るのでした。

今思えば、あれは『二次パニック』とでも言うべき状態でした。冷静に考えると、強く叱っても大声を出しても、何の解決にもならないことくらい、よくわかっているのに止められないのです。

息子と私の変化

そんな二次パニックも、今では少しずつ減ってきました。

一番の原因は、息子自身が成長したからだと思います。

息子自身、日々沢山の経験を重ねて、見通しを持てるようになりました。

泣いたり怒ったりしても、問題の解決に繋がらないということ。『まぁ、いっか!』と他の方法を考えたり、少し我慢した方が良いこともあるということを覚えました。少しですが、周りの人間の様子が目に入るようになってきたかもしれません。
そして、私自身も成長した気がします。

自分がパニックになりそうな状況になった場合に、『一呼吸して頭を冷やす』『その場を離れる』という手段を覚えました。
 
息子のパニックの最中に、『ママが家を出ていく!』と言って、夫や長男(小6)に任せて、家を飛び出し近所をぶらついていたこともあります。
 
これは、息子にも私にも有効でした。急に母親がいなくなり息子はクールダウンできたようですし、私自身冷静になることができたのです。

3つの視点で考えよう

できるだけパニックがおこらないようにしたいものですが、突然のパニックは避けようがありません。

かといって、いつ来るかわからないパニックに備えるのは、時間がもったいない!

ならば、
避けられるパニックは、事前に避ける
起きたパニックは、大きくしない
自分が『二次パニック』に陥らない

この3つの考え方が大切なんだと気がつきました。

子どもがパニックになった時に『仕方がないな~』とドシンと構えて対応する。そんな肝っ玉母ちゃんのような対応ができるようになるのが私の理想です。

私は、まだまだその域には入っていませんが、息子も私も日々確実に成長しています。いつの日か『懐かしいわね~』と笑ってパニックについて話せる日がくると信じています。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!のタイトル画像

【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!

発達障害は外見からはわかりにくい障害です。定義や特徴も複雑で、イメージしにくいかもしれません。この記事ではイラスト図解で、発達障害にはどん...
発達障害のこと
51093 view
2018/08/28 更新
ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめのタイトル画像

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめ

ADHDは不注意、多動性、衝動性の3つの症状がみられる発達障害のひとつです。注意欠如・多動性障害とも呼ばれます。子どもの20人に1人、成人...
発達障害のこと
4406096 view
2017/08/30 更新
自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは、自閉症やアスペルガー症候群などが統合されてできた診断名です。コミュニケーションに困難さがあり、限定さ...
発達障害のこと
2137287 view
2016/09/29 更新
【図解】学習障害(LD)とは?イラスト図解でポイントを解説!のタイトル画像

【図解】学習障害(LD)とは?イラスト図解でポイントを解説!

学習障害(LD)がある子どもはどのような状態で、何に困っているのかご存知ですか?イラスト図解とポイント解説で、学習障害とはどんな障害なのか...
発達障害のこと
26734 view
2018/09/06 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。