「学校に行かせなきゃ…」そんなお母さんに知ってほしい義務教育の本当の意味

「学校に行かせなきゃ…」そんなお母さんに知ってほしい義務教育の本当の意味のタイトル画像

「不登校」そう聞いてどんなイメージを持たれますか?わがまま、身体が弱い、友達がいない…。せめて義務教育の間は行かせなくては…焦るお母さんもいるかもしれません。そんなお母さんにぜひ、知ってほしい内容です。

05a8ea5382b9fd885261bb3eed0527d1d3b07262 s
64123 View

「自分で考えて行動したい」

現在中学1年生の我が子。

小学校の時に3ヶ月ずつ2度の不登校を経験しました。

小さい頃から自分の意見を強く持ち、「自分で納得したことをやりたい」「自分で考えて行動したい」と訴える事が多くありました。
一見良いことに思えますが、学校という場ではなかなか難しくみんなと同じ事を同じやり方でしないことを指摘される事が、彼とってストレスになった様子。

「学校に行きたくない」と言われたとき、始めのうちは何とか励まして遅刻しながらも登校。
しかし段々と様子もおかしくなり、ある時期から完全にお休みするようになりました。

不登校の子がクラスにいることも珍しくありません。
それでも実際に自分の子が不登校になった時には想像以上に不安なもの。
「この先どうするの?」と自分の不安を子どもにぶつけてしまうこともありました。

私たちが、一緒に学んだこと

そんな私ですが、
義務教育の意味と児童憲章の内容を学んだとき、「学校に行かせなくては」という焦りや不安がゆっくりと消えていきました。

第1項 すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。
第2項 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。  義務教育は、これを無償とする。

出典:http://law.main.jp/kenpou/k0026.html
「義務教育」の義務とは
子ども自身が学校に行くことではなく、大人が学びの環境を用意することの義務でした。

学校に行くことは権利であり、義務ではなかったのです。

そして児童憲章がこちら。少し長いですが、紹介させてください。

児童は、人として尊ばれる。

児童は、社会の一員として重んぜられる。

児童は、よい環境の中で育てられる。

一 すべての児童は、心身ともに健やかにうまれ、育てられ、その生活を保障される。
二 すべての児童は、家庭で、正しい愛情と知識と技術をもつて育てられ、家庭に恵まれない児童には、これにかわる環境が与えられる。
三 すべての児童は、適当な栄養と住居と被服が与えられ、また、疾病と災害からまもられる。
四 すべての児童は、個性と能力に応じて教育され、社会の一員としての責任を自主的に果たすように、みちびかれる。
五 すべての児童は、自然を愛し、科学と芸術を尊ぶように、みちびかれ、また、道徳的心情がつちかわれる。
六 すべての児童は、就学のみちを確保され、また、十分に整つた教育の施設を用意される。
七 すべての児童は、職業指導を受ける機会が与えられる。
八 すべての児童は、その労働において、心身の発育が阻害されず、教育を受ける機会が失われず、また、児童としての生活がさまたげられないように、十分に保護される。
九 すべての児童は、よい遊び場と文化財を用意され、悪い環境からまもられる。
十 すべての児童は、虐待・酷使・放任その他不当な取扱からまもられる。あやまちをおかした児童は、適切に保護指導される。
十一 すべての児童は、身体が不自由な場合、または精神の機能が不充分な場合に、適切な治療と教育と保護が与えられる。
十二 すべての児童は、愛とまことによつて結ばれ、よい国民として人類の平和と文化に貢献するように、みちびかれる。

出典:http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/004/siryo/attach/1298...
これを読んで、
「あなたには、教育を受ける機会を得る権利はある。だけど、学校にいかなくてはいけない、とはどこにも書いていない。」、そう息子に伝えました。

最初は「学校と同じ様に勉強をしなければ」と、フリースクールなども調べてみましたが、
本人は全く興味がない様子だったので、せっかくだからこの時にしか出来ないことをしてみようと考え始め、二人でたっぷりある時間を楽しむことにしました。

いつまで不登校が続くかわからない状況では、私自身も楽しめる方法がいいかなと思ったのです。

お互いに好きなことは「何かを作ること」。
木工をしたり、お昼ご飯作りにそばうちをしたり、のんびりと過ごしました。

そしてモノ作りの場やワークショップへ連れて行くようになりました。
学校の外で出会った面白い大人の方たちとの出会いが、彼にとって刺激的で、学ぶ楽しさも知るきっかけとなっていったのです。
「学校に行かせなきゃ…」そんなお母さんに知ってほしい義務教育の本当の意味の画像
Upload By GR

見えない重圧、罪悪感も。

多くの子は、学校に行かない間に罪悪感に苦しんでいると知りました。

わが子も「何故かわからないけど、本当は行かなきゃいけないのに…って感じはずっとあった」と。
それは私の中にも「なんとかして行かせなければ」という考えがあったからなのかもしれません。

親や家族が「学校に行かないのも、権利の使い方の一つ」と思えたら、そして「義務ではなく権利」と子ども自身が知れたら、気持ちは少し、軽くなるかもしれません。
「学校に行かせなきゃ…」そんなお母さんに知ってほしい義務教育の本当の意味の画像
Upload By GR
不登校の原因・きっかけは?解決に向けた子どもとの向き合い方、進級・進学や支援機関について解説しますのタイトル画像
関連記事
不登校の原因・きっかけは?解決に向けた子どもとの向き合い方、進級・進学や支援機関について解説します
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

よこまさ さん
2016/12/19 10:05
20代に全寮制のフリースクールで働きました。不登校の子も来ていました。そこで彼らと向き合った実感ですが、学校の方がおかしいのです。そんな学校に適応できないセンスの方がまともです。過剰に適応できている子の方が問題です。
学校でなければ学べないこともたまにはありますが、学校では学べないことがたくさんあります。自分を振り返ると、学べてよかったと思うことのうち、大半は学校では学べないことです。
人間関係も、社会の体験も、今の学校ではとても偏ったものしか経験できません。
無理に学校に行く必要は全くありません。行きたくなったら行けばいいのです。不安かもしれませんが、学校なんか行かなくても、幸せな人生をおくれます。大丈夫です。
無理に異常な社会に適応させようとしたら、それこそ「引きこもり」になっちゃいますよ。
子どもにしあわせになってほしかったら、まず親がそのモノサシから解放されましょう。

ケラケラ さん
2016/12/19 09:07
確かに学校へ行くことは権利であり、義務ではないです。
でも、学校へ行くことは大切だと思います。理由は、小さな社会勉強だからです。
学校へ行かないでいると、社会での対応が困るかと思うのです。
もちろん、無理して行くのもよくないと思うのですが…
本来は、『学校へ行きたい』と思えるような学校作りをするべきだと思うんですよね。
責めてるように感じたらすいませんが、学校へ行かない選択肢を安易にずっと続けていたら、
大人になっても引きこもりがちになりそうな気がして、働けるないような気がしてます。
働くどころか、生活できるのかも心配になってしまいます。
引きこもりをしたら、絶対にそうなるって訳じゃないとは思いますが…

Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

フリースクールとは?不登校の子どものための授業内容、費用や利用方法、在籍校の出席認定について解説のタイトル画像

フリースクールとは?不登校の子どものための授業内容、費用や利用方法、在籍校の出席認定について解説

フリースクールは、主に不登校の子どもたちを受け入れる教育機関です。公的な学校ではないため、その目的により規模や形態、費用はさまざまです。本...
進学・学校生活
40907 view
2017/01/30 更新
就学猶予・就学免除とは?小学校入学を1年遅らせられる就学猶予制度の目的と利用条件、体験談まとめのタイトル画像

就学猶予・就学免除とは?小学校入学を1年遅らせられる就学猶予制度の目的と利用条件、体験談まとめ

「小学校へ上がるまでに、せめてあともう1年あったら、体力も同年代に追いついて、心配せずに入学できるのに…」お子さんの発育と、小学校入学のタ...
進学・学校生活
37567 view
2016/10/23 更新
ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめのタイトル画像

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめ

ADHD(注意欠陥・多動性障害)は不注意、多動性、衝動性の3つの症状がみられる発達障害のことです。周りに理解されづらく、仕事や学業、日常の...
発達障害のこと
3313028 view
2017/08/30 更新
自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

自閉症スペクトラム障害とは対人コミュニケーションに困難さがあり、限定された行動、興味、反復行動がある障害です。自閉症やアスペルガー症候群な...
発達障害のこと
960586 view
2016/09/29 更新
軽度知的障害とは?軽度知的障害の特徴と判明しやすい時期、本人に合った学習・支援方法まとめのタイトル画像

軽度知的障害とは?軽度知的障害の特徴と判明しやすい時期、本人に合った学習・支援方法まとめ

軽度知的障害は抽象的な内容の認識に困難さが生じることから、学習面でのつまずきや対人コミュニケーションなどの難しさを感じることが多い障害です...
発達障害のこと
296834 view
2016/12/15 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。