これなら簡単!子どもに箸の持ち方を教える方法まとめ

これなら簡単!子どもに箸の持ち方を教える方法まとめのタイトル画像

小学生になっても箸を正しく持てない子どもに悩むパパママがいますね。大きくなってもそのままになってしまわないように、小さいうちからきちんと教えたいですよね。今回は簡単にできる箸の持ち方をレクチャーします。

0fb914ab018d3fbf1e69f5bcd0caa0559f47fe0c s
egao.mama
46361 View

箸を正しく持てない子ども

正しい箸の持ち方を身に付けていないと食べ物をうまくつかめません。
食べ物に箸を突き刺して食べたり、器を口に持って行く食べ方をしてしまうようになることも…。

小さなうちに正しい箸の持ち方を身に付けていきましょう!

まず、スプーンの持ち方から

3歳児くらいになると、パパママは子どもに箸を持たせることに熱心になりますね。でも、焦りは禁物です。

まず、最初にスプーンをきちんと持てるようになってからにしましょう。
スプーンをグーで握るのではなく、鉛筆を持つように握ることができるようになると、スムーズに箸に移行できるようです。

保育園などでは、まずスプーンの持ち方を指導してから箸の持ち方を教えることが多いようです。

あまり必死に箸の持ち方を教えると、子どもにとって食べる時間が苦痛になってしまいかねません。
食事を楽しみながら覚えられるように子どものペースに合わせて教えていきましょう。

今のお母さんは早くからはしを使わせたがるのですが、スプーンが上手に持てないと、はしは上手に持てません。
上手なスプーンの持ち方=にぎるのではなく、鉛筆を持つような持ち方
お子さんのスプーンの持ち方はどうですか?
十分スプーンを使わせると、はしにすんなり移行できます。

出典:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/560926.html

バンバン持ち

子どもに「バンバン」とピストルを撃つような形をイメージさせるので、「バンバン持ち」と呼ばれているようです。

まず、手をじゃんけんのグーにします。親指と人差し指でピストルの形を作ります。伸ばした親指と人差し指の間に箸を乗せて、その2本の指で輪を作るように箸を抑えます。そのとき箸が落ちないように中指を添えるよう伝えましょう。

フォークやスプーンもこのバンバン持ちをすると、もっと箸使いがスムーズになります。

違った持ち方をしたときなども、「バンバン持ちしようね」と声掛けすることで子ども自身が気づきやすくなりますね。

「はしはじめ」

スプーンの持ち方にも慣れたし、さらにバンバン持ちも教えた!でも、なかなか上手に箸が持てない…という場合は、「はしはじめ」という箸を使ってみててもいいかもしれません。ちなみに「エジソンの箸」というのもありますが、指の補助が多く、普通の箸に移行したら、また持てなくなったという話も聞きます。

「はしはじめ」はグリップが付いているので、筋肉がまだ弱い子どもでも箸を握ることができるようになっています。もうひとつのガイドとなる小さな突起部分が人差し指をサポートして、正しい持ち方ができるような設計がなされているため初めて箸を使うときに良いかもしれませんね。

「はしはじめ」と言う箸を、1年位使って練習したら
だいぶ上手になり今は普通の箸で食べてます。
大人用もあるので一緒にやってみると良いかもしれません。
この箸は、普通の端の動きと一緒なので、最初はとまどうかも
しれませんが、あとから普通の箸に移行しやすいです。

出典:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4965844.html
はしはじめ (ハローキティ) 3本セット 15cm (4~6歳児向け)
はしはじめ (しんかんせん) 3本セット 15cm (4~6歳児向け)
子どもが箸を持てなくても焦らないようにしましょう。

無理に持たせても、食事がおいしくなくなってしまいます。箸を持つことに興味を示したら教えるチャンスです。

スプーンの持ち方から練習をしたり「バンバン持ちしよう」と声掛けをするなど小さくステップを踏めば、子どもの負担も少なく箸に慣れていけるのではないでしょうか。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Question history

発達障害のキホンを知る

【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!のタイトル画像

【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!

発達障害は外見からはわかりにくい障害です。定義や特徴も複雑で、イメージしにくいかもしれません。この記事ではイラスト図解で、発達障害にはどん...
発達障害のこと
40932 view
2018/08/28 更新
ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめのタイトル画像

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめ

ADHDは不注意、多動性、衝動性の3つの症状がみられる発達障害のひとつです。注意欠如・多動性障害とも呼ばれます。子どもの20人に1人、成人...
発達障害のこと
4392823 view
2017/08/30 更新
自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは、自閉症やアスペルガー症候群などが統合されてできた診断名です。コミュニケーションに困難さがあり、限定さ...
発達障害のこと
2123888 view
2016/09/29 更新
【図解】学習障害(LD)とは?イラスト図解でポイントを解説!のタイトル画像

【図解】学習障害(LD)とは?イラスト図解でポイントを解説!

学習障害(LD)がある子どもはどのような状態で、何に困っているのかご存知ですか?イラスト図解とポイント解説で、学習障害とはどんな障害なのか...
発達障害のこと
19820 view
2018/09/06 更新

この記事に関するキーワード

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。