大事なのは目的!タブレット学習を取り入れたわが子の変化とは?

大事なのは目的!タブレット学習を取り入れたわが子の変化とは?のタイトル画像

HAHATO.CO盛岡支部代表のSONOです。みなさんは学習支援ツールとしてのタブレット、どうお考えですか?子どもに与える家庭が増えてきている一方で「ゲームばかりになってしまうのでは?」という声も。
我が家での活用の経緯から効果、そして課題について書いてみたいと思います。

27b37cbcd1da7b04f8f78c990fe964c5804e0506 s
SONO
25865 View

「タブレットに子育てさせている」と言うが…

タブレットの使用、皆さまはどうお考えですか?
子どもに持たせていると「タブレットに子育てをさせている」なんて、問題視する声もありますよね。

私自身は、子どもにタブレットを与えるかどうかの可否、そしてその年齢は「目的」によると考えています。

我が家では息子と娘にそれぞれ1台ずつタブレットを与えています。

息子は中学入学を控えた2013年の4月。
「学資保険で買うから、学力を上げるために使うんだよ。」と、お金を使うのが大嫌いな息子の了解を得てiPad miniを購入したのが始まりです。

娘の方は、2015年の4月。
3年生に進級すると同時に1万5千円くらいのAndroidタブレットを買い与えました。

タブレットは魔法の杖?それとも?

タブレットを与えると「子どものゲーム中毒やコミュニケーション力低下につながる」と完全否定してしまう人がいます。
一方で、タブレットを使用すれば、学力がぐんと向上するはず!と思っている人もいます。

しかし、「タブレット」は単なる「道具」。それだけで何か良い影響や悪い影響が出るわけではないと思います。
大事なのは目的!タブレット学習を取り入れたわが子の変化とは?の画像
息子のiPad mini+Logicoolのキーボード
Upload By SONO
例えば、パソコンが登場した時も、携帯電話やスマートフォンが現れた時も、悪用の可能性や体に害を及ぼしたりすると心配の声もあがりましたが「だから一切使わない」とは、なっていないですよね。

もちろん、「目的のために正しく使う」という事が必須の条件ではあります。

例えば我が家では、こんな目的で導入し始めました。

・鉛筆や消しゴムを使うのが苦手
 →抵抗なく読み書き練習できるようにする

・文章やコミュニケーションが苦手
 →メールのやり取りから少しずつ慣れていけるようにする

ただ買ってあげるだけで自動的に目標が達成されることはありません。操作や使う方針に慣れるまでは、コツコツと付き合う覚悟が必要になります。
全自動洗濯機だってお洗濯の作業全部を自動でやってはくれませんよね。

これから導入される方は、是非「何のためにタブレットを活用したいのか」を考えてみてください。

我が家の場合…

勉強をもっと楽しんでほしい!息子の場合

図鑑が好きで物知りな息子ですが、小学校の成績は得意な理科・算数でもせいぜい中くらい。

「あなたの良さは通知表には出ないから」というのが私の口癖でした。

中学入学を機にiPadを購入して、まずは一番好きな数学のアプリをあれこれ提案。

そのうちアプリの見つけ方を覚えた息子は、「お母さんが言ってたやつよりね、こっちの方がいいよ」と、自分に合ったアプリを探しはじめました。

それなら苦手な社会も興味を持ってくれるのでは?と思い学研の参考書「やさしくまるごとシリーズ」を購入。

やさまるシリーズは、オリジナルテキストに即した動画をYouTubeで見れるという特典がついており、動画好きの息子なら興味を持ってくれるのではと思ったからです。
最初は「へぇー、すごいねー」と見ていた息子。

気がつけばYouTubeで数学を説明してくれる塾講師の動画にたどり着いていました。そして夢中になって勉強していた息子は、数学検定準2級に合格することができました。

Podcastを利用すればネイティブの英語も聞き放題、著名な方のスピーチが聴けるTEDも時々楽しんで観ています。そのお陰か、英語検定準2級にも合格できました。

「あなたの良さは通知表には出ないから」と、口癖のように伝えていたのに、今では通知表に5が並ぶようになりました。
タブレットならではの勉強方法が、楽しんで取り組めるキッカケになった様子です。

勉強は好きだけど運筆が苦手。娘の場合

娘は、昔からアプリを使って漢字を学んでいました。学校で習う前に漢字検定に合格するなど、相性も良かった様子です。

ただ、とにかく鉛筆で書くことが苦手な娘。
分かっているのに書き損じが生じたり、消しゴムで上手く消せずにやる気をなくしたりと、学習に支障が出てきました。

そこでアプリ学習ができるようにと小学校3年時にAndroidタブレットを購入をしました。(私の内職で貯めた、なけなしのお金が消えました…。)

アプリを選ぶときは、好みや使いやすさが人それぞれ違うのでお子さんと一緒に選ぶことをおススメします。

アプリを使って勉強もしますが、小学生向けの算数動画をYouTubeで見たり、おばあちゃんにメールをしたり。ローマ字もキー配列もばっちり覚え、時々自作の物語を作って遊んでいます。

鉛筆で書くことが苦手な娘にとっては、とても学びやすく使いやすい様子です。
大事なのは目的!タブレット学習を取り入れたわが子の変化とは?の画像
娘のAndroidタブレット+キーボードケース
Upload By SONO

タブレットを使用する上での課題

子ども本人とルールを決める

効果的に使えばとても便利なタブレットですが、楽しいアプリやYouTubeなどでついつい長時間使用してしまうことも。

大人でもついついスマホを使いすぎてしまうくらいですから、子どもたちと使用ルールを決めることは、とても大切だと思います。
そして決めたルールを守り続けられるように、時々見直したり再確認することも必要です。

我が家の場合、娘とは30分タブレットを使ったら30分他のことをする、というルールを設けています。
「またできる」という安心感のある中断は、抵抗なく導入できるひとつの方法です。
また、息子の場合はゲームに依存している時期がありました。

聞くと「ゲームをして苦しい日常を一旦リセットしている」との事。そのときは、息子の辛い気持ちを思いゲームを禁止はしませんでした。ただ、休憩を取ることを促していただけ。

声をかけると嫌がるので、タイマーをセットして決めた時間になったら一旦休憩をとるよう約束しました。休憩すれば再開できるので、禁止ほどのストレスはかかりません。

そして時期をみて、ゲームをしすぎると目や脳にどんな悪影響があるのかを伝えていきました。

家庭でのルールは、家庭ごとお子さんと話し合って決めるのが一番だと思います。

アイテムを使って子どもを守る

スマホやタブレットは、眼への刺激が気になります。
私と息子はパソコン用メガネ、娘はブルーライト軽減フィルターを使用し、重ねて「暗いところでは使わない」ルールを設けています。

あまりとやかく言うと、自主的な学びに水を差してしまうので、気になるときの伝え方は要注意。「もしかして忘れてる?」くらいの軽めの雰囲気で注意を促すのが我が家では効果的です。

最後に

いかがでしょうか。

冒頭でお伝えしたように、タブレットは「道具」にすぎません。
導入を検討されてる方は、ぜひ使用の目的を明確にして、お子さんとルールをつくりながらトライしてみてください。

最後に、岩手大学のタブレット学習支援のアプリをご紹介します。他にもいろいろな学習支援アプリがありますので、お子さんと一緒に、目的に合ったものを探してみてください。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Question history

発達障害のキホンを知る

【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!のタイトル画像

【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!

発達障害は外見からはわかりにくい障害です。定義や特徴も複雑で、イメージしにくいかもしれません。この記事ではイラスト図解で、発達障害にはどん...
発達障害のこと
41904 view
2018/08/28 更新
ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめのタイトル画像

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめ

ADHDは不注意、多動性、衝動性の3つの症状がみられる発達障害のひとつです。注意欠如・多動性障害とも呼ばれます。子どもの20人に1人、成人...
発達障害のこと
4394087 view
2017/08/30 更新
自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは、自閉症やアスペルガー症候群などが統合されてできた診断名です。コミュニケーションに困難さがあり、限定さ...
発達障害のこと
2125113 view
2016/09/29 更新
【図解】学習障害(LD)とは?イラスト図解でポイントを解説!のタイトル画像

【図解】学習障害(LD)とは?イラスト図解でポイントを解説!

学習障害(LD)がある子どもはどのような状態で、何に困っているのかご存知ですか?イラスト図解とポイント解説で、学習障害とはどんな障害なのか...
発達障害のこと
20580 view
2018/09/06 更新
Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。