褒めるって一体何を?!子どもへのイライラを上手に発散する方法

褒めるって一体何を?!子どもへのイライラを上手に発散する方法のタイトル画像

息子との生活において、怒りの感情とは切っても切れない仲。
でも親に言われることは「褒めて育てましょう」「穏やかな口調で伝えましょう」。
この無理ゲーを攻略するために私がやっていることとは。

7719a1c782a1ba91c031a682a0a2f8658209adbf s
25386 View

どこを褒めたらいいの?!

「お子さんのこと、たくさん褒めてあげてください」

この言葉、よく聞きますよね。
発達障害や育児の本を読むと大抵書いてあります。みなさんは「褒める」、スムーズにできていますか?

…私はできませんでした。私から見ると、息子に褒めるポイントなど全く無かったんです。

ですが、「何についてでも、良いんです。『あ、その顔かわいかった!』とかね。」なんて言われてしまうのです。

そうは言われても、正直何を求められているのか、ピンときませんでした。毎日が戦場のように辛い日々を送っていた私には、息子の表情を「かわいいな」と思う余裕なんて、微塵もありませんでしたから。

褒められない自分に嫌悪感。でも…

重ねて、「こんな風に思うなんて、母親としてダメだ…」という後ろめたさが邪魔をして、誰かに相談する勇気もありませんでした。

私は何年間もそんな堂々巡りを繰り返していました。当然状況は改善されず、息子は私に感情のままに怒られ、「褒められる」とは程遠い日々を過ごしていました。

そんな私に転機が訪れたのは「ペアレントトレーニング」の受講を終えたとき。講義内容にも「褒める」は入っており、意識して褒め始めました。息子も褒められると喜び、やはり褒めることは円満な方法のように思われました。

でも、どういうことか、数日すると私の怒りが大爆発。

まるでうっぷんを晴らすかのように…。私は「無理をして褒めていた」のです。ペアレントトレーニングで習ったから、「頑張って息子を褒めていた」というのが実態でした。

そのとき、「もしかしたら褒めること自体が、今の私にはハードルが高すぎたのかも…」と感じました。

褒めるのは難しい。ハードルを下げて…

そこで、「無理に褒める」代わりにどうしたらいいのか考えてみました。

怒りの感情が沸いたときに、なんとか「無理に褒める」のではなく「黙る」ようにしてみました。注意したくても。命に関わる事でなければ黙ってスルー。

これは、褒めるよりもハードルが低く、取り組みやすかったように思います。

それでも、気分はまるで修行僧。(笑)息子の行動が見えているし、聞こえているので、どうしたら気になります。ですから、黙るようにしてもしばらくすると大爆発でした。

怒りの感情を「無かったこと」にはしない!

さぁ、「黙る」も難しい時もあると気づき、どうすればいいのか考えに考えました。

やはり、息子の行動や言動が、どうしても気に障り、怒りの感情は湧いてきてしまいますから。

怒りの感情が湧く事は止められなかったのです。無理に止めることも、気づかないフリをするのも不自然でどこかで大爆発してしまうのです。

だからこそ、そのまま吐き出す事にしてみました。でも口に出すのではなく「書いてみよう!!」

そう思った私はノートを一冊、すぐに取れる場所に用意し、怒りの感情が湧いたらそこに叩きつけるように書きました。

言葉なんて選ばずに、とにかく罵声でもなんでもいいので書きなぐりました。口には出来ないようなひどい言葉でも、少しでも思ったなら書く!書く!書く!気がすむまで書き続ける!


…すると、あら不思議。少し気持ちが落ち着いている自分に気がつきました。そして、ふとノートに目を落とすと、おもしろい程ひどい言葉が並んでいます。冷静に眺めると、それもちょっと笑ってしまったり…。

眺めて笑えちゃったりするときは、少し前進したなと思っています。

一番のお勧めは…

日常生活でもおススメですが、なんと言っても「授業参観」は特におすすめです。

正直、この日は憂鬱じゃありませんか?とにかく他の子よりも目立ってくれますから。どんなに「他の子と比べないように」と思っても、この日ばかりは違いを見せつけられます。

「どうしてそういう事をするかなーー!!!」という、やり場のない気持ちで胸一杯にして帰るころ、知らん顔で現れる息子を見て大爆発…。

そんな失敗を何度も重ねました。ですから、今や授業参観には手のひらサイズのノートを持って行って、息子に爆発する前に、ひたすら気持ちを発散するようにしています。

どうしようもない、行き場のない気持ち。
無理に「無かったこと」にせず、ぜひ吐き出してみてください。書くだけでも、ずいぶん気持ちが晴れるものですよ。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

発達障害の原因は?広汎性発達障害/自閉症スペクトラム・ADHD・学習障害それぞれ原因に違いはあるの?のタイトル画像

発達障害の原因は?広汎性発達障害/自閉症スペクトラム・ADHD・学習障害それぞれ原因に違いはあるの?

発達障害の原因はなんなのでしょうか?発達障害の原因は遺伝的要因の可能性があるとされていますが、それはどのような意味なのでしょうか?今回は現...
発達障害のこと
151228 view
2016/11/25 更新
子育てに悩む親を孤立させないーペアレントトレーニングから考える家族支援のあり方とは?のタイトル画像

子育てに悩む親を孤立させないーペアレントトレーニングから考える家族支援のあり方とは?

教育を取り巻く課題と実践、未来の展望を考える「教育実践フォーラム」、第10回のテーマは「家族支援」。「ペアレントトレーニング」の最新の実践...
自分と家族のこと
13979 view
2017/06/09 更新
11月5日、発達障害支援の研究者が集結!最新の研究成果と療育・支援の未来を語るシンポジウムのタイトル画像

11月5日、発達障害支援の研究者が集結!最新の研究成果と療育・支援の未来を語るシンポジウム

発達障害の原因や治療法、支援技術に関する研究は、世界各地、様々な分野の専門家が取り組んでいる領域です。私たちが日常生活するなかでも、メディ...
発達障害のこと
13119 view
2016/10/24 更新
児童相談所の役割は?子どもの健康管理や虐待対応など...子育てに悩む方々を救う役割をご紹介します!のタイトル画像

児童相談所の役割は?子どもの健康管理や虐待対応など...子育てに悩む方々を救う役割をご紹介します!

「子どものわがままに困っている」「叱り方がわからず、ついきつくあたってしまう」などの子育ての悩みを相談したいときはありませんか?児童相談所...
発達障害のこと
1807 view
2017/09/26 更新
自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

自閉症スペクトラム障害とは対人コミュニケーションに困難さがあり、限定された行動、興味、反復行動がある障害です。自閉症やアスペルガー症候群な...
発達障害のこと
875393 view
2016/09/29 更新

この記事を書いた人

ニャンタ さんが書いた記事

息子の歌声はまるで騒音…イライラする家族を見て、娘が言ったひとことのタイトル画像

息子の歌声はまるで騒音…イライラする家族を見て、娘が言ったひとこと

独り言をしゃべり続け、大きな声で歌う息子。朝から気分がザワつく私は、夫と顔を見合わせじっと耐えていました。そのとき、娘が言った一言にハッと...
自分と家族のこと
17284 view
2016/12/04 更新
誰しも、24時間365日「子どもの障害に理解のある、穏やかな母親」ではいられないのタイトル画像

誰しも、24時間365日「子どもの障害に理解のある、穏やかな母親」ではいられない

アスペルガーの息子には、療育や支援を必要としている。そうはいっても、どう対応すればいいか?頭では理解できていても、いつも理想通りに行くとは...
自分と家族のこと
48036 view
2016/10/03 更新
すぐキレる息子にヘトヘト!その仕組みを本人に聞いてみたのタイトル画像

すぐキレる息子にヘトヘト!その仕組みを本人に聞いてみた

親子間でも、兄弟間でも、よくもめ事になるのが口調。 今回は、息子がよく使ってしまう問題になりやすい言葉を選んで考察してみました。
発語・コミュニケーション
23811 view
2016/07/31 更新
授業参観なんて行きたくない!息子の衝撃的な行動の数々…のタイトル画像

授業参観なんて行きたくない!息子の衝撃的な行動の数々…

行きたくない学校行事の一つに「授業参観」があります。
進学・学校生活
28675 view
2016/07/07 更新
周囲の善意がツライ!!「子どものため」と頑張れないときは…のタイトル画像

周囲の善意がツライ!!「子どものため」と頑張れないときは…

気がつかない内に溜まってしまっているストレス。 その原因がわからないままにイライラしたり落ち込んでいたけれど、敵は意外なところに潜んでいま...
自分と家族のこと
15790 view
2016/03/12 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。