障害説明ではスッキリしない。結局、発達障害ってなんだろう。

障害説明ではスッキリしない。結局、発達障害ってなんだろう。のタイトル画像

突然わが子が発達障害と診断されても、発達障害がいったい何なのか?すぐに理解することは難しいと思います。試行錯誤して辿り着いた私が考える「発達障害」をお話しします。

Bd19c901c9edbb4009e66d9d0671450a524a4c78 l
46125 View

説明を聞いてもスッキリしない…

7年前、息子はADHDを伴うアスペルガー症候群と診断されました。

「発達障害」って何だろう?その時私の中にわいた疑問。
医師の説明を聞いても、渡されたリーフレットを見ても、はたまた何十冊も発達障害に関する本を読んでも、漠然としたままでした。
発達障害は個人によって千差万別。同じ障害特性でも、困り感はバラバラ。
人の数だけタイプがあると言っても過言ではないと思います。

例えば、自閉症スペクトラムは「言語、社会性、コミニケーションの障害」という定義があります。ですが、これを聞いて「なるほど!」と理解できるほど単純な障害ではないのです。

息子がなぜ集団に適応できないのか?トラブルやパニックを起こすのか?私には全く理解できませんでした。あの頃は本当に困りきっていて、なすすべもなくただただ向き合うしかない…そんな状況を何とかするためには発達障害の内容ではなく、「発達障害の存在」を私なりに解釈する必要があったのです。

そうか、発達障害は!

「発達障害」が何なのか、それを教えてくれたのは息子本人でした。

息子を見ていると、どこかへ行こうとする際に目的地までの道のりが「通行止め」になっているように感じるのです。
私たちが難なくたどり着ける場所も、発達障害児には「通行止め」になっている。息子の行きたい道をせき止めてるもの。それこそが障害なのだと理解しました。

通行止めになった時の対応は、障害特性や個人によって様々。
それこそ、パニックになったり、やみくもに動き回ったり、やる気がフェードアウトしてしまったり。
そんな時はどうすればいいのかというと、答えは簡単。

実際の通行止めと同じで、「まわり道」を探せば良いのです。まわり道とは、周囲の理解であり、療育やその子にあった環境整備。
そして我が子に必要な、まわり道を見つけることが、発達障害の困りごとを軽減していくのだと感じています。

発達障害児の通行止めは無くなりません。
でも回り道をきちんと見つければ、違うプロセスで目的地に向かえる。そして子どもの特性にあった回り道は、必ずあります。

急がば回れですね。

「通行止めなんだ」そう理解してから

私は発達障害を「通行止め」と解釈することで、表面上の問題だけに振り回されなくなりました。

問題行動も「通行止めで困っているんだな、何がせき止めてるんだろう?」と気づき、回り道を探すことで息子の自己肯定感も良い方向へ変化がありました。

通行止めの道を無理やり通ろうとしているのは、息子ではなく私。「無理に通らせること」を支援していて、まわり道を探してなかったのです。

振り返えると「絶対に今すぐ出来ないといけない事」なんて、そんなに多くはないと感じます。
まわり道が見つからなければ「やらなくて済む」方法を探せば良い。無理に通る必要も、ないのです。

「やらない」という道だってひとつのまわり道ですから。
発達障害におけるグレーゾーンとは?特徴や注意すべきポイントのほか、支援、療育について紹介します!のタイトル画像
関連記事
発達障害におけるグレーゾーンとは?特徴や注意すべきポイントのほか、支援、療育について紹介します!
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

ぽぽぽ さん
2017/01/03 23:08
通行止めだから、回り道を探す。
通行止めなのだから、無理に行く必要もない!
なるほど、とてもわかりやすいです。
ありがとうございました。

樋口國雄 さん
2016/12/23 22:09
おでかけするとき、本人が不安になりパニックのようになり車中でけとばさられたりすると(その時は何とも無いのに翌日になって蹴られたところがとっても痛くなるのです)君だけ行かなかったほうが良かった?と正直思うときもあります。また着いたら着いたで何時までも車から降りないで一人だけぶつぶつ言いながら車中に籠城されてしまいます。落ち着くまでず~と待ってますがこのような対応で本当に良かったのでしょうか。

Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

kaoru さんが書いた記事

角砂糖でカロリー補給をする息子、我が家の偏食との向き合い方のタイトル画像

角砂糖でカロリー補給をする息子、我が家の偏食との向き合い方

つい先日息子が、「おれポトフが食べたい」と言い出して、心臓が止まるかと思うほどびっくりしました。「え?君がポトフを食べたいの?」と聞き返す...
身のまわりのこと
10013 view
2017/06/26 更新
なぜ中2の息子は母にハグを求めるの?愛着と発達障害との関係とはのタイトル画像

なぜ中2の息子は母にハグを求めるの?愛着と発達障害との関係とは

最近よく耳にする「愛着」という言葉。発達障害とはどんな関係があるのでしょうか?中2の息子が母である私にハグを求める姿から、発達障害児の愛着...
自分と家族のこと
54345 view
2017/01/16 更新
不登校と向き合う親の4つの質問。元チャレンジ校教員が語ったことのタイトル画像

不登校と向き合う親の4つの質問。元チャレンジ校教員が語ったこと

昨年、不登校に関する勉強会を開きました。 講師の経験から、不登校から立ち直るプロセスを通して、登校に不安がある子へのサポートの在り方を学び...
進学・学校生活
23605 view
2016/12/17 更新
何度言っても伝わらないのはなぜ?中学生の息子に理由を聞いたら…のタイトル画像

何度言っても伝わらないのはなぜ?中学生の息子に理由を聞いたら…

子どもにどれだけ注意しても、言うことを聞いてくれないのはなぜでしょう?子どもにわかりやすい、伝え方はあるのでしょうか?ヒントは息子から教え...
発語・コミュニケーション
82716 view
2016/09/07 更新
子どもが発達障害とわかったとき、周囲にはどう伝えるべき?のタイトル画像

子どもが発達障害とわかったとき、周囲にはどう伝えるべき?

わが子の発達障害を周囲にどう伝えるかは、発達障害児の保護者にとってとても気がかりな問題です。 カミングアウトするのかしないのかを含めて、私...
発語・コミュニケーション
59431 view
2016/08/17 更新
Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。