アスペルガーの息子が自分で考えた「人の名前の覚え方」が秀逸!

アスペルガーの息子が自分で考えた「人の名前の覚え方」が秀逸!のタイトル画像

アスペルガー症候群とADD(注意欠陥障害)を持つ私たち親子は、人の顔と名前を覚えるのがすこぶる苦手です。短期記憶力が弱いためなのか、軽度の相貌失認があるのか、はたまたその両方なのか。原因を探るよりも大事なのはその対策方法。この春小学校に入学した息子は、しっかりと自分なりの“覚え方”を見つけていました。今日はその“息子らしい対策”をご紹介いたしますね。

8290c5055a843370eb58974bc2b65c17878899bf5c915ce2b2bc87f9829674cc s
143885 View

新生活の一番のネックは「人の名前を覚えること」

アスペルガーの息子が自分で考えた「人の名前の覚え方」が秀逸!の画像
Upload By 鈴木希望
就職、進学、転居、転職―新生活を始めるとき、皆さんが1番気がかりなのはどんなことですか?

アスペルガーとADDを持つ私の頭にまず浮かぶのは「人の顔と名前を覚えること」です。

1週間毎日顔を合わせている人に「初めまして」と挨拶してしまうことはザラ。学校や職場で顔を合わせていた同級生や同僚が私服になった途端、いったい誰なのかわからなくなってしまうほどです。

短期記憶力が弱いのはもちろん、軽度の相貌失認があるのかもしれません。相手に関心がないから覚えられないというわけでなく、興味がある人のこともなかなか覚えられないからこそ辛いのです。

同じくアスペルガーでADDの息子も、やはり人の顔と名前を覚えるのが苦手。意気投合して仲良く遊んだ相手でも、顔と名前を1度で覚えられることはかなり稀です。

保育園のころも、10人前後のクラスメイトを覚えるのに何ヶ月もかかっていました。
アスペルガー症候群(AS)の診断・検査の内容は?アスペルガー症候群の特徴チェック のタイトル画像
関連記事
アスペルガー症候群(AS)の診断・検査の内容は?アスペルガー症候群の特徴チェック

記憶には苦戦、でもなぜか余裕の表情。

アスペルガーの息子が自分で考えた「人の名前の覚え方」が秀逸!の画像
Upload By 鈴木希望
さて、4月から小学校に入学。クラスの人数は倍以上、20人超になります。

それについて不安はないのかと何となく聞いてみたところ、「まあ、何とかなるし、何とかするしかないでしょう」と、頼もしいような呑気なだけような言葉が返ってきました。

息子が余裕の表情を見せていたのもあり、私も大して心配はしていませんでした。

入学後、クラスメイトの顔は存外早く覚えられた模様。問題は名前。

「学校にいるときは名札があるから大丈夫なんだよねー。でも帰ってくると忘れちゃうんだよなー」

と、苦戦気味の模様。それでも、

「保育園のときだって、すぐにではないけど覚えられたんだし、まあ大丈夫だよ

息子がどう「大丈夫」なのかとワクワクしていた私は約1ヶ月後、予想外の対策方法を知ることになるのです…。

その手があったか!こだわりを活かした記憶術

アスペルガーの息子が自分で考えた「人の名前の覚え方」が秀逸!の画像
Upload By 鈴木希望
そしてゴールデンウィーク直前のある日のこと。学校から帰宅した息子は、満面の笑みで私にこう告げたのです。

「今日は○年○組○番の子と●年●組●番の子と3人で帰ってきたよ!」

そう、息子は数字にこだわりを持つ男。そこを活かしてまずは学年と組、番号を覚える作戦に出たのです!

「人を番号で呼ぶって、お前は看守か!!!」

私は大笑いしながら突っ込んでしまいましたが、「その手があったか!やるじゃん息子!」と心の中では感心しきりでした。

しばらくすると「○年○組○番の子」という呼び方は「○年○組○番の(フルネーム)君」という呼び方に変わり、今では学年と組、番号を名前と並べて呼ぶことはほとんどなくなりました。

スタンダードな記憶術に私が感激した理由。

キーワードと関連付けて何かを覚えるというのは、昔からあるスタンダードな記憶術のひとつで、決して目新しいものではありません。

私が感心したのは、息子が自分なりに、しかも特性を活かしてその方法を見つけ出してきたことです。

「いやー、お前さんすごいな!天才だな!!」と、私が感嘆していたところ、何か勘違いしたのか「○○君は何年何組何番、●●ちゃんは何年何組何番で…」と、既に名前を覚えている友達の学年と組、番号を報告してくるようになりました。(笑)

「私、正直君の友達の番号にはあまり興味がないんだよね」

と息子に伝えたのですが、

「数字を覚えて、のん(私の呼び名)に伝えるのが楽しいから、これからも言わせてよ!」とのことなので、日々報告を受けています。

自分で対策を見つけてきた息子だから、これからもきっと大丈夫。

アスペルガーの息子が自分で考えた「人の名前の覚え方」が秀逸!の画像
Upload By 鈴木希望
そうそう、友達の呼び名がいつまで経ってもフルネームなので、その辺について質問してみたところ、照れたように笑ってこう答えてくれました。

「どこまでが苗字でどこからが名前か、まだ時々迷っちゃうんだよね」

「あー、『三国志』読んでてさ、“諸葛亮公明、どこで区切ったらいいのかわからない!”みたいな感じ?」

「それそれ。あ、ハルは『三国志』好きだし、諸葛亮孔明をどこで区切っていいのかはわかるよ!」

「いやいや、今のは例えだって。で、それはどうするの?」

「うーん、これも何とかなるし、何とかするしかないよね!」

息子なら、また息子らしい、息子なりの対処方法を楽しみながら見つけるような気がしているので、私はただニヤニヤしながらその報告を待つばかりです。
見事に記憶力がわるい息子、得意気に報告してきたけど…でも!のタイトル画像
関連記事
見事に記憶力がわるい息子、得意気に報告してきたけど…でも!
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

「遊ぶように学ぶ」障害の有無問わず、そこに人間関係のつくり方があるのタイトル画像

「遊ぶように学ぶ」障害の有無問わず、そこに人間関係のつくり方がある

障害があったって、お友達づくりの境界があるわけじゃない。「関係性を作る学習」を、遊びの延長のように用意することはできるのではないか。そんな...
発語・コミュニケーション
29285 view
2016/09/12 更新
自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

自閉症スペクトラム障害とは対人コミュニケーションに困難さがあり、限定された行動、興味、反復行動がある障害です。自閉症やアスペルガー症候群な...
発達障害のこと
966429 view
2016/09/29 更新
精神障害者保健福祉手帳とは?判定基準やメリット、申請方法まとめのタイトル画像

精神障害者保健福祉手帳とは?判定基準やメリット、申請方法まとめ

精神障害のある方が取得できる精神障害者保健福祉手帳。持っていると受けられるサービスや支援がたくさんあります。教育面、金銭面をはじめ、将来の...
身のまわりのこと
285539 view
2016/11/20 更新
特別支援学級を徹底解説!障害ごとの教育内容から卒業後の進路までのタイトル画像

特別支援学級を徹底解説!障害ごとの教育内容から卒業後の進路まで

通常の学級、特別支援学級や通級指導教室、支援学校などの様々な選択肢から、お子さんの就学先を選ぶことに悩む保護者の方は多いのではないでしょう...
進学・学校生活
259542 view
2017/10/29 更新
発達障害のある子どもを「通常学級」に入れるときに気をつけたい3つのポイントのタイトル画像

発達障害のある子どもを「通常学級」に入れるときに気をつけたい3つのポイント

お子さんが発達障害と診断されていると、小学校の進級先を「特別支援学級」にするのか、「通常学級」にするのか、すごく悩んでしまいます。生徒数も...
進学・学校生活
195041 view
2016/10/26 更新

この記事を書いた人

鈴木希望 さんが書いた記事

何度目かの「はじめまして」…私の相貌失認と、その対策のタイトル画像

何度目かの「はじめまして」…私の相貌失認と、その対策

私は人様の顔をなかなか覚えられない。関心がないわけでもないし、多分、バカなわけでもない。相貌失認という疾患を持っていてね、特にこんな顔を覚...
発達障害のこと
11983 view
2017/10/13 更新
”理系ラブ”な私は、算数障害。叶わぬ恋経て、オトナになってのタイトル画像

”理系ラブ”な私は、算数障害。叶わぬ恋経て、オトナになって

「好きこそものの上手なれ」なんて言葉があるけれど、本当かな?好きなら必ず得意になれる?不得意なら嫌いになっちゃう?そんなことを繰り返し考え...
発達障害のこと
5731 view
2017/07/30 更新
順調に忘れ物常習犯へと進化する小2アホ男子(ADD)、ところが先生はまさかのベタ誉め!?のタイトル画像

順調に忘れ物常習犯へと進化する小2アホ男子(ADD)、ところが先生はまさかのベタ誉め!?

注意欠陥障害(ADD)の特性が目立ち始め、忘れ物常習犯のアホ男子化が著しい我が家の息子。彼の言動や担任の先生との会話から、「失敗しないこと...
進学・学校生活
26728 view
2017/07/12 更新
アホ男子の授業参観で冷や汗タラリ…謝る私に、先生から意外な一言がのタイトル画像

アホ男子の授業参観で冷や汗タラリ…謝る私に、先生から意外な一言が

元気なお子さんの授業参観で、ヒヤヒヤすることのある親御さんはいらっしゃるかと思います。私も息子の参観日には冷や汗を流しているクチです。初め...
学習・運動
21468 view
2017/06/30 更新
「かわいそうな人へ愛の手」を出す前に、できることがある気がしている障害者の私。のタイトル画像

「かわいそうな人へ愛の手」を出す前に、できることがある気がしている障害者の私。

職場や学校、あるいはご自宅の近所に、障害のある方がやってきたら、あなたならどうしますか?そうした場面に置かれたときの、私なりの考えをお話し...
身のまわりのこと
11657 view
2017/05/28 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。