全般性不安障害とは?不安が制御できない症状と年齢ごとの特徴、本人・周囲の対処法は?

全般性不安障害とは?不安が制御できない症状と年齢ごとの特徴、本人・周囲の対処法は?のタイトル画像

全般性不安障害とは多数の出来事や活動に対して過剰な不安と心配をしてしまい、様々な体調不良となって現れる疾患です。ストレッサーが多い先進国に頻発する疾患といわれていますが、その不安の対象はライフステージによっても変わっていきます。そこで、年齢ごとの具体的な症状や特徴、本人・周囲の人の対処法などを紹介します。

6077ad2b372d5a152de8191d73e3e4480c620035 s
371294 View
目次 全般性不安障害とは? 全般性不安障害の主な症状 全般性不安障害を発症しやすい人の特性 全般性不安障害は年齢とともに発展していくの?その経過は? 全般性不安障害の原因 全般性不安障害と併存しやすい症状 全般性不安障害の診断基準 全般性不安障害かも?と気になったときは専門機関に相談を 全般性不安障害の治療法 全般性不安障害に対して、日常生活でできること 家族や周りの人が全般性不安障害だったとき、どう対応すべき? まとめ

全般性不安障害とは?

全般性不安障害とは、時間や予定のずれ、仕事、学校、家族、健康などに対して、自分自身で不安の感情をコントロールできないほど過剰に心配をし、普段の活動に支障をきたす状態が続いている状態を指す疾患です。

身の回りに起こるかもしれない出来事の発生可能性、発生した際にどういう影響が起こるかという本人の予測は、感じる不安や心配の強度、持続期間、発生頻度と必ずしも一致するものではありません。通常の場合、人はいま行っていることに対しての集中を妨げないために、一旦、不安や心配は抑制されている状態を保ちながら活動に集中できるようコントロールすることができています。

全般性不安障害は、こうした不安や心配のコントロールにトラブルが生じ、日常生活に支障が出るほどの症状となって現れた状態であり、一般的な「心配性」とは区別されています。

・自分の身の回りに起こる様々な出来事に対して大きい苦痛を感じ、それが長続きする傾向がある。
・不安や心配の感情が前触れなくいきなり生じる。
・不安や心配の感情がからだの不調になって現れる。


以上の症状を顕著に感じ、長期化しているとき、全般性不安障害を発症している恐れがあります。

全般性不安障害の主な症状

共通して現れる症状....すべての人に共通して現れる症状は以下の2つです。
・過剰な不安と心配をする日が、しない日よりも多い状態が少なくとも6ヶ月以上続く。
・自分自身で心配を抑制することを、むずかしいと感じる。

個人差がある症状....不安と心配の感情と共に、以下のうち3つ以上(子どもの場合は1つ以上)の症状が現れます。
・落ち着きのなさ、緊張感、神経の高ぶり
・疲労しやすい
・集中困難、心がからっぽに感じる
・挑発されたと感じると、すぐに頭に血がのぼってしまう
・筋肉が震えたり、筋肉痛になったり、収縮感を感じたりするなどして緊張する
・寝付きの悪さ、途中で起きてしまうなどの睡眠障害
・発汗、吐き気、下痢などの身体症状
・突発的に起こった出来事に対して、顔面蒼白、冷や汗、動機、不眠、脱力感などの精神的、身体的反応を生じる極度の驚愕症状

全般性不安障害を発症しやすい人の特性

全般性不安障害は、生活の全ての要素に対して不安を感じ、その不安が慢性化していくことによって発症します。そのため、時間の経過によって不安の出現がクセになっていく可能性が増え、30歳くらいで発症する人が多いです。そして、年齢を重ねるごとに症状は比較的小さくなると言われています。

また、女性の方が男性より2倍経験しやすいとされています。

加えて、以下の性格をもつ人は全般性不安障害を発症しやすいといわれています。

・周囲の環境を敏感に感じ取ってしまう人
・コンプレックスを抱えており、自信がない人
・完璧主義者、完璧以外に極端な不満を持つ人
・過度の保障を必要とする人


しかし、これらの特徴がある人が必ず発症するとは限りません。

全般性不安障害は年齢とともに発展していくの?その経過は?

全般性不安障害による症状は、生涯を通じて慢性化し、よくなったり、悪くなったりを繰り返します。また、心配したり、不安になったりする対象は、年代や自身の置かれているライフステージなどによってその都度変化していきます。

子どもは特に、学校の成績や友人関係、スポーツなどにおいて、自分は優秀なのか、できる子なのかと、過剰に心配する傾向があります。自身ができる子なのかという判断は、他人と比べる相対評価からくる判断ではありません。

大人は、仕事への責任の重さ、自身・家族の健康、家計、身の周りの人たちに起こりうる災難、日常的におこるささいな時間・予定のずれなどにおいて、毎日定期的に心配します。
全般性不安障害とは?不安が制御できない症状と年齢ごとの特徴、本人・周囲の対処法は?の画像
Upload By 発達障害のキホン

全般性不安障害の原因

原因として、性格からくる要因、環境からくる要因、生物学的要因の3つがあります。

性格からくる要因として、我慢強い性格、ネガティヴ思考、リスクをとらない性格などが挙げられます。

我慢強い性格が全般性不安障害の原因になってしまうのは、我慢という行動は、他人に嫌われるのが怖いなどといった不安や心配する感情が伴っているからです。また、ネガティヴ思考が原因になってしまうのは、常にネガティヴな気持ちに伴って不安や心配の感情がおこっている場合が多いからです。そして、リスクを取らない性格が原因になってしまうのは、常にリスクに伴う不安や心配が念頭にあり、行動することによって危険にあう可能性をネガティヴに捉えてしまう傾向があるからです。

環境的要因として、子どもの頃の逆境や親の過保護を受けた経験が当てはまります。しかし、これらは完全に証明されたわけではなく、必ずしも十分な要因ではありません。

生物学的要因として、脳内の神経伝達物質であるセロトニンが関与している場合があるという説があります。セロトニンの分泌量を調節するセロトニントランスポーター(日本では不安遺伝子と呼ばれている)が作用し、これらは遺伝性が認められています。

そのため全般性不安障害は遺伝的要因により発症する場合もあると考えられているのです。

しかし、全般性不安障害の原因のすべてについては、まだはっきりとはわかっていない部分も多いため、更なる研究が必要な段階です。

全般性不安障害と併存しやすい症状

全般性不安障害と併存しやすい症状として、不安分離障害、広場恐怖症、パニック障害などの他の不安症や、単極性抑うつ障害(うつ病)が挙げられます。

これらが併存症と診断されていない場合であっても、過去~現在にかけて、診断基準を満たしている場合が多く見られます。

また、感じている不安や心配を打ち消すためにアルコールを継続して摂取し、アルコール依存症になってしまうケースも多いと言われています。

全般性不安障害の診断基準

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。