話したいのに話せない。息子の場面緘黙を知って私がしたこと

2016/08/23 更新
話したいのに話せない。息子の場面緘黙を知って私がしたことのタイトル画像

長男は、幼児期からとてもおとなしい子どもでした。家庭では喋っていましたが、家庭外では言葉が少なく質問にも答えられなくなり、先生を困らせる事が多くありました。小4で場面緘黙と診断を受けてから、私は子どもとの関わり方を変えました。

多原美加さんのアイコン
多原美加
55268 View

話したいのに話せない、場面緘黙を知っていますか?

「話したいのに話せない」と聞くと、皆さんはどんなイメージを持ちますか?

強い気持ちがこみ上げて言葉にならない、というドラマのようなシーンをイメージする人もいるかもしれません。

でも、ふとした挨拶や質問への受け答えですら、言葉が出ずに全く話せない人がいると言われたたら、どうでしょう?

実は、私の息子はまさにその状態になったことがあるのです。

今回は、話したいのに話せない、「場面緘黙」になった息子と私がどう関わったかの経験談をお話します。

家の外に出た途端、様子がまるで違う息子

長男は、もともと幼少期から大人しい子どもではありましたが、家のなかではマイペースで遊んで過ごしています。

ですが、家から一歩外へ出ると様子が激変。急に無表情となり、笑うことさえしなくなるのです。

外出先でどうしても話す必要があるときには、私に極端に顔を近づけてささやいていました。

ちょっと極端かな?とは思いましたが、家の中で兄弟で遊ぶ時には大きな声を出しながら遊んでいたため、特に不思議に思うこともなかったのです。

しかし、小学校に入学するとその変化はさらに顕著になり、学校で喋ることはほとんど無く、周りからも「もっと大きい声だせよ」とからかわれるように

先生から、「学校でお友達とトラブルがあった時など、お友達に謝ることができない」と指摘されたこともありました。

話さないのではなく「話せなかった」

これでは安心して学校で過ごすことは難しい、と考えた私は、息子を連れて小児精神科を受診することにしました。

息子の外での様子を見るたびに「何でこの子は喋らないの?」と疑問だった私は、先生からの説明を聞いてハッとしました。息子は話さないのではなくて、話すことができなかったのだと。

先生からの診断は、「場面緘黙」(ばめんかんもく)でした。

場面緘黙とは、話す能力はあり親しい間柄の人とは問題なく話せるものの、学校などの外の世界に出た途端に話すことができなくなるという障害でした。

これまで、挨拶ができない息子に対して「挨拶は?ちゃんとしなさい」と注意していた私は、気付かないうちに「話せない」息子を傷つけていたのでした。

いかに子どもの気持ちに寄り添うことができていなかったのかを痛感し、私は反省しました。

今後は息子に、無理に話をさせるのはやめようと決意しました。

話さなくても安心して過ごせる環境作り

診断を受けてから、私は息子をもっと観察することにしました。どうしたら「話せない」というストレスから息子を解放できるのかが知りたかったのです。

かすかなサインから息子の気持ちをキャッチする

観察し始めて気付いたのは、息子が日常生活の中で実はたくさん意思表示のサインを出していたことでした。

意識しないと見過ごしてしまいそうな「まばたき」や「かすかなうなずき」は、息子なりに意思表示だったのです。

この、息子からのサインに気付いた私は、積極的に反応を返し、「あなたの意思表示は伝わっているよ」というメッセージを発し、息子が安心できるようにしたのです。

常に心がけていたのは、「無理に話すことはないよ」と見守ることでした。

その結果、少しずつですが「イエス」なのか「ノー」なのかかすかなサインから息子の気持ちが分かるようになってきました。それから、息子に何かを聞くときには、「イエス」か「ノー」で答えられたり、2択で選択できる質問に意識的に切り替えていきました。

例えば「夕飯なにがいい?」という質問は「ハンバーグにする?」「カレーにする?」という聞き方です。

話せない息子でも、かすかなサインで意思表示や選択ができるようなコミュニケーションを心がけることで、息子自身にも、「自分の気持ちが伝わっている」という実感や安心を持ってもらいたかったからです。

学校の先生に「場面緘黙」を知ってもらう

自宅での取り組みのほか、私は学校の先生にも協力を要請することにしました。

まずは先生に、場面緘黙のことを知ってもらおうと、以下の絵本や漫画を紹介して読んでもらいました。
『なっちゃんの声』は絵本なので読みやすく、場面緘黙を理解してもらう為にも大変便利な絵本でした。

外に出すことのできない自分の気持ちを、クラスの人たちにこの本に書かれているように表現できれば良いのになぁと思っていたものです。この本は、緘黙で悩んでいる当事者や、支援に携わっている先生方への希望のバイブルとなると言っても過言ではないと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/4761407352
この漫画本は、場面緘黙の子どもの細かな表情などをよく表している本だと思います。

今回この本で、場面緘黙について初めて知りましたが、これは、うちの子の事だ。と思いました。子供もいつも通り漫画を読んでいて、読み終わったコメントが、「自分は、場面緘黙や!」今まで、「なんで、話さへん!」という質問を何度もされていました。理由が分りました。

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/4063804585
上手く説明することが難しい場面緘黙だったからこそ、本を使って理解してもらう、という方法はとても有効でした。

本を読んだ先生は「とてもわかりやすいです。」と感想を伝えてくれました。「もっと早くに場面緘黙を知っていたら、同じような子どもに無理をさせなくて済んだのに。」とも言っていました。

その後、先生は子どもに対して声を出す事を強制しなくなりました。話せそうな時は、話せるまで待ってくれたりもしました。

見守ることに重点を置いてくれるようになったおかげで、子どもは学校生活で無理をする事が少なくなったように思います。

先生の関わりの変化が安心につながったのでしょう。次第に息子は、自信のあるところだけ声を出す事ができるようになっていきました。

辛さが伝わりにくい場面緘黙、本人の気持ちに寄り添って

場面緘黙は、少しづづ認知度が上がってきています。

しかし、まだまだ知らない人は多く、大人の気付かないところで子どもが苦しんでいることもあるかもしれません。

本人の辛さが伝わりにくい場面緘黙だからこそ、こういった本などのツールを使って、もっともっと多くの方に知ってもらい、子どもの気持ちに寄り添える大人が増えるようにと願っています。
周囲の人を睨みつけながら歩いていた息子。対処法は意外なところにありました。のタイトル画像

関連記事

周囲の人を睨みつけながら歩いていた息子。対処法は意外なところにありました。

発達障害の息子の学校に付き添いわかった、集団生活の躓き3つのタイトル画像

関連記事

発達障害の息子の学校に付き添いわかった、集団生活の躓き3つ

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

この記事に関するキーワード

あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。