「才能探し」に必死になっていませんか?焦る私が子育てで見失っていたもの

「才能探し」に必死になっていませんか?焦る私が子育てで見失っていたもののタイトル画像

発達障害児は達成感をなかなか得られず、自己肯定感が低くなりがち。そんな子たちにとって、「好きなこと」を持つことはとても大切。それは重々承知なのですが、そんな簡単に「好きなこと」って見つからないものです。

304484383538f5385dba2ef358a644d166796329cd1d4a713920cbe4f21c56ab s
42891 View

発達障害児を育てているといつも言われる、「子どもの得意を伸ばそう」という言葉

我が家には6歳になる発達障害の息子がいます。

小さい頃からちょろちょろと動き回り、他人の気持ちもお構いなしに自分の好きなことを喋り続け、家族や集団の中にいてもどうしても叱られる回数が多くなります。

そんな彼を育てることに行き詰まるたび、言われること…それは

「発達障害児は、叱られることが多くて、どうしても自己肯定感が低くなりがちです。この子の好きなこと、得意なことを伸ばしてあげましょう」という言葉です。

そして親戚やママ友に、息子が発達障害であることをカミングアウトしたときにも、同じことを言われます。

「発達障害の子って、好きなことにはめちゃくちゃ集中しちゃうんでしょ?」「好きなこと、得意なことを伸ばしてあげればいいんじゃない?」

極め付けは、いつも最後に聞かれるこの質問。「この子の好きなことって何?」

これにはいつも答えが見つからず、私は絶句してしまうのです。

気付けば、息子を天才児にしようと奔走していた私…

「発達障害の子は、好きなことを伸ばせばいいんだよ。で、何が好きなの?」と聞かれるたびに口ごもってしまう私は、いつしか必死に息子の才能探しをするようになってしまいました。

ちょっと何かに夢中になっている姿を見れば、「もしかしたらこの子は、これに才能があるかもしれない!」と思って、習い事や道具を探してしまう毎日。

そして周囲の目を気にするあまり、私は次第に息子を天才児に仕立て上げることを望む自分がいることに、気付いたのです。さらに、私を追いつめたのは、「好きなことを極めさせ、それを仕事にさせればいいんじゃない?」という周囲の言葉でした。

発達障害児を育てていると、必ず頭をもたげてくるのは「この子は果たして自立することができるのだろうか」という遠い将来のこと。

私は毎日考えるのです。

自分の思いついたことを一方的に話し、相手の質問にまともに答えなかったり、そうかと思えば、相手の気持ちも考えず、思っていることをズバズバと言ってしまったり…。

こんなにズレた会話ばかりしている息子は、将来まともに働いて食べていけるのだろうか、こんなすぐに大切なことを忘れてしまう息子は、自活ができるのだろうか…。

毎日こんな風に将来のことで頭を悩ませていると、つい「好きなことを仕事にさせれば…」という言葉にすがってしまう自分がいました。

そして訪れた、「好きなもの探し」への憤りとむなしさ

息子に発達障害という診断が下ってから、「この子の好きなことは?」と探し続けた数年間、私には焦りしかありませんでした。けれども、息子の苦手を支援することに追われるばかりの毎日。

息子の「好きなこと」「才能」なんて、私にはちっとも見えてきませんでした。

次第に、「好きなことを仕事にすれば?」と言われるたびに、「なんで発達障害児ばかり、小さい頃から好きなこと探しをしなければならないんだ」「息子の仕事のことまで、他人に心配されるいわれはない」という風に、イライラするようになってしまったのでした。

息子は「好きなこと探し」につき合わされ、新しい本、新しいイベントを次々に私から突き付けられていました。

しかし、「新しいこと」が苦手な息子は、そのたびに疲労で座り込んでしまいました。疲れ果てた息子をおんぶして帰宅するたびに、「私は一体何がしたいのだろう…」と思うのでした。

好きなことって、こんなに躍起になって探すものなの?

息子の好きなもの探しをして追い詰められるあまり、次第に息子の何もかもがダメなように思えてきてしまった私。でもある日、ふっと気付いたのでした。

「別に、将来の仕事に繋がるような、特別な『好き』でなくてもいいんじゃないか…」と。

息子の将来の自立や自己肯定感の低下を心配するあまり、私は息子の飛びぬけた才能を探し続けました。でも、「好きなもの」ってそんな大げさなものじゃなくて良いのです。

毎日の生活の中で、ちょっと子どもが楽しいな…と思うことを、否定せずに一緒に楽しんであげる、それが1番大切なのです。

親の不安や焦りで見失っていたのは、子ども本来の姿だった

息子は車が好きです。車の種類はいくらでも覚えます。絵を描くことが好きです。毎日何時間でも絵を描いていて飽きないです。テレビアニメを観ることが好きで、セリフを全部覚えてしまいます。犬が大好きです。

そして何よりも、幼稚園のお友達が大好きです。

生活の中に沢山散らばっていた息子の「好き」を、実は私は1つも大切にしていなかったことに気付いたのでした。

将来の仕事に繋がらないようなことでもいい、他人に誇れるようなことでなくてもいい、極めようなんて思わなくていい、小さな「好き」を大切にし、積み重ねることが大切なのです。

発達障害児の「好き」は、別に何か特別なものではないのです。小さな「好き」を大切にしてもらった経験が、大人になってからのこの子たちを支えるのではないでしょうか。
「出来ないことに引きずられない。」 両親のもと、自由に好きなことに没頭した子ども時代のタイトル画像
関連記事
「出来ないことに引きずられない。」 両親のもと、自由に好きなことに没頭した子ども時代
[第2回]人生の転機。ずっと「クラスで浮いてるヤツ」だった僕も理系の大学では「普通」だった。のタイトル画像
関連記事
[第2回]人生の転機。ずっと「クラスで浮いてるヤツ」だった僕も理系の大学では「普通」だった。
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

あっさん さん
2017/02/06 09:40
診断を受けたわけではありませんが、おそらくうちの子もそうだと思います。
小学1年生で「算数の時の集中が30分も続く」と言われるほど数字が好きでした。
とりたてて何もしなかったけれど、5年生の時に「なりたい」と言った職業につきましたよ。

子供が生まれた時に「この子の縁側になりたい」と思ったので、できるだけ何も言わず帰りを待てれば…と思い続けています。

凛子 さん
2017/01/31 09:56
はじめまして。
娘は高校一年生。うっすらと描いていた将来…自立…が現実味を帯びてきてます。
私も、同じ思いをずっと持ち続けてきました。娘は歴史が大好き。でも、それが職につながるのとは、また別問題。娘は言います。「歴史は好き。でももし仕事になったら嫌いになるかも」好きな事をがしごとになればと考えてきた私とは真逆の考え。
歴史は人生を楽しむ趣味として、残しておきたいようです。
まだまだ迷走中ですが、一緒に笑顔で過ごせる道を探して行きます。


Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

自閉症の治療法は?治療の具体的な方法、療育方法・子どもへの接し方のポイントを伝授します!のタイトル画像

自閉症の治療法は?治療の具体的な方法、療育方法・子どもへの接し方のポイントを伝授します!

自閉症の子は対人関係・コミュニケーションを困難に感じたり、物事に強いこだわりを示したりする傾向があります。自閉症は生まれつきの脳機能障害に...
発達障害のこと
72211 view
2016/10/21 更新
ADHD(注意欠陥・多動性障害)の診断・検査の内容は?ADHDの特徴チェックのタイトル画像

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の診断・検査の内容は?ADHDの特徴チェック

ADHDは不注意、多動性、衝動性の3つの特徴がある発達障害です。最近では発達障害の認識も浸透しつつあり、子どもや自分がADHDなのか気にな...
発達障害のこと
195077 view
2016/06/08 更新
知的障害の治療法・療育法はあるの?子どもの力を伸ばす接し方のポイントまとめのタイトル画像

知的障害の治療法・療育法はあるの?子どもの力を伸ばす接し方のポイントまとめ

知的障害は様々な原因や合併症があり、対処が難しい障害ですが、治療できるのでしょうか?今回は知的障害の原因やその現れ方、治療法・療育法につい...
発達障害のこと
90724 view
2016/09/04 更新
「ママじゃなきゃ嫌!」に満足していませんか?親と子どもの共依存関係とはのタイトル画像

「ママじゃなきゃ嫌!」に満足していませんか?親と子どもの共依存関係とは

発達障害児への対応に慣れてきて楽になったと感じた頃のことでした。息子はいつの間にか「ママじゃなきゃダメ」になってしまっていました。そんなあ...
自分と家族のこと
62878 view
2016/07/28 更新
生放送で発達障害と向き合ったNHKの挑戦。そこで描かれたこと、描き切れなかったこと、これからのことのタイトル画像

生放送で発達障害と向き合ったNHKの挑戦。そこで描かれたこと、描き切れなかったこと、これからのこと

NHKが2017年5月からスタートした「発達障害プロジェクト」。複数の番組横断で発達障害のある人や周囲の人たちの、様々な暮らし方や働き方、...
発達障害のこと
61882 view
2017/05/22 更新

この記事を書いた人

林真紀 さんが書いた記事

問題なく見えれば支援はいらない?周囲の反対を押し切って通級を選択した我が家の理由のタイトル画像

問題なく見えれば支援はいらない?周囲の反対を押し切って通級を選択した我が家の理由

周囲との会話を聞きながら、ちょっと気になる「発達障害児=問題児」の構図。では、問題を起こさない発達障害児であればそれで良いのでしょうか?あ...
進学・学校生活
9009 view
2017/09/14 更新
息子を「かわいそう」にしていたのは誰?通級の選択を悩みぬいた私が気づいたことのタイトル画像

息子を「かわいそう」にしていたのは誰?通級の選択を悩みぬいた私が気づいたこと

発達障害のある息子と過ごしていて、「息子さんが発達障害でかわいそう」というような言葉を向けられることがあります。私はこの言葉に強い抵抗があ...
発達障害のこと
7213 view
2017/09/07 更新
療育にも活用される「音楽療法」の最前線! 子どもたちへの多彩なアプローチについて徹底取材!のタイトル画像

療育にも活用される「音楽療法」の最前線! 子どもたちへの多彩なアプローチについて徹底取材!

発達障害のある子どもの療育に、「音楽療法」を取り入れる動きが広がっています。今回、7月初旬に茨城県つくば市で開催された「世界音楽療法大会」...
学習・運動
11935 view
2017/08/31 更新
お友達のお弁当が床にガッシャーン!無関係の息子まで涙したそのワケとはのタイトル画像

お友達のお弁当が床にガッシャーン!無関係の息子まで涙したそのワケとは

発達障害児の特徴について説明されるときに、「人の気持ちを想像するのが苦手」ということをよく言われませんか?でも、そう決めつけてしまうのは早...
発語・コミュニケーション
12534 view
2017/08/24 更新
祖父の一言で息子のパニックはみるみる鎮火。電話口から放たれたアドバイスとはいったいのタイトル画像

祖父の一言で息子のパニックはみるみる鎮火。電話口から放たれたアドバイスとはいったい

息子は初めての体験をとても不安がります。不安のループに陥る原因は、いつも「最悪の結果を想定してしまう」こと。そんな風になってしまうと、もは...
発達障害のこと
18906 view
2017/08/17 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。