「いじめじゃないよ、ふざけてただけ!」子どもたちの無邪気な言葉に、大人は何をどう伝える?

「いじめじゃないよ、ふざけてただけ!」子どもたちの無邪気な言葉に、大人は何をどう伝える?のタイトル画像

「このくらい、ちょっとふざけていただけだよ」「いじめとふざけ、何が違うの?」こんな問いに答えを出すことが、教育の現場では求められます。自分の主観だけでなく、いじめられた側がどう思うかという、相手の立場に立つ視点を子どもたちが育むために、大人たちは何をどう伝えていくべきなのでしょうか。

0708dfda0837a7920b2e57c0007e611eb69665a4 s
42760 View

「いじめとふざけ、何がちがうの?」子どもたちの問いにどう答える?

「いじめから子どもを守ろうネットワーク」東京代表の栗岡まゆみです。いじめで苦しむ子どもたちの心と命と未来を守るために、長らくいじめ問題の解決に関わっており、各地の学校などで講演活動をしています。

「このくらい、ちょっとふざけていただけだよ」
「いじめとふざけ、何が違うの?」
こんな問いに答えを出すことが、教育の現場では求められます。

私が学校でおこなっているいじめ防止授業では、その問いにこう答えます。
「ふざけや遊びのつもりでも、いじめられた側がつらい・やめてほしいと思ったら、それはいじめです。」

とてもシンプルでありきたりな答えですが、子どもたちにとってもこれは「あたりまえ」のことなのでしょうか。

「いじめられる側にも問題がある」という考え方

私がある中学校でいじめ防止授業を行ったときのお話です。事前アンケートで、500人の生徒にある質問を投げかけました。

「あなたは、いじめられる側にも問題があると思いますか?」

そのうち、「問題がある」「少しある」と答えた生徒は合計186人に上りました。

そして、「いじめられる側にも問題がある」と答えた生徒達は、その理由として、

・いじめられている相手も、恨みをかうようなことをしたと思う
・性格が悪い
・イラつかせる行動をした


などを挙げたのでした。

こうした回答からは、いじめる側の自分たちからの視点を前提としており、いじめられた側がどう思うかという、相手の立場に立つ視点の欠如を感じさせます。

「こんなことをすると人が傷つく」「この言葉をなげかけたら人は嫌な気持ちになる」ということが想像できない子どもたちが、いわば無邪気にいじめを行い、その深刻さを認識しないままに他人を追い詰めてしまうのでしょう。

ある絵本を題材に、いじめられた側の気持ちを疑似体験

私は「嫌なところがあることと、いじめは分けて考える」ことと、「いじめは絶対にいけない」という善悪の判断を子どもたちに分かってもらえるよう、いじめ防止の授業をしています。

NHKの番組に「いじめをノックアウト」というものがあります。私は許可をいただいてこの番組を題材にしながら、東京の小学校や児童館で多くの子ども達と一緒にいじめについて考えました。

その中に、『みずいろのマフラー』(著・くすのきしげのり・絵・松成真理子・童心社)という絵本が題材になっている回があります。

絵本の登場人物は、「ぼく」、「ヤンチ」、「ヨースケ」の3人です。ヨースケは力が弱くて、走るのが遅くて、算数が苦手。ぼくとヤンチが嫌な役を押し付けても、ヨースケは少し困った顔をしながらも言いなりになります。

ある日の学校からの帰り道、ぼくとヤンチがいつものようにヨースケが負けるまでジャンケンをし、ヨースケにランドセルを持たせているところをヨースケのお母さんに見つかってしまいました。

さあ、もしもあなたが「ぼく」だったら、ヨースケのお母さんになんと言いますか?
番組でナビゲーターを務める高橋みなみさんは、「ジャンケンしてただけですよ。って答えますね」と語っています。

私が子ども達に問いかけると、
「遊んでただけだよ」
「ジャンケンしてたんだよ!」
「ジャンケンでヨースケが負けたから、ランドセル持ってもらった」
と子どもたちは口々に答えます。

そこで私が「そうなんだ。じゃあその時のヨースケの気持ちはどうだっただろう?」とさらに尋ねると、子どもたちはこう言います。

「悲しかった」「いやだった」「やめてほしいと思った」

番組はさらに続き、今度は実在する男の子、いじられキャラの真也君の話になります。ものまねネタや一発芸をして、いつもクラスメートを楽しませる真也君。真也君自身も楽しそうに笑っていたと思ったのに、ある日突然、自ら命を絶ちました。

実は、“いじり”がエスカレートして、真也君に馬乗りになったり、ほほを叩いたり、パンツおろしをしたり、…クラスではそんなことが行われていたのです。

子ども達も、この真実の話は、さすがに受け止めるのに少し勇気がいるようです。シーンと静まり返りました。

私は子ども達に語りかけます。
「このくらい、いいんじゃないの?」とか「ちょっとふざけただけ」とか「遊びのつもり」と思っていたことが、実は相手の心の限界を超えて、つらい、やめて、いやだと思っていることがあるんだよ。言葉にできない相手の気持ちを理解する、そんな優しさが大切だね。と。

子どもたちはちゃんとやさしい気持ちを持っている

番組を見せると、子どもたちはきちんと状況を理解していじめられた側の気持ちを代弁してくれます。
ここで、子ども達の授業の感想をご紹介しましょう。

今まで、いじめられている人にも問題があると思っていました。しかし、その考えは全く逆で、いじめている人の心に問題があったのだと初めて知りました。
個人の持っている個性を一人ひとり分かりあい、認め合うことができたのなら、いじめはなくなるのではないかと思います。
(1年C組 女子)

いじめられている側に問題があると言うのは、間違っている。
いじめと、問題があるのは別に考える。いじめられる側には何の問題もない。いじめられたら、なんでいじめられたんだろうって思って不安になってしまうと思うのですが、この言葉でいじめる側が100%悪いとわかってよかったです。
(2年B組 女子)

今日の話で一番心に残ったのは、いじめられている人がいやな原因と、いじめを一緒にしてはいけないと言うこと。今まで、いじめられている人にも原因があると思っていました。
その人の言葉や行動をいやだと思っても、それがいじめていい理由にはならないと気がつきました。いじめたら、いつか自分に返ってくる。あとで、自分のしたことに後悔をしたくない。みんながこの気持ちをもって、いじめをなくしたい。
(2年B組 男子)

誰かがいじめられていたら、それは、心の叫びです。なりふり構わず、手をさしのべて助けてあげたいです。
(1年C組 女子)

子ども達には、無限にのびる可能性を秘めた心があると信じます。
大人がきちんと善悪を教えれば、それに答える心があります。

私たち大人がその努力を止めないことが、子どもをいじめから守る防波堤となることを信じます。
「小学生をやりきってない」と言う不登校の娘。卒業を迎え、親としてできることのタイトル画像
関連記事
「小学生をやりきってない」と言う不登校の娘。卒業を迎え、親としてできること
「個性を大切に」と唱えていながら、学校で障害者排除が起きる理由のタイトル画像
関連記事
「個性を大切に」と唱えていながら、学校で障害者排除が起きる理由
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

この記事に関するキーワード

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。