超!偏食な娘と私の奮闘記―実は娘の好き嫌いにはある法則が…?

ライター:SAKURA

広汎性発達障害の娘は、3歳ごろから偏食が激しくなり、せっかく作ったものも「いやー!」と突っぱねられることもしばしばでした。ですが、よくよく娘の食事を観察してみると、ある傾向が見えてきたのです。

離乳食時代、とにかく小食だった娘

離乳食時代、とにかく小食だった娘
Upload By SAKURA
とにかく全然食べてくれなくて、せっかく作ったものをそのまま捨てることも多々ありました。
Upload By SAKURA
まだ離乳食を食べていたころの娘は、とっても小食でした。

とにかく全然食べてくれなくて、せっかく作ったものを
そのまま捨てることも多々ありました。

そんなことを繰り返すうち、
最初は凝っていた離乳食も「どうせ食べてくれないし…」とあきらめながら作るようになり…
レトルトに頼ったり、シンプルなものが多くなっていきました。

3歳になると、激しい偏食がはじまった!!

3歳になると、激しい偏食がはじまった!!
Upload By SAKURA
3歳になり、幼稚園に入園した娘。
以前に比べてたくさん食べるようにはなったのですが、とにかく偏食が激しくなりました。

ご飯は、炊き込みご飯やチャーハン、ケチャップライスなどを嫌がり、
白いご飯にふりかけをかけたものや、のりを巻いたおにぎりしか受け付けません。

そして、おかずも…
複数の食材が混ざった炒め物や、煮物を嫌がっていました。

娘の様子を見て、盛り付けを工夫してみると…作戦成功!

娘の食事をよーく観察してみると、

いろいろな食材が混ざったおかずは食べませんでしたが、野菜や肉、果物…単体では嫌がらず食べているようです。

それならば!と、
いつも通り、炒めたり、煮たり…と調理した後、それぞれの具材を別々に盛ってみました。
娘の様子を見て、盛り付けを工夫してみると…
Upload By SAKURA
すると、娘は…食べてくれたのです!
すると、娘は…食べてくれたのです!
Upload By SAKURA
どうやら、味が混ざったり、見た目がごちゃごちゃしているものが嫌だったようです。

生野菜も嫌がらず食べてくれるのですが、いろんなものが混ざったサラダのような状態になると、突然嫌がって食べなくなります。

しかし、トマト、レタス、ブロッコリーなどを別々に盛りつけると、ペロリと完食。

娘は料理の好き嫌いを、味よりも見た目で判断していることがわかりました。
娘は料理の好き嫌いを、味よりも見た目で判断していることがわかりました。
Upload By SAKURA
次ページ「家では良いけど…給食は大丈夫??」

追加する

バナー画像

年齢別でコラムを探す


同じキーワードでコラムを探す



放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。