不登校の子は家で何をしているの?笑顔が絶えない娘の過ごし方

ライター:GreenDays

病気や経済的な理由以外で年間30日以上欠席すると「不登校」と定義されます。最近増加しつつある「不登校」に該当する子どもたち。「学校へ行かずに、家で何をしているの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。
不登校の娘を抱えるわが家の日常生活を少しだけご紹介します。

私が抱いていた不登校のイメージは、ネガティブなものだった

不登校の子は家で何をしているの?笑顔が絶えない娘の過ごし方の画像
出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10736003967
皆さんは「不登校」という言葉にどのようなイメージをお持ちでしょうか。

私はとても暗いイメージを持っていました。人の目を気にし、暗い部屋でじっと息を殺して暮らしているような、そんな勝手な想像を漠然と抱いていました。

しかし実際に子どもたちが「不登校」になり、家で過ごす様子を見ていると、その言葉のイメージとのギャップに戸惑いを覚えるようになりました。

不登校の様子は以下の記事をご参照ください。

子どもたちの様子に「不登校」という言葉は似合わない

学校や幼稚園に行かなくなってから、子どもたちはとてもよく笑うようになりました。毎朝必死で登校し、疲れ果てて帰宅していた頃には1度も見たことのなかった、のびやかな笑顔です。

こんなに明るい「不登校」があったのか!と、自分でも驚いています。

現在2万5千人ほどいると言われる小学生の不登校児。もちろん、その家族の数だけさまざまな過ごし方がありますので、私が抱いていたイメージのようなご家庭もあるのかも知れませんが・・・。

実態を知らずに勝手なイメージを抱き、それを固定させるのは本当によくないな、と自分に言い聞かせています。

とにかく、とても明るく家で過ごしている子どもたち。私たちは、学校や幼稚園に行かずに家で過ごすことをマイナスイメージの強い「不登校」ではなく、ポジティブなイメージの「ホームスクール」と呼ぶことにしました。
平成30年度 児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果について 5 (2) 不登校児童生徒数の推移|文部科学省
https://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2019/10/25/1412082-30.pdf

それでも娘の不安は尽きないようで…

不登校の子は家で何をしているの?笑顔が絶えない娘の過ごし方の画像
出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11038017013
小学3年生の娘が学校に行かなくなって初めの半月ほどは、何も言わずにやりたいことをやらせてみました。

読書が好きな娘は1日中本を読み、人目が気にならない時間帯に庭で遊び、自由を満喫していました。
学校へのストレスが原因でチック症状がたくさん出ていたので、自由に過ごすことで少しでもそれが軽減されればと思っていたのです。

そうしているうちに、娘が自分から「お勉強をしなくてもいいのかな?」「お友だちはどんどん先へ進んでいるのに」と言うようになりました。

それならばと、国語・算数・理科・社会・音楽・図工・体育の7教科を毎日30分ずつ時間を決め、勉強することにしました。
これは、元来自由時間を過ごすことが苦手な娘には、とても良いやり方でした。

「何をしてもいいよ!」と言われると、何をすればいいのか決められず、ただただぼんやりとした時間が過ぎていき、娘自身もそれに焦りを覚えていたからです。

30分ごとに鳴るアラームに合わせて予定表を確認し、「よし!次は社会だからあの本を読んでみよう!」「あ、次は体育だからDVDを観ながらダンスをするね!」とくるくる動き回る娘は、本当に楽しそうでした。
次ページ「ルールに厳しいアスペルガーの娘。「ホームスクール」は特性への対応を学ぶいい機会に」


バナー画像


同じキーワードでコラムを探す

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。