何を聞いても「イヤ!」反抗ばかりの息子と私を救った、コミュニケーション法

何を聞いても「イヤ!」反抗ばかりの息子と私を救った、コミュニケーション法のタイトル画像

入学をきっかけに大混乱してしまった長男。何を言っても「いや!」、コミュニケーションも取りにくくなってしまい、困り果てたときに見つけた方法が「遊び」。中でもこの遊びは、今もほぼ毎日やっています。

60a171842aba075b01813e69a7c065db36cdae6f
18978 View

学校でのストレスが思わぬ方向で現れた息子。どうしよう…

小学校入学直後から「学校いかれへん!」となったショックで、まるで赤ちゃん返りしたかのように母親から離れられなくなった息子は、気に入らないことがあると、暴れるようになりました。

「学校に行ってみようよ」「あかんで!」
「お風呂に入ろう」「いらん!」
「もう寝る時間だよ」「起きてる!」…

何を言っても反抗、途方に暮れる日々が夏休みまで続きました。学校には付き添い通学で少しずつ慣れることにしましたが、ゼロ歳の妹の世話や家事もあり、日々を過ごすだけで精一杯です。

少し気力があれば学習のフォロー、また2年生からの特別支援学級入級への手続きをしなければ…と、くたくたで笑顔も出ない状態でした。そんなとき、9月に家族と訪れた病院の待合室でふと目についたのが、花風社の『自閉っ子、こういう風にできてます!』という本でした。

この本を見て、「もしかして、息子もこんなふうに世界を見てるのかも?」と思ったのを覚えています。
児童精神科の医師に聞いてもはっきりと答えてもらえなかった、「自閉症スペクトラム」の世界観に触れ、その謎が初めて少し解けたように感じたのでした。

私はそれから少しずつ、自閉症について気になることを、本で調べるようになりました。

1冊の本が、息子とのコミュニケーションを変えてくれた

夢中になって読んだ本の1つが、『伸ばそう!コミュニケーション力―不器用でも、体力なくても、友だちいなくても、今日からできるワクワクトレーニング』(花風社)です。

このを読んだとき、息子を観察してうっすら感じていた「言葉のやりとりも学習も、全て『身体が動くかどうか』がキモかもしれない」という思いを強くしました。中でも「ボールの投げ合いっこ」という遊びにピンときました。

私はさっそく息子と試すことに。「投げるでー、取ってや!」と声をかけて、投げてみました。すると、反抗的だった息子がこちらを向いて取ってくれたのです。

今度は「お母さんに向かって投げ返して。」と言うと投げ返してくれました。息子と向き合えている、考えるより先に体が動いてる、いいかも!と直感で思いました。だんだん慣れてきたら「今から100回、投げ合いっこしよう」と伝え、始まりと終わりをくっきりさせました。

狙いはコミュニケーション力で、ボール投げの上達ではありません。
「お母さんがつかみやすいように投げ返してね。」こちらも子どもの真正面に、とりやすい球を投げるようにしました。 

このように、「やりとりする経験」がただただ楽しくて、夢中で積み重ねられる。遊び×スポーツにこんな力があったのかと、目からうろこでした。

まずは「楽しさ」を大事に!ってことであんなモノもこんなモノも投げてみる

ボール投げで使うのは、ボールだけではありません。投げるものはその時々で決めます。百円ショップのボール、ビーチボール、タオル、赤ちゃん用のやわらかい布のボール、ムササビのぬいぐるみ、紙飛行機というときもあります。

いろいろ面白がって投げてるうちに、「次はこれ」と、息子自身が自分でボールを決められるようになってきました。
 
テレビを見るのをやめてほしいな、宿題をやってほしいなというときも、とりあえず投げてみる。まずは楽しく、注意をこちらに向ける。それから話をすると、少しこちらの話を聞いてくれるようです。
 
小3の現在、ペットボトルをバットに見立てて打ち返すことを思いつき、やってみるようになりました。うまくできなくてもパニックにならずに「次投げて!」と言えるようになった息子。

クラスメートとのチームプレーにはまだまだほど遠いですが、コミュニケーション力は伸びてきていると感じています。

コミュニケーション力がついてきたら、いろいろな力が伸びてきて…

九九の暗唱の宿題も、キャッチボールを組み合わせ、交互に言いながら投げ合いっこをする、というスタイルにアレンジ。これは大人も脳トレになります。
 
他のアプローチもいろいろ試したので、これだけのおかげとは言えませんが、だんだん本も読めるようになりました。おそらく眼球コントロールに慣れたのだと思います。

以前は読み飛ばしが多く、意味が理解できずイライラしていたのですが、正直ここまで成長するとは、想像できませんでした。
 
また、1度だけ怒りながら投げ合いっこしたこともあります。
その日はどうしても私の気持ちが収まらないことがありました。一緒に遊んで切り替えようと思ったものの、やはり言いたいことを言わずにはいられなかったのです。

私:「どんなに嫌なことがあっても、暴れれば『やらなくて済む』って思ったら、間違いだからね!」と思いっきり強いボールをなげます。

息子:「アタマではわかってるけど無理やねん」ボールが返ってきました。

私:「それでも自分で自分を止められるようにならなきゃ」とまたバシッ。

半泣きになりながら全力で投げ返す息子。ずいぶん強い球を受けられるようになったな、叱ってるのに褒めたくなった、不思議な時間でした。

身体を使ったコミュニケーションは、親子だけのものじゃない

キャッチボールを通じて、息子と少しずつコミュニケーションが図れるようになってきた私は、進級時に新しく担任になった先生にもこのことを伝えました。

「時間のあるときに、息子とボール遊びしてもらえませんか?言葉じゃなく身体で感じるほうが、ぐっと関係を結びやすいタイプです」と。

その後、ゴム縄くぐり、片足立ち、押し相撲など他の遊びも、思い立ったらすぐ、いろいろやるようになりました。遊ぶときは親も本気で競います。お互い運動音痴なので、笑えます。

できないこと、困ることはまだまだたくさんありますが、1つひとつ積み上げていけばなんとかなるかも。難しいボールが取れた時の息子の「どや顔」を見ていたら、そんな気がしてきます。
小3の息子、些細なことで友達を突き飛ばす…攻撃的な自分に息子本人も困っていたのタイトル画像
関連記事
小3の息子、些細なことで友達を突き飛ばす…攻撃的な自分に息子本人も困っていた
コミュニケーション能力ってなに?どうやって伸ばしていけば良い?のタイトル画像
関連記事
コミュニケーション能力ってなに?どうやって伸ばしていけば良い?
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

hiro_michi さんが書いた記事

教科書が読めなかった長男が変わった!大事なのは「学習前の土台作り」のタイトル画像

教科書が読めなかった長男が変わった!大事なのは「学習前の土台作り」

長男は小さな頃から読み聞かせしてもらうのが大好きで、私はすっかり本好きだと思い込んでいました。ところが小1になり、教科書が読めないことに気...
学習・運動
16801 view
2017/02/05 更新
おもちゃには興味ゼロ!発達障害の息子の「野菜好き」がハンパじゃないのタイトル画像

おもちゃには興味ゼロ!発達障害の息子の「野菜好き」がハンパじゃない

自閉症スペクトラムの特徴としてよく言われる「こだわり」。長男はたまたま「野菜」でした。悩んだ時期もありましたが、こだわりは活かせる、活かす...
学習・運動
15340 view
2017/01/14 更新
褒めると怒る自閉症の息子。理由は照れ隠しやあまのじゃくでなく…のタイトル画像

褒めると怒る自閉症の息子。理由は照れ隠しやあまのじゃくでなく…

長男は褒められるのが大嫌い。「小さなことでも望ましい行動ができたら褒める」というのが療育の基本なのに、なぜなのでしょう?成長と共に、だんだ...
進学・学校生活
42031 view
2016/12/27 更新
感覚が過敏な子にリラックスを!日常のストレスを和らげる体操をご紹介しますのタイトル画像

感覚が過敏な子にリラックスを!日常のストレスを和らげる体操をご紹介します

入学をきっかけに大混乱し、「発達障害」と診断された長男。それまで、長男にいったい何が起きているのかがわからず不安だった私ですが、毎日の観察...
発語・コミュニケーション
35682 view
2016/12/13 更新
学校嫌いな小3息子の「やりたい!」が聞けた!そのきっかけは…のタイトル画像

学校嫌いな小3息子の「やりたい!」が聞けた!そのきっかけは…

小2から特別支援学級の先生のサポートを受け、授業に参加できるようになった長男。小3になるとまた苦手意識が増えてきました。学校に付き添って観...
進学・学校生活
16318 view
2016/11/23 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。