難聴の原因や種類について、聴覚障害の等級や改善方法、周囲の人の関わり方や支援方法まとめ

ライター:発達障害のキホン

聴覚障害とは、音の情報を脳に送るまでの部位に障害があるために、音が聞こえない、または聞こえにくい状態です。1000人に1人は生まれつき聞こえに障害があるというデータが示すように、子どもの聴覚障害は珍しいことではありません。ここでは、子どもの聴覚障害の原因、種類や障害の等級の判定、改善方法や周りの人が気をつけておきたいことについてご紹介します。

目次

聴覚障害とは?

聴覚障害とは、音の情報を脳に送るための部位のいずれかに障害があるために、音が全く聞こえない、あるいは聞こえにくい状態のことです。全く音が聞こえない状態を全聾(ぜんろう)、音が聞こえにくい状態を難聴といいます。また、聴覚障害には、後天性のものと生まれつきの先天性のものがあります。

先天的に難聴のある子どもは、毎年1000人に1人の割合で生まれています。聞こえの障害は、生まれつきの障害の中で、もっともよく見られるもののひとつです。そのために新生児の段階で聴覚に問題がないかどうか調べるためのスクリーニング検査を受けることがすすめられています。

子どもの難聴が中軽度の場合には、重度の場合に比べてその発見が遅れる傾向にあります。というのも、中軽度の場合には、自分が難聴であると自覚することが難しく、日常生活の中で不自由が生じても、保護者に伝えることが稀であるためです。

耳から情報を適切に取り入れることができない聴覚障害の子どもは、コミュニケーションや言語発達の面に遅れが生じる傾向にあります。そのために、聴覚に問題が見つかったときには、できるだけ早く治療を行うことが大切です。

聴覚障害のある子どもに対しては、聞こえを改善する訓練や治療、視覚的な手段を使ったコミュニケーションの方法を取り入れることにより言葉の獲得を目指します。
耳鼻科疾患分野 先天性難聴|難病情報センター
https://www.nanbyou.or.jp/entry/2289

聴覚障害の原因

遺伝的な要因

父親と母親の遺伝子の組み合わせや、遺伝子の突然変異などにより引き起こされる難聴です。遺伝的な要因の場合には、外耳やその他の器官の奇形など難聴以外の障害が同時に出現することがあります。

遺伝以外の要因

遺伝以外の要因には、妊娠中にかかった以下の疾患があげられます。
● 風疹
● サイトメガロウイルス感染
● トキソプラズマ
● ヘルペス感染
● 梅毒
そのほか、
● 早産(妊娠37週未満での出産)
● 出生後の頭部外傷や、幼小児期の感染症(髄膜炎、麻疹、水痘)
● ある種類の薬(ストレプトマイシンという抗生物質など)
が難聴の原因となることもあります。また、耳の感染(中耳炎)によっても一時的に難聴となることがあります。耳の感染を繰り返していて、きちんと治療されていないような場合、難聴となってしまう可能性があるので注意して下さい。
出典:http://www.ntmc.go.jp/ntmc2/nancho/syoni/syoni_main.htm#No2
ここで紹介したものは、聴覚障害全体の原因の約6割であり、その他の原因についてはまだ調査が行われている途中です。
幼少児難聴とは?|独立行政法人国立病院機構 東京医療センター
http://www.ntmc.go.jp/ntmc2/nancho/syoni/syoni_main.htm

聴覚障害のタイプ

聴覚障害は、聞こえを阻害する部位によってタイプが異なり、伝音性難聴、感音性難聴、混合性難聴という3つの種類があります。タイプごとに治りやすさや治療、改善の方法も変わってきます。

伝音(でんおん)性難聴

外耳から中耳の間で、異物などが音の通り道をさえぎることで起こるのが伝音性難聴です。具体的な原因は、以下のような場合です。

・腫瘍や耳垢などにより外耳道が塞がっている
・鼓膜に傷がついている
・中耳に水が溜まっている
・中耳が菌などに感染し、膿(うみ)が溜まっている

これらが原因の難聴は一時的なものであり、ほとんどの場合は薬を飲んだり、溜まった水や膿(うみ)を抜く治療を行うと、聞こえは改善されます。

感音性(かんおんせい)難聴

感音性難聴とは、耳の奥の内耳と呼ばれる部位に障害がある状態を指します。遺伝的な要因や、妊娠中の感染が原因のときには、このタイプの難聴が起こることが多いです。

音を感知する部分、その音を信号に変換する部分に障害が起こっているために、治療や手術によって聞こえを改善することができないことがあります。そのような場合には、補聴器や人工内耳の装着により、聞こえを補うことが必要です。

混合性難聴

上記のふたつの難聴が同時に引き起こされる場合が混合性難聴です。
次ページ「聴覚障害はどうやってわかるの?診断は?」


バナー画像


同じキーワードでコラムを探す

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。