不登校のまま中学を卒業した後はどうする?中2の娘と考えてみた

不登校のまま中学を卒業した後はどうする?中2の娘と考えてみたのタイトル画像

娘は小2から不登校で中2の現在まで、ほぼ学校に行ったことがありません。不登校以来、勉強を全くしてこなかった彼女ですが、高校進学を希望しています。そんな娘と、進路について考えてみました。

0ca9277f91e40054767f69afeb0426711ca0fddd s
71665 View

小2から不登校の娘は現在中学2年生。漠然とした将来への不安に、つい出た言葉は…

アスペルガー症候群の診断を受けている娘は小2から不登校になり、全く勉強しないまま中学2年生になりました。
勉強することを頑なに拒否し、パソコンとゲームにのめり込む日々。

それでも、何も考えていない訳ではなかったようで、小5の頃でしょうか…ある日、こんなことを呟いたのです。

娘「私はブラック企業しか行くところがない…」それを聞いた私は答えました。

私「高卒資格がないと就職は厳しいのが現実だよ」

娘「働いてお金を稼げるようになりたいよ」

私「ママの経験から、コンビニでバイトするのにも小学校卒業くらいの学力は必要だと思う。学校には行かなくても、高卒資格を取るにはいろいろな道があるから大丈夫よ」
娘なりに、漠然とした将来への不安を感じていたようでした。

その後中2になった娘は、「そろそろ勉強しようと思う」と言い出し、日記を書いたり九九を覚えたり、電子書籍として学習できる「デイジー教科書」を読んだりと、本当に勉強をし始めたのでした。

そして、「高校へ行きたい。私は通信制高校で、あまり通わなくていいところに行きたい」と、現実的な希望を描き始めたのです。

娘の変化に応えるように、紹介してもらった通信制高校。見学に行くと…

そんな娘の様子を、中学の支援コーディネーターの先生に話したところ、「小学校からずっと不登校だった生徒が通っている学校があるんです。見学に行ってみませんか?」と誘われました。

そして地元にある小さな塾のような学校に、担任の先生と見に行くことになったのです。

そこはもともと本当に塾だったところで、今は通信制高校の技能連携校になっています。
技能連携校というのは、通信制高校の分校のようなところで、通信制高校と技能連携校の両方に入学することで、技能連携校の方で卒業に必要な出席日数、レポート提出、試験をすべて済ませることができるそうです。

私が見学したところはとてもアットホームな雰囲気で、小さな教室がいくつかあり、授業は昼から行われていました。制服もなく、生徒さんが好きなときに来て、自分のペースで学習している様子でした。
不登校だった生徒にも手厚く、1対1で小学校の勉強から教えてくれ、心配な必要出席日数も1年に6日なので安心したのを覚えています。

学園長に詳しくお話を伺うと、自身のお子さんも不登校だったそうです。

当時、手をあげて学校に無理に行かせようとしたらお子さんが家出し、探し回ったこと。父親である自分自身がいいお医者さんと出会い、それまでの考え方が180度変わったことなど、たくさんのエピソードを話して下さいました。

学園長の話を聞いて、「ああ、ここだったら娘も安心して学べるな…」と手応えを感じ、自宅へ戻りました。

通信制高校という新たな選択肢を前に、本音を話してくれた娘

家に帰って、娘が「どうだった?」と聞いてきたので、学校の様子と学園長の話を伝えました。
すると娘はこう言ったのです。

「そういうところだったら不登校の子も、毎日来ない子がいるのも最初からみんなわかってるやろ?だから『不登校』とか『あの子学校来ない』とかいろいろ言われなくて済むから良い。」

「小学校はみんな行かなきゃいけないから来てる。だから行かないといろいろ言われる。だけど、その学校なら目的がはっきりした人が来るから、自分のペースで自分のやりたいようにできるからいいと思った」

その言葉で、娘がどれだけ今まで傷ついてきたのかを思い知らされました。

そして、学校という場所の本質を突いた言葉に、感心させられたのでした。

親の会で知った、不登校児のさまざまな進路のかたち

娘の本音を聞いて、ふと親の会で聞いた話を思い出しました。

不登校の親の会では、すでに義務教育が終わった子の親御さんが多いのですが、そこで高校進学後の話を聞くと、様々な道があることを知りました。以下は一例です。

・親の希望で通信制高校に進学したけれど、スクーリングに通えずに休学中
・5年遅れて高校に入学し、現在は大学に通っている
・高校はやめたけれど、支援機関を通じて少しずつ働いている
・自分でさっさと高校を決め、海外の大学を卒業した…

通信制高校は、面接のみで入学できるところも多いので入学するのは簡単ですが、卒業するにはスクーリングができるかどうかがポイントだと感じました。

学校やスクーリング会場に登校して、先生から直接指導を受けることをスクーリングといいます。
通信制高校は「自学自習」が基本ですが、勉強する中でわからない部分が出てくることや、レポートをまとめようとしても、 どうしてもうまく書けないということもあるでしょう。
そこで、そういった課題をスクーリングで先生と一緒に解決していくのです。

出典:http://www.tsuushinsei-navi.com/tsuushinsei/schooling2.php

子どもの進路、親はつい口出ししたくなるけれど…

本当はまだ家で休んでいたいけれど、どこにも所属しないのは不安だし、親の期待にも応えたい…という風に、自分の意思ではなく家族や世間の負い目を感じて進学した場合、つまづいてしまうことが多いようです。

でも、自分の意志で立ち上がった子どもは、何年遅れても最後までやり遂げる傾向にあるようです。

娘には、何年かかってもいいから、本当に自分がやりたいと思ったことを自分の意志で選んでほしいと思っています。
中学を卒業したらすぐに高校に行かなくてはいけないわけではありません。

これまで、自分のペースで歩いてきたのだから、これからも自分に納得できるよう、生きていってほしいな…と願っています。
学習障害・不登校でもiPadで無料学習!「デイジー教科書」の多機能っぷりがスゴイのタイトル画像
関連記事
学習障害・不登校でもiPadで無料学習!「デイジー教科書」の多機能っぷりがスゴイ
「中学には行かない」娘の決意を伝えると、学校から思いもよらぬ言葉が…のタイトル画像
関連記事
「中学には行かない」娘の決意を伝えると、学校から思いもよらぬ言葉が…
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

himiko☆ さん
2016/12/09 06:17
私の娘も中学生から不登校になり、通信制の高校に入り色んな事を学びました。今は専門学校への進学を考えてます。娘はまだ診断を受けていません。日本でも色々な進路を選べるようになり良かったですよね^_^

カステラパン さん
2016/12/08 22:23
うちの子も中2で、不登校です。なんとか来年度から特別支援クラスに所属できそうですが将来を想像出来ないので学校は嫌としか…。卒業後支援高校に行けるといいなぁと思いますが、親は不安です。とても参考になるコラムでした。

Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

ヨーコ さんが書いた記事

毎日カップ麺や冷凍食品。悩みながらも手を打てなかった娘の偏食に今変化の兆しが表れて…!のタイトル画像

毎日カップ麺や冷凍食品。悩みながらも手を打てなかった娘の偏食に今変化の兆しが表れて…!

小2で不登校、小3から引きこもり・昼夜逆転生活を送るようになったアスペルガーの娘。もともと味覚がとても鋭くスーパーのお惣菜も受け付けないの...
身のまわりのこと
12818 view
2017/12/05 更新
フリースクールでの日々が、卒業の”不安”を進学の”希望”に変えた!娘の変化の理由はのタイトル画像

フリースクールでの日々が、卒業の”不安”を進学の”希望”に変えた!娘の変化の理由は

中3の娘が通い出した技能連携校のプレスクール的なフリースクールは、学習時間が20分と大変少ないのが特徴です。「ただでさえ勉強が遅れているの...
学習・運動
3038 view
2017/10/23 更新
ピンチはチャンス!洗濯ができず泣くアスペルガーの娘に、カバーする術を教えたい!のタイトル画像

ピンチはチャンス!洗濯ができず泣くアスペルガーの娘に、カバーする術を教えたい!

アスペルガー症候群の娘は中学生になって大きくお手伝いの幅が広がりました。掃除や皿洗いは何も問題はないのですが、洗濯では娘の特性が表出し、泣...
身のまわりのこと
15058 view
2017/09/15 更新
不登校8年生の娘が高校を選択!大切なのは早めに学校候補を知ること、そして…のタイトル画像

不登校8年生の娘が高校を選択!大切なのは早めに学校候補を知ること、そして…

不登校の娘は、中学に一度も顔を出さないまま3年生になりました。そんな娘ですが「高校へは行きたい」と言っています。とはいえ、コミュニケーショ...
進学・学校生活
8605 view
2017/09/01 更新
本能の赴くまま食事をしてきたアスペルガーでADHDの私が糖尿病で入院した話のタイトル画像

本能の赴くまま食事をしてきたアスペルガーでADHDの私が糖尿病で入院した話

私はアスペルガーと不注意優勢型ADHDがあります。子どものころから食べたいだけ食べ、いらないものはいらないと本能のおもむくまま食生活を送っ...
身のまわりのこと
17053 view
2017/08/11 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。