すぐ「疲れた!」と言いだす発達障害の兄妹…家に帰るとなぜ元気になるの?

すぐ「疲れた!」と言いだす発達障害の兄妹…家に帰るとなぜ元気になるの?のタイトル画像

我が家の凸凹兄妹はお出かけが大好き。どこかに行く時は、私と一緒に計画を立てます。でも、どんなに子どもが好きそうな場所に行ってもすぐに「疲れた。もう帰ろう」と言いだします。そのわりに家に帰ると急に元気に遊びだす子どもたち。不思議に思った私は、理由を聞いてみました。

Chieのアイコン
Chie
36633 View

お出かけ大好きな凸凹兄妹。いつも一緒に楽しく計画!

我が家の凸凹兄妹はおでかけが大好き。私も時間があるときには色々調べて外へ出かけることにしています。

自分の買い物に行きたいときも、途中に子どもたちが楽しめるようなスポットを用意したり、逆に子どもたちが行きたいところへ出かけるついでに、私が買い物に寄れる場所を調べたり…

子どもたちと一緒に、どこに行って何をするか相談して決めています。

場所だけでなく、電車の乗り継ぎも「乗り換えがあるけど早く着けるのと、ちょっと時間がかかっても乗り換えなしで行けるのとどっちがいい?」などと子どもたちに聞いてみます。

こうして、おでかけするときは、できるだけ子どもたちが楽しめるよう、余裕をもって計画しているのです。

いざ、お出かけ!でも数時間後、子どもたちの様子は…

こうして子どもたちと一緒に計画をして、さらにかなり余裕をもたせて休憩することなども考慮しているのですが、

当の子どもたちは、自分の中の1番の興味が満たされてしまうと「疲れたからもう帰ろう」と言いだします。

私の心の中は

「あれだけ相談もしたし、休憩も入れたのに何で?!」
「せっかく出てきたんだから、もっとあちこち寄れば良いのに…」
「入場料もったいない…」

という不満のオンパレード!(笑)
なので、「本当にもういいの?!」「ここはなかなか来られないよ?!」「あっちの方まだ見てないよ?!」

と子どもたちにしつこく確認してみるのですが、子どもたちの「疲れたからもう帰ろう」が覆ることはありません。結局、不完全燃焼な気持ちを抱えながら、私1人後ろ髪を引かれつつ帰宅します。

しょうがなく帰宅してみると…あれ?「疲れた」って言ってなかった!?

しかし、いざ帰宅してみると…

帰宅後の子どもたちは
「え?!疲れたって言ってたのはどちらさまでしたっけ?!」というほど元気なのです。

そんな姿を目にして「なんだよ、まだ帰らなくてもよかったじゃないか!!」という気持ちに何度もなっていた私。

そこであるとき、子どもたちに

「疲れたから帰るって言ったから帰ってきたのに、なんでそんなに元気なの?」
と聞いてみました。

理由を聞いて納得。そういうことだったんだ!

すると返ってきたのは、私の予想外の答えでした。

「家に帰ってくるとホッとして、元気が出てくるんだよ。」

なるほど~!
外だとたくさんの刺激にさらされるから、「疲れて帰ろう」となるわけなのか。

私は妙に納得しました。
そして、帰宅して元気になった子どもたちの横で私はというと…

疲れ果てて何もできず、ソファーに横になっているのでした(笑)。

「せっかく来たんだから…」という気持ちや状況にとらわれず「帰ろう」と言えていた子どもたちに対しての、自分の情けない姿に唖然としました(笑)。

私よりも子どもたちのほうが、自分の気持ちや状態をきちんと理解してコントロールできていることに気づいて、

「ああ、子どもたちに偉そうなことなんて言えないな…」

なんて思った出来事でした。
旅先での「もう帰る!」は子どものSOS。事前に出来る工夫とはのタイトル画像

関連記事

旅先での「もう帰る!」は子どものSOS。事前に出来る工夫とは

発達障害の子ども達との海外旅行、必要な事前準備やトラブルは?のタイトル画像

関連記事

発達障害の子ども達との海外旅行、必要な事前準備やトラブルは?

KOKUYO しゅくだいやる気ペン
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。