下級生に飛び降りを強要した少女、親の責任はどこまで問える?特性理解と早期支援が大切な理由

下級生に飛び降りを強要した少女、親の責任はどこまで問える?特性理解と早期支援が大切な理由のタイトル画像

2013年に起きた、当時小学4年生の女の子が小学2年生の女の子に飛び降りを強制した事件。判決では、子どもの特性に気づかず十分な対応を取らなかったと、両親の監督責任が問われ1,025万円の賠償責任が命じられましたが、私たちはこの事件をどう考えれば良いのでしょう。

A17554a0d2b15a664c0e73900184544f19e70227 s
39052 View

9階から飛び降りを強制した小学校の4年生の女の子、裁判で両親の監督責任はどう問われた?

こんにちは。『子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』著者の立石美津子です。

2013年、江東区のマンションで起きた事件です。

当時4年生だった女の子が、校門前で縄跳びを振り回していた当時2年生の女の子を注意。さらに説教しようと9階建ての自宅マンションの屋上に連れて行き「飛び降りないと殺すぞ。ここから落ちて死んでしまえ」と言いました。

それに従った2年生の女の子は飛び降り、木や水槽にぶつかりながら約26メートル下に転落、足や胸の骨を折るなどの全治11週間の重傷を負いました。

被害者の両親は4年生の女の子の両親に3千万円の損害賠償を求め、裁判長は両親に監督義務があったと認め、約1,025万円の支払いを命じました。

加害者の4年生の女の子は重度の難聴があり、両親は専門のクリニックに通って育て方の指導を受けていました。小野瀬厚裁判長は、このことについては「子育てに相当の努力を払った」と認めています。

しかし、女児が事件後にアスペルガー症候群との診断を受けたことを挙げ、「他者が思い通りに動かないと怒りを持つ女児の傾向に気づいておらず、対応は不十分だった」として賠償責任を負うと判断しました。

「育てにくい子の孤独な子育て」と事件によって追い込まれる親たち

こういう情報が流れると、正しい理解をしていない世間の人から、まるでアスペルガー症候群などの自閉症スペクトラムに代表される発達障害児を持つ親は「将来、そんな事件を起こす可能性がある子」という誤った偏見の目で見られてしまうことがあります。

この事件では、当時の報道記事などで明確に発達障害の診断名が書かれていましたが、今は「社会性の問題がありコミュニケーションが苦手と分かった」といった報道のされかたに変わってきています。

かつて、新聞やテレビのニュース報道で加害者の精神鑑定の結果を明確に出したことにより様々な誤解を生んだため、現在では報道機関が自主規制を行っているようです。

けれども、一度こうした衝撃的な事件が精神障害や発達障害の診断名と共に報道されてしまうと、診断名に対するネガティブなイメージが付着しやすく、誤解や偏見を払拭することは容易ではありません。

そのため、発達障害のある子どもの保護者は、ただでさえ育てにくい子の子育てで孤独に悩んでいるのに、さらに追い打ちをかけられ苦しむことになります。

ルールを忠実に守る子どもたちと、それだけでは通用しない社会の難しさ

アスペルガー症候群を含む自閉症スペクトラムの子どもたちは、他人の気持ちへの想像力や社会性に困難があると言われることが多いですが、一方で、決められたルールを真面目に忠実に守るという、場合によっては長所にもなり得る特性も持っています。

ですが、ルールを忠実に守ることにこだわるあまり、自分だけでなく他者にもルールを守ることを強く求めてしまったり、その場に応じた臨機応変な対応が出来ないために、対人トラブルにつながることも少なくないのです。

例えば、見知らぬ人であっても横断歩道を赤で渡っている人に「信号無視をしてはならない!」と注意してしまったり、携帯電話を電車内でしている人を許すことができず、声を荒げて怒ってしまうことがあります。これはルール上正しいことです。だから本人にとっては正論なのです。

でも、見知らぬ相手から叱られた人はたいてい嫌な思いをします。

また、学校生活の中でも正論ばかり振りかざしていると“付き合いの悪いヤツ”と言われ友達作ることもできずトラブルメーカーになることもあります。

白と黒だけでない曖昧なグレーな判断が世の中には存在すること、ルールは場合によっては柔軟に変更されたり、例外措置が取られることもあること。これが自閉症スペクトラムの子どもたちにとっては理解が難しいことなのです。

はじめは融通がきかない子どもでも、育て方で未来は変わる

ですが、たとえルールへのこだわりが強く融通が効かない子どもでも、適切な支援や教育によって、社会性を獲得していくことは可能です。

幼い頃に子どもの発達障害に気付いていれば、本人の特性を理解し、その上で「知らない人がルール違反をしていても声をあげて注意するものではない」と教えていくこともできます。友人であってもルール違反の罰則を厳しくする方が誤っていることも教えることもできます。専門機関でソーシャルスキルトレーニングを受けることもできます。

親も、ペアレントトレーニングなどを通して、子どもの特性に応じた関わり方を学んでいけば、「どうしてお前だけ皆とうまく付き合っていけないんだ!」と叱責するのではなく、「どうやったらいいのか」をアドバイスする姿勢で子育てができるようになります。

逆に、そうした機会が無ければ、子どもは年中、親や先生から叱られ、友達もできずに「自分は価値がない人間」と自暴自棄になり自己否定し、心の病を発症したり自傷したり、他害に走ることもあります。

この事件では両親は難聴の専門クリニックに相談はしていたようですが、発達障害だとは気が付いていなかったようです。「もう少し早く、子どもの特性に気が付く機会があったならば…」と、なんともやりきれない気持ちになります。

発達障害そのものが事件を起こすのではないということを、知ってほしい

二次障害という言葉があります。先天的に脳にあった一次的な発達障害に対して、鬱、家庭内暴力、自殺、他害(反社会的行動・犯罪)など、様々な要因によって二次的に発生した障害や問題を意味する言葉で、これらは後天的に起こります。本人にとって不適切な環境にさらされたことに対するストレス反応としての側面が大きいと思います。

発達障害そのものが事件を引き起こすのではなく、本人や周囲がその特性を理解せずに適切な関わり方や環境づくりをできなかったために、二次障害が発生し、冒頭に挙げたような悲しい事件が起こる場合があります。

これは、健常児だって生まれたときは天使のような可愛い赤ちゃんでも、育ち方によっては将来犯罪を犯すこともあるのと同じです。そこを理解してもらいたいと思いますが、なかなか一面的にしかクローズアップされないので誤解を招いてしまいます。

この事件では親に賠償責任を求める判決が下されました。親の責任はどこまで問えるのか、なんとも考えさせられる事件でした。

この記事を書いた人の著書

立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方
立石美津子(著),市川宏伸(監修)
「障害者の感動ポルノ」を巡る議論で、私たちが見落としていることのタイトル画像
関連記事
「障害者の感動ポルノ」を巡る議論で、私たちが見落としていること
自閉症の子どもの接し方は?子育ての困難と対処法まとめのタイトル画像
関連記事
自閉症の子どもの接し方は?子育ての困難と対処法まとめ
ペアレントトレーニングとは?種類と効果、受けられる場所と費用まとめのタイトル画像
関連記事
ペアレントトレーニングとは?種類と効果、受けられる場所と費用まとめ
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

眠兎 さん
2017/01/16 12:34
いろいろ考えさせられます。
小2の長男が診断されたのは、小2になってからです。学校でも癇癪、他害、物に当たる、といったことがあります。
療育を受けた方がいい、と思い、保健センターなど何ヶ所か聞いたけど、療育は未就学児、と言われました。今現在は、病院で聞いたり本を読んだりして、担任の先生(普通級)と相談しながら対応してます。
今、長男が怪我とかさせたら、と思うと、怖いです。
気付いて療育をしてたから、といっても、怪我をさせられた側からしたら、そんなことは関係ないんじゃないか、とも思います。
かといって、ずっと付き添うわけにもいかないです。
本当に、どうしようと、悩みます。



さん
2017/01/16 04:35
事件について 色んな意味で、怖いなと感じました。
私が言った、してはいけないこと。
例えば、柵を越えて 入ってはいけないところに入る。しているのを見ると、大声で
いけない!あの人達、いけないことしてる!
いけないこと。確かにそう。でも、私が いない時に 同じように叫んだら、と、ヒヤッとしたり、そういう時は、どうしたらいいか、を説明 理解させることの難しさを感じました。

発達障害ということさえ、頭にない時に指摘された問題行動。
まだまだ勉強中。
息子が生きやすいようサポートしてあげたい。

Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

自閉症スペクトラム障害とは対人コミュニケーションに困難さがあり、限定された行動、興味、反復行動がある障害です。自閉症やアスペルガー症候群な...
発達障害のこと
966689 view
2016/09/29 更新
カナー症候群(カナー型自閉症)とは?アスペルガーとの違い、症状、年齢別の特徴、子育て・療育法を紹介!のタイトル画像

カナー症候群(カナー型自閉症)とは?アスペルガーとの違い、症状、年齢別の特徴、子育て・療育法を紹介!

「カナー症候群」とは知能や言葉の発達の遅れ(知的障害)を伴う自閉症の通称です。現在の医学的な診断名としては「自閉症スペクトラム」と呼ばれる...
発達障害のこと
56808 view
2017/06/21 更新
素行障害(CD)とは?症状や原因、ADHDとの関わり、周囲の対応法などを詳しく解説しますのタイトル画像

素行障害(CD)とは?症状や原因、ADHDとの関わり、周囲の対応法などを詳しく解説します

素行障害とは社会で決められたルールを守らず、反社会的な行動を起こし続けてしまう疾患です。素行症や行為障害と呼ばれることもあります。ADHD...
身のまわりのこと
42689 view
2016/12/27 更新
自閉症の子どもの接し方は?子育ての困難と対処法まとめのタイトル画像

自閉症の子どもの接し方は?子育ての困難と対処法まとめ

自閉症の子どもにはどう接するべきでしょうか?こだわりが多い、コミュニケーションが苦手など様々な特性のある子どもの子育てにおいて不安に感じる...
自分と家族のこと
142516 view
2016/12/11 更新
発達障害児への「投薬」どう決断する?イライラに苦しむ娘をみて考えたことのタイトル画像

発達障害児への「投薬」どう決断する?イライラに苦しむ娘をみて考えたこと

発達検査、療育、障害告知、進路、就労などなど、障害を持つ子どもの親は「選択」と「決断」の連続です。その中でも多くの方が1度は直面するのが「...
発達障害のこと
49485 view
2017/01/15 更新

この記事を書いた人

立石美津子 さんが書いた記事

青年期を迎えた自閉症の息子。生きる力をつけるための“小さなハードル”をのタイトル画像

青年期を迎えた自閉症の息子。生きる力をつけるための“小さなハードル”を

障害のある子どもを育てる人の中には「少しでも自分でできることを増やさないと」「将来の自立のために、あれもこれもできるようにさせないと」と考...
自分と家族のこと
517 view
2017/11/20 更新
親なきあとのこと、考えていますか? わが子が支援の目からこぼれ落ちないためにできること のタイトル画像

親なきあとのこと、考えていますか? わが子が支援の目からこぼれ落ちないためにできること

子どもはやがて大人になります。そして多くの場合、親が先に亡くなるでしょう。親なきあとに残された障害のある子が、支援の網の目からこぼれ落ちる...
将来のこと
6116 view
2017/10/24 更新
私が自閉症の息子を冠婚葬祭に出席させたいと願う理由。初めての結婚式を経験して…のタイトル画像

私が自閉症の息子を冠婚葬祭に出席させたいと願う理由。初めての結婚式を経験して…

友達の結婚式に親子で呼ばれたときや、親族のお葬式に行かなくてはならないとき。 障害のあるわが子を参列させるかどうか、他人への迷惑を考えてた...
自分と家族のこと
8478 view
2017/10/01 更新
脳は「走るな!騒ぐな!」を理解しずらい!声掛けのコツは「トイレの貼り紙」にあった!のタイトル画像

脳は「走るな!騒ぐな!」を理解しずらい!声掛けのコツは「トイレの貼り紙」にあった!

「子どもには否定形を使わないで、肯定形でしつけましょう」とよく言われます。それは“否定形で言われたら“不愉快になる”“反発したくなる”だけ...
身のまわりのこと
21482 view
2017/08/20 更新
「みんなと同じになってほしい」親の都合で子どもの幸せを考えていませんか?のタイトル画像

「みんなと同じになってほしい」親の都合で子どもの幸せを考えていませんか?

親となったとき誰しも願うこと。それは「この子が幸せな人生を歩んでいきますように」ということではないでしょうか。 ところが、無意識のうちに...
自分と家族のこと
13946 view
2017/07/28 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。