中2の娘が語った「働きたくない」きもち。不登校児が見つめる将来とは

中2の娘が語った「働きたくない」きもち。不登校児が見つめる将来とはのタイトル画像

学校に行けなくなった小3頃から、娘は「お仕事したい」と言っていました。しかし成長するにつれ、仕事に対する不安を口にするように。中2の現在は「働きたくない」と言っています。娘の心の中で何が起こったのでしょうか?

0ca9277f91e40054767f69afeb0426711ca0fddd s
35238 View

不登校のまま中学生になった娘は、この先将来どうなるのだろう…

娘が全く学校に行かなくなったのは小学校3年生の9月からです。

家では勉強を一切せず、パソコンとゲーム三昧の日々。長い間、鉛筆を握ることすら嫌がり、2ケタの計算やお金の概念もよくわかっていない、字はひらがなもおぼつかない…という状態が小学校時代は続きました。

お金の概念は、お小遣いのやり取りや、ネットショッピングの代金引き換えを娘に払ってもらうことで、中学生になる頃には次第についてきました。

その後、中2になって支援を受けられるようになり、日記を書くこと、九九を覚えることを始め、字もしっかりして進歩は見られるようになりました。

だけど言語能力は高いものの、書くこと、計算することが極端に苦手な娘を見ていると、「この状態で本当に高校に進学できるのだろうか?」「進学したとしても仕事をすることができるのだろうか?」と正直不安でした。

娘は、「高校へ行きたい」「できれば大学へも行きたい」「あまり無理しない程度に働きたい」と言っています。

ただ、それは私を気遣って言っているのか、本心から望んでいるかはよくわからないな…と感じるのです。

本当のところ、娘は将来についてどう思っているの?

パソコンを持っていた娘は、パソコンで様々なニュースを見ていました。そして小6くらいから「働くこと」について、ネットでいろいろな情報を得るようになりました。

そして不安から、こんなことをふとつぶやくようになりました。

「コンビニの店長が借金苦に自殺したって。コンビニってブラックやんなぁ。バイトしようと思ってもブラックなとこばっかりやなぁ。

でも私も考えてるんやで。高校入学の時までには計算できるように勉強しようと思ってるねん。バイトするには計算できなあかんもんな。

プログラマーだけにはなりたくないけど、私にはこんな仕事しか無理かもしれない。」
ブラック企業のことを知って、「学校に行っていない自分にはブラック企業しか行くところがない」と言っていたこともあります。
そして今年、中2になって働いている人と話す機会を持つようになった娘は、ますます「働く」ということについて、自分の考えをしっかり持ちながら考察するようになっていきました。

先日のことです。

娘「来年、中3になるの?嫌やなぁ。もう1回中学生やりたいな。」

私「え、6年間中学生やりたいわけ?」

娘「そう。だって働きたくないねん。」

私「小学校のときは働きたいって言っていたのにね」

娘「何も知らなかったあの頃と、ブラック企業のことや、『どうやら自分はこの社会で楽しく働けそうにない』ってわかってしまった今と一緒にせんといて」

この頃は、「自分には9時5時という働き方ができるとは思えない」「もっと短い時間で働きたい」と自分を分析したうえで、仕事のことを考えていた娘。「働きたくない」と言うのも無理はないなぁと思いました。

振り返ってみて、娘はとても現実を正確にとらえているな、と感じました。そして、今の社会の生きにくさをしっかりと感じ取っています。それは思考停止状態でとりあえず前へ進むよりも、辛いけれど素晴らしいことだと私は思っています。

母娘2人きりの家庭。不安を抱く娘を前に、親としてできることとは

娘が働くことやブラック企業のことを意識し始めてからは、「勉強はいくつになってからも挽回できる」、「いったん就職したからすべてが決まるわけじゃない。ダメだと思ったら何度でもやり直せばいい」と伝えていました。

ただ、不登校の娘は、母である私の姿から社会を見ているところがあります。

私はアスペルガー症候群の診断を受け、それは娘にも伝えています。

どの職場でもイジメに遭い、だんだんと追い込まれてうつ状態になった末に退職する私の姿を、娘は側で見ているのです。

それでは働くことに希望を持つことも難しいでしょう。だけど、発達障害者にとっての現実を見るのも大切なことだと思っています。
社会が変わらない限り、同じような困難が待っているのは本当なのですから。

そのかわり、失敗して終わりではなく、障害者職業センターに行って学んだことを娘に話したり、障害者雇用について「普通の働き方が辛い人には、こんな働き方があるよ」とさりげなく伝えています。

娘自身にも障害があることはまだ本人に告知していませんが、同じ障害を持つ娘が抵抗なくそういう生き方もあると肯定的にとらえられるように気を配っています。

不登校の子どもに親として与えるなら、不安ではなく安心を

私の娘にはアスペルガー症候群の診断がおりていて、小2から不登校になりました。同じような境遇の親御さんもおられることでしょう。

「この子はこのままで大丈夫だろうか?」と思う気持ちは痛いほどわかるつもりです。でも、その不安を直接お子さんにぶつけるのはやめてあげて欲しいのです。

なぜなら、不登校の子どもも「このままで将来どうなるんだろう」「自分が生きている意味はあるんだろうか」と真剣に悩んでいるからです。そして、その答えを親に求めてくることがよくあります。

そんなとき、「だから学校に行かなければならないよ」「もっと勉強しなさい」「世間は甘くないんだよ」とつい言いたくなるのが親心ですが、そうした「やらなくてはならないこと」は子ども自身が一番よくわかっているのです。それができずに悩んでいるのです。

ですから、そうした言葉は親からは決して聞きたくないと思うのです。ただただ、子どもの言葉に耳を傾け「あなたはそう思うんだね」としっかりと受け止めてあげて欲しいと思います。私も娘のつぶやきにはただ「そうか…。」と話を聞くだけに留めるようにしています。

親としては焦りや不安もあると思いますが、子どもたちの不安をまずは払拭してあげたいものです。できるだけのことはしてあげて、口は出さない。それが自立への早道になると私は考えています。
不登校のまま中学を卒業した後はどうする?中2の娘と考えてみたのタイトル画像
関連記事
不登校のまま中学を卒業した後はどうする?中2の娘と考えてみた
不登校のまま中学へ進学する娘。そのとき、親はどうあるべきかのタイトル画像
関連記事
不登校のまま中学へ進学する娘。そのとき、親はどうあるべきか
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

退会済み さん
2017/01/14 01:06
どんな職業にもたいへんなところや、うわべではわからないきついところや、腕の良しあしには、努力もあり、元々の能力もあり、、結果収入にも差がでてあたりまえで、
けれども、なにかと、職能や付き合いや、なにかと、、劣っているひと、も、それなりに所帯を持ってなんとなく生活していた、、
となんかもう、昔話みたいだけど、そうだった、と思います。
今の世の中でどうやったら、みんなそこそこ幸せにいきられるんだろう、と考え込んでしまいます。

退会済み さん
2017/01/14 00:54
私は超アナログ人間でアナログな手仕事をしてきました。スマホもタブレットも、このナビでさえ使えこなせないので、プログラマーという仕事ができる人々はひたすら尊敬です。こんな仕事、は、こういう風な分野の仕事しか私にはむいてない、という意味もあるのでしょうし、私自身、自分はこんなことしか出来ない、けど、あんまり誰にでもできないよね?と思いながら働いてました。
若い人たちが、こんな仕事、と悪い意味でいう場合は、仕事が蔑まれるのではなく、、本当は、その仕事で食べていくことさえできない、人間としての幸福感まで奪いかねない職場、社会のほうが残酷で、こんな!と言われるものなんだと思います。

Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

「スクールカウンセラー」は悩める親子の強い味方!専門家・池田行伸教授に聞く、上手な活用術とは?のタイトル画像

「スクールカウンセラー」は悩める親子の強い味方!専門家・池田行伸教授に聞く、上手な活用術とは?

就学期のお子さんを育てている、悩める保護者のみなさん!「スクールカウンセラー」って、どんなイメージがありますか? 「まとまった相談ごとが...
進学・学校生活
7389 view
2017/11/06 更新
「不登校になったら終わり」ですか?かつては我が子を追い詰めた私の答えのタイトル画像

「不登校になったら終わり」ですか?かつては我が子を追い詰めた私の答え

娘は小学校2年生から不登校になり、3年生から中学校3年生の現在まで1日も学校に通ったことがありません。不登校になりたての子どもを持つ親御さ...
進学・学校生活
37950 view
2017/06/23 更新
不登校のまま中学を卒業した後はどうする?中2の娘と考えてみたのタイトル画像

不登校のまま中学を卒業した後はどうする?中2の娘と考えてみた

娘は小2から不登校で中2の現在まで、ほぼ学校に行ったことがありません。不登校以来、勉強を全くしてこなかった彼女ですが、高校進学を希望してい...
学習・運動
68738 view
2016/12/02 更新
「発達障害」と呼ばないで。学校に馴染めず苦しむ子どもたちに眠る”スペシャルタレント”を育もうのタイトル画像

「発達障害」と呼ばないで。学校に馴染めず苦しむ子どもたちに眠る”スペシャルタレント”を育もう

かつて東京都内の中学校で、心障学級・通級情緒障害児学級などを受け持っていた森薫(もりかおる)先生。2012年には学びリンク総合研究所所長に...
発達障害のこと
48894 view
2017/01/26 更新
友達ってどうやって作ればいいの?アスペルガーな私の学生時代のタイトル画像

友達ってどうやって作ればいいの?アスペルガーな私の学生時代

私は娘の診断が出た後、42歳のときにアスペルガー症候群と診断を受けました。 思えば幼稚園の頃から友達付き合いが苦手でした。自分の気持ちを言...
発語・コミュニケーション
38233 view
2016/11/18 更新

この記事を書いた人

ヨーコ さんが書いた記事

フリースクールでの日々が、卒業の”不安”を進学の”希望”に変えた!娘の変化の理由はのタイトル画像

フリースクールでの日々が、卒業の”不安”を進学の”希望”に変えた!娘の変化の理由は

中3の娘が通い出した技能連携校のプレスクール的なフリースクールは、学習時間が20分と大変少ないのが特徴です。「ただでさえ勉強が遅れているの...
学習・運動
2605 view
2017/10/23 更新
ピンチはチャンス!洗濯ができず泣くアスペルガーの娘に、カバーする術を教えたい!のタイトル画像

ピンチはチャンス!洗濯ができず泣くアスペルガーの娘に、カバーする術を教えたい!

アスペルガー症候群の娘は中学生になって大きくお手伝いの幅が広がりました。掃除や皿洗いは何も問題はないのですが、洗濯では娘の特性が表出し、泣...
身のまわりのこと
14838 view
2017/09/15 更新
不登校8年生の娘が高校を選択!大切なのは早めに学校候補を知ること、そして…のタイトル画像

不登校8年生の娘が高校を選択!大切なのは早めに学校候補を知ること、そして…

不登校の娘は、中学に一度も顔を出さないまま3年生になりました。そんな娘ですが「高校へは行きたい」と言っています。とはいえ、コミュニケーショ...
進学・学校生活
7857 view
2017/09/01 更新
本能の赴くまま食事をしてきたアスペルガーでADHDの私が糖尿病で入院した話のタイトル画像

本能の赴くまま食事をしてきたアスペルガーでADHDの私が糖尿病で入院した話

私はアスペルガーと不注意優勢型ADHDがあります。子どものころから食べたいだけ食べ、いらないものはいらないと本能のおもむくまま食生活を送っ...
身のまわりのこと
16476 view
2017/08/11 更新
「不登校になったら終わり」ですか?かつては我が子を追い詰めた私の答えのタイトル画像

「不登校になったら終わり」ですか?かつては我が子を追い詰めた私の答え

娘は小学校2年生から不登校になり、3年生から中学校3年生の現在まで1日も学校に通ったことがありません。不登校になりたての子どもを持つ親御さ...
進学・学校生活
37948 view
2017/06/23 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。