勉強の遅れって取り戻せるの?不登校児の学習支援で大事なこと

勉強の遅れって取り戻せるの?不登校児の学習支援で大事なことのタイトル画像

学校に通わず自宅で学ぶホームスクールを選択した娘。不登校などで学校に行かなくなった場合、お勉強はどうしているの?という疑問をお持ちの方も多いと思います。今回はわが家流の「学校の勉強を家で行う」方法をご紹介します。

E66d35a623d670f416f6080f849b834be5e04d17 s
20860 View

不登校にまつわるさまざまな不安、どう取り除く?

何らかの事情で学校に通えなくなった場合、様々な不安がお子さんにも保護者にも湧き上がってくることと思います。

・学校に通わずに社会性は身につくのか
・学校に通わずに友だちはできるのか
・学校に通わずに勉強はどうなるのか
・学校に通わずに将来はどうなるのか

わが家の場合は子どもたちの不登校を前向きに捉え、「学校という環境が合っていないなら家で学べば良い」というスタンスで過ごしていますが、そんな私にも不安はあります。

そこで、1つでも不安を取り除くことができれば、親も子も心に余裕ができるのではないかと考えてみました。すると、上記項目の中で解決できそうな項目が「学校に通わずに勉強はどうするのか」だったのです。

「学校のお友だちは、どんどん先に進んでいるんだろうな。私は勉強しなくていいのかな?」と娘が不安を口にした時から、なんとかこの不安を払しょくしてあげたいと思っていました。

「親子で勉強するとケンカになる」という話をよく耳にしていましたので、「国語と算数は教科書の内容を全てクリアできます」と説明のあった学研教室に通わせてみたりもしました。しかし、これでは他の教科がカバーできません。

理科実験教室なども探してみましたが、なかなか良い場所が見つからず悩んでいました。

先生から誘われた2学期のテスト。それは、友達と同じ範囲を勉強するチャンスだった

そんな折、学校の先生から「みんなと同じ2学期のテストを受けてみませんか?」というお話をいただきました。(娘は不登校ですが籍は学校に置いています)

娘と相談した結果、教科書を使って親子で勉強し、テストにチャレンジしてみることに。先生からテスト範囲を教えていただき、娘とともに教科書を開いてみました。

一瞬、「本当に教えられるのかな?」とひるみますが、私が不安に思うと娘にも伝わってしまいますので、一緒に勉強をし直すつもりでどっしりと構えていました。

初めに手をつけた算数は、小数点の計算や図形の問題、コンパスで円を描くなどの部分がテスト範囲に入っていました。娘はまだ小学3年生。落ち着いてゆっくりと向き合えば、まだついて行けそうな内容です。

「へ~!これはこういうことだって!知ってた?」と聞いてみると、案外簡単なことがわかっていなかったり、逆にそんなことを知っていたの?と驚くことも出てきたり、わが子の思いがけない一面を発見でき楽しくなってきました。

テストに向け、いざ勉強!使用教材と勉強手順は…

教科書をざっと確認した後で、テスト勉強に使えそうな問題集を書店で探すことにしました。学校へ通っていた頃には意識したことがありませんでしたが、いろいろな教材が並んでいるものですね。

その中でわが家が選んだのは、「教科書ワーク」と「教科書ぴったりテスト」というものです。

株式会社文理が、各教科書出版社の内容に準拠して作っているものなので、内容はもちろんぴったりと合っていますし、教科書の範囲に対応した目次がついていて、とても使いやすい問題集になっています。

地区によって使用している教科書の出版社は教科ごとに異なりますので、お手に取る際はお子さまの教科書をしっかりとご確認ください。試行錯誤の末、わが家ではこのような手順で勉強を進めることにしました。

① 問題集をいきなり解いて丸付けをし「わからない」部分を認識する
② ①で認識した「わからない」部分を意識しながら教科書を読む
③ 不正解だった問題に再度取り組む
④ テストに取り組み「わからない」部分への理解度を確認する

問題集は書き込む前に、あらかじめコピーを取っておくと、何度も挑戦できていいかもしれませんね。

子どもと勉強をするとき、私が肝に銘じていること

テストは児童の下校終了後に学校で受けさせてもらいました。結果はまだ返ってきていませんが、「学校の勉強についていけなくなる不安」を払しょくするために始めたことですので、「教科書でお友だちが習ったところは自分も勉強した」という満足感を得られたことで、目的は達成できたように思います。

今回、親子で勉強をする上で強く意識していたことがあります。
「理解が進まない場合、子どもに問題があるのではなく、伝える側に工夫の余地がある」ということです。

これは以前の子育てからの教訓です。我が家は娘のほかにADHDの息子がいます。息子は聞いて理解することが苦手だったのですが、そのことに気付かなかった私は、口頭で何度説明しても理解できなかった息子に呆れ果てていました。

その後、息子が「視覚優位(見て理解する力が優位)」だったことを知り、絵に描いて説明したとたん、できることがどんどん増えていきました。

このとき、「伝え方を工夫するだけで、理解できることもある」と知り、息子を責め続けていたことを反省したのです。

わが子を1番よく知っている立場だからこそ、できることがきっとある

誰かに何かを伝える時、自分が1番得意な方法で相手に伝えることが多いのではないかと思います。しかし、相手にとっては、それがベストな方法とは限らないのです。

「どうしてわからないの!」という言葉は絶対に子どもに言うまいと決めていました。

その代わり、子どもがつまずいた時には「この説明だったらどう?」「ちょっと違う方法で説明してみるね」と何通りかの方法で説明をしながら、子どもに合う方法を探っていくようにしました。

先生でもない私が勉強を教えることができるのだろうか?という不安から始まったお勉強タイム。
終わってみれば、共通の話題が増えたり、子どもが理解しやすい方法を見つけられたことで、生活の中にも活用できたりと、プラスの面が多かったように思います。

同じような不安をお持ちの方がいらっしゃいましたら、まずは1教科からでもお子さんと一緒に勉強に取り組んでみてはいかがでしょうか?

お子さんの特性をより深く知っている保護者の方だからこそ、もしかすると「世界でいちばんわかりやすい先生」になれるかもしれません。私もそれを目指して頑張ろうと思います!
「わたし学校やめるね」小3の娘の決断。そして、私たち親がすべきことのタイトル画像
関連記事
「わたし学校やめるね」小3の娘の決断。そして、私たち親がすべきこと
不登校の子は家で何をしているの?笑顔が絶えない娘の過ごし方のタイトル画像
関連記事
不登校の子は家で何をしているの?笑顔が絶えない娘の過ごし方
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

nabe7189B さん
2017/01/16 23:13
 お母さんよく頑張っておられるけれど、何年生まで続けられるのだろう。サラリーマン時代に障がい者を預かった経験があるのですが、できれば、小さいときにちゃんと教育していれば、もっと良いだろうと感じました。その当時会社では、暇で結構有能な課長さん(某旧帝大院卒)がいて、対象者の特徴をうまく引き出してくれました。普通は、こんなの無理ですけれど。 お母さんが、高校卒業までお子さんの勉強見られるなら良いですが・・・ それから、障がい者を教える先生が言うには、同年代の子供どうしが遊ぶことで学ぶことが結構あるんですよ。 と。 うん、なるほど、私には、経験ないので、言われるまで気が付かなかった。

mico さん
2017/01/16 20:09
続きです

そんな条件を踏まえつつ、登校できない罪悪感も学習の遅れもカバーし、ノートを取る苦痛がない、ゲーム感覚で楽しみながら取り組めそうだとの判断で、チャレンジタッチを導入しました。現在1ヶ月経ちましたが、大当たりでした。

今後も息子の動向を見守りつつ、皆様の工夫や体験談を参考にしつつ、自宅学習の可能性を考えながらも、登校しようと思える環境調整も学校側とはかりながらやっていこうと思いました。

Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

GreenDays さんが書いた記事

「どうしてママは意地悪言うの?」声をかけを嫌がる子ども。わが家で決めたルールとはのタイトル画像

「どうしてママは意地悪言うの?」声をかけを嫌がる子ども。わが家で決めたルールとは

毎日をスムーズに過ごすための声掛けなのに子どもから疎まれてしまう・・・。どこのご家庭でもよくある光景だとは思うのですが、なんとかこのいざこ...
身のまわりのこと
2660 view
2018/01/13 更新
他人のイライラで自分がツライ!感情に呑まれやすい私が心に鎧をまとって生きていくにはのタイトル画像

他人のイライラで自分がツライ!感情に呑まれやすい私が心に鎧をまとって生きていくには

他人が怒っているとき、泣いているとき。その負の感情が自分の心にダイレクトに侵入してきてしまうことはありませんか。私はそれが当たり前のことだ...
発達障害のこと
14724 view
2017/12/12 更新
7歳になっても続くおもらし。負のスパイラルに終止符を打ったのはある日のトイレの惨状だったのタイトル画像

7歳になっても続くおもらし。負のスパイラルに終止符を打ったのはある日のトイレの惨状だった

7歳の息子はいまだにトイレトレーニングの真っ最中。相次ぐおもらしに怒りを抑えられない日々…。そんなつらい毎日の中で、負のスパイラルを断ち切...
身のまわりのこと
12819 view
2017/11/26 更新
たびかさなる「どうすればいいの?」にイラっ!思考停止してしまう息子を変えた母特製マニュアルのタイトル画像

たびかさなる「どうすればいいの?」にイラっ!思考停止してしまう息子を変えた母特製マニュアル

発達障害のある息子は些細なことでパニック状態に…。私に向かって「どうすればいいの」を毎回たずねてきます。 「自分で考えて行動できる子に育っ...
発達障害のこと
29078 view
2017/11/12 更新
凸凹兄弟、ピアノ発表会に挑む!練習法の違いから見えた「生き方のヒント」とはのタイトル画像

凸凹兄弟、ピアノ発表会に挑む!練習法の違いから見えた「生き方のヒント」とは

自閉症スペクトラム&ADHDの診断がおりている娘と息子は、幼い頃からピアノを習っています。先日発表会が行われ、3ヶ月前から練習を重ねて挑ん...
発達障害のこと
10436 view
2017/10/22 更新
Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。