42歳でアスペルガー症候群。勇気を出して職場で障害を打ち明けたら…

ライター:ヨーコ

42歳でアスペルガー症候群と診断された私は、大学を卒業してからというもの、履歴書の職歴欄に書ききれないくらい転職を繰り返してきました。今から思えば発達障害の特性が理由なことも多かったのです。この話は今のところ最後の仕事となった、一般就労で入ったけれどカミングアウトすることになった職場でのお話です。

カミングアウトって必要?一般就労で障害者が働くということ

発達障害の診断を受けている方は、職場でカミングアウトしているのでしょうか?

一般就労で働く方の中には、周囲に黙っているケースも多いようです。
私も42歳までは自分が発達障害とは知らなかったので、一般就労で普通に働いていました。

いえ、普通とはいえませんね。
というのも、私は勤めては1年くらいで辞める、ということをずっと繰り返してきたのです。

いつも理由はわからないのですが、周囲の人にだんだん嫌われ、「仕事の覚えが悪い」「やる気あるの?」と責められ、心身ともに限界になってやめるというパターンを繰り返してきました。

これからご紹介するお話は、私が障害のカミングアウトに失敗し、結局退職に追い込まれた体験談です。

一人でも同じ思いをする人が減ることを祈りながら書きます。

障害を隠したまま仕事に就いた私。思わぬ展開で上司に障害を知られることに

私が当時働いていたのは、派遣会社に登録して応募したデータ登録の仕事です。ここは私が診断を受けてから、初めて職場でカミングアウトした勤務先です。

応募時には障害のことは一切伝えませんでした。
その後あっさりと採用された私は、出勤して間もなく指導係の上司に、納税関係の書類を書くよう指示を受けました。

その書類には障害者かどうか書く欄がありました。
「どうしよう…。」思い悩んだ私は上司に正直に伝えることにしたのです。

私「あの、私、障害者手帳を持ってるんですが」

上司「マジか。何の障害があるの?」

私が「アルペルガー症候群です。」

上司「何それ?」

私はアスペルガー症候群を知らなかった上司に、自分の障害の説明をすることに。
知られたときはどうなることかと思いましたが、脳性まひの妹さんがいるとのことで、私の障害にも理解を示してくれました。

黙って普通に働くつもりでしたが、こうして私の障害は管理職全員と仕事のチームリーダーに知られることとなったのです。

上司が教えてくれた私の個性。ショックだったけれど…

42歳でアスペルガー症候群。勇気を出して職場で障害を打ち明けたら…の画像
出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10161002329
その後、入社して2ケ月が経過した頃です。
障害者手帳のことを打ち明けていた指導係の上司は、そのまま私の上司になりました。

その日は上司との個人面談がありました。

私「この頃なんだかAさんに避けられているような気がするんですよね。いつもそうなんです。気がついたら嫌われているんです」

上司「君に言ったら傷つくかもしれないけど、はっきり言わせてもらうよ。君は動作が1つひとつ大げさで、『あっ!』『やってしもた』とか大きな声で独り言を言うよね。それが子どもっぽく見える。

そうした振る舞いは日本の社会では異質なものとみられる。日本人は小学生の頃から横へ倣えの精神を叩きこまれるでしょ。異質なもの、変わった人は嫌われてしまう。僕も最初は君のことを『変わった人だな』と思ったよ。

だけどアスペルガー症候群と聞いていたし、受け入れようという思いがあったからずいぶん違った。君のバックグランドを知らない人は、嫌ってしまうこともあると思う。知っているから受け入れられるという保証はないけれど、打ち明けてみるという選択肢もある。

ちなみにAさんは逆に、『ヨーコさんに避けられてるみたいなんです』って気にしてたよ。」と言われました。

これには正直ショックでしたが、「なぜか人に嫌われる」という長年の謎が解けたようでスッキリもしました。
次ページ「スタッフの誤解を解きたかった私は、困りごとを説明することに」


バナー画像


年齢別でコラムを探す


同じキーワードでコラムを探す



放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。