効果のある“おしゃれな”療育グッズが誰でも気軽に買える!tobiraco(トビラコ)って?

効果のある“おしゃれな”療育グッズが誰でも気軽に買える!tobiraco(トビラコ)って?のタイトル画像

遊びながらコミュニケーションを学べるカードゲームや、上手に服を畳めるよう練習するためのボードなど、おしゃれでかわいく、教育現場での効果が認められた療育グッズを開発・販売している通販サイト「tobiraco(トビラコ)」が2016年12月にオープンしました。発達ナビ編集部が、店主の平野さんにお話を伺いました。

D7c608760d4b029c0ed1aba240287af6fd78b61747b505912ca1bd15c5136f1e s
70004 View

夫婦ではじめたネット上の小さなお店

余白の美しい洗練されたウェブサイトと、そこで取り扱う家庭に溶け込むおしゃれなデザインの商品の数々。

いい意味で、これまでの「療育」のイメージとは一線を画すような療育グッズを取り扱う通販サイト「tobiraco(トビラコ)」が2016年12月にオープンしました。

元子育て雑誌の編集者だった平野佳代子さんが夫婦で立ち上げたサービスです。
効果のある“おしゃれな”療育グッズが誰でも気軽に買える!tobiraco(トビラコ)って?の画像
Upload By 発達ナビニュース
人の話を最後まで聴けない、自分だけしゃべり続ける、自分の気持ちをうまく表現できないといった課題のあるお子さんが、遊びながらコミュニケーションを学べる「きいて・はなして はなして・きいて トーキングゲーム」という商品や、手先が不器用で服が上手くたためないお子さんのための「たたみ方れんしゅうボード」など、生活の中で使える療育グッズを取り扱っています。
効果のある“おしゃれな”療育グッズが誰でも気軽に買える!tobiraco(トビラコ)って?の画像
Upload By 発達ナビニュース
効果のある“おしゃれな”療育グッズが誰でも気軽に買える!tobiraco(トビラコ)って?の画像
Upload By 発達ナビニュース
これらのアイテムは、発達に課題のある子どものために学校や塾、そして療育の先生が考案したものを、デザインを洗練して開発したもの。店主の平野さんが前職の子育て雑誌の編集時代に出会った教材たちを、もっと広く世に伝えていきたいという想いから生まれました。

これらの道具にはそれぞれにストーリーがあり、開発に至った過程や具体的な使用方法がサイト上で丁寧に説明されています。
効果のある“おしゃれな”療育グッズが誰でも気軽に買える!tobiraco(トビラコ)って?の画像
Upload By 発達ナビニュース
今回発達ナビ編集部は、2016年12月に産声をあげたばかりのトビラコを運営している平野さんにお話をお伺いしてきました。

トビラコ平野さんにインタビュー

―12月末にトビラコをオープンしたとのことですが、どういった反響がありましたか。

とあるブロガーさんがトビラコを見つけ紹介してくれたおかげで、結構な数の注文につながりました。大変有難いです。また知り合いや知り合いの知り合いの方々から、暖かいサイトだね、とか、居心地のよい部屋にいる感じがするサイトだね、などといったお言葉を頂いています。


―現在はどういった商品が特に売れていますか。

一番売れているのは「きいて・はなして はなして・きいて トーキングゲーム」ですね。その次に売れているのが『「すわりかた」と「もちかた」お手本マット』です。実際にサイトオープンをしてみて想定していた以上に注文があったのは「見る目をかえる 自分をはげます かえるカード(専用ウォールポケット付)」でした。

かえるカードは専用ウォールポケットにこだわって特注で作ったため、値段設定が高めなのですがよく売れています。 筑波大学附属大塚特別支援学校の安部先生と一緒に開発した自己肯定感をテーマにした商品なのですが、非常にニーズがあることが分かりました。
―商品開発はどのようにして行われているのですか。

旦那と2人で商品開発を行っています。さまざまな先生より原案は頂いており、ずっと付き合いがありトビラコのサイトデザインもお願いしたデザイナーさんに商品のデザインをお願いしています。

これまで私は教育雑誌の編集の仕事をしていたため、このような商品開発は初めてでした。パッケージ化から配送の段取り、実用新案の登録など、商品を考えてからお客様の元に届けるまでは意外と大変で、また編集の仕事とは全然違う脳の筋肉を使うため、やってから分かることも多かったです。

教育雑誌の編集をしていた頃からこのような商品化の構想はありました。実際に学校や現場で使用し、お子さんにとって効果があったという数々の素晴らしい教材と出会ってきましたが、どのアイテムもデザイン面はそこまで考慮されていませんでした。そこでトビラコでは、デザインやパッケージにこだわり、買う時や使う時にわくわくし、かわいい、おしゃれと感じられるような商品づくりを目指しています。
効果のある“おしゃれな”療育グッズが誰でも気軽に買える!tobiraco(トビラコ)って?の画像
Upload By 発達ナビニュース
―トビラコの商品販売の場をウェブサイトとしたことには何か理由がありますか。

ウェブでトビラコを始めようと思った理由のひとつに、読み物ページを充実させたいと思ったことがあります。以前編集に携わった雑誌で発達障害に関する増刊号を出した時に、たいへん大きな反響があったんですね。ああいった情報を提供出来るように、そして誰でも自由にアクセス出来るように、トビラコの店舗はウェブショップにしました。

現在は商品開発と販売に注力していますが、落ち着いたら記事ももっと充実させていきたいと思っています。

また商品の紹介に関しても、情報を充実させるようにしています。原案の先生たちも道具を作るに至るいろんな思いがあったり、実際に子供が使う現場を見て言いたいことがあったりするんですね。つくった人の思いを伝えていきたいと思っています。


―では今後どういった情報発信をしていきたいとお考えですか。

お母さんたちのかゆいところに手が届くような、そんな情報発信をしていきたいですね。不安を煽るのではなく、見通しが立ち安心出来るような情報を発信していきたいです。

専門家の先生がよくおっしゃるのは、「大変な時期はあるから悩めばいい、最終的にはなんとかなるから」ということなんですね。行政や先輩ママ、専門家の先生などのお話をもとに、具体的な情報を発信していくつもりです。


―トビラコというサービス名にはどういった意味が込められているのですか。

「扉を開ける子供」というイメージを込めています。音の響きがいいこともありますし、自分で扉を開けて新しい世界に行ける子になれるように、という願いを込めていますね。

―今後はどういった展開をしていく予定ですか。

商品に関しては、まだ点数が少ないので開発を進めていきたいです。今年もいくつか新商品の発売を企画しています。そして、今後は商品販売だけでなく、読み物ページの充実や、少人数で集まってあたたかい気持ちになれるような、そんなイベントの開催もしていきたいですね。

またトビラコの活動だけでなく、書籍の編集・構成も行っています。1月18日発売の書籍『使ってみたら「できる」が増えた 発達障害の子のためのすごい道具』では、筑波大学附属大塚特別支援学校の安部先生に本を書いて頂きました。

「できない」は道具を使うことで解決する、というコンセプトの元、支援グッズをカタログ形式で紹介しています。トビラコの商品や、またトビラコ以外の商品も多数掲載しています。

支援グッズに携わっていると、道具が役立ったことから逆に困り感の存在に気づかされることもあります。例えば龍角散の商品で「らくらく服薬ゼリー」という商品があるのですが、味覚過敏があってお薬を飲むのが苦手なお子さんはこの服薬ゼリーでお薬が飲みやすくなるんですね。そのお話を龍角散の方にしたところ、初めて聞いたとのことでした。

道具を知ってもらうことで、いろんな人に困り感に気付いてもらう、社会に対してアピールするチャンスになると思っています。

発達障害の子は見た目で分からない分、理解されづらい部分も大きく苦しんでいるかと思います。支援グッズを作り、多くの人に知ってもらうことで、その子たちの困り感を解消していきたい、そして理解を広げることに繋がっていけばいいなと考えています。

少しでも困り感が軽減されれば…店主平野さんの想い

いかがでしたでしょうか。ひとつひとつのアイテムにストーリーがあり、慈しむように愛されてうまれたトビラコの商品の数々。生活の中で使え家庭に溶け込むおしゃれなデザインの療育グッズの中から、お子さんの困り感を軽減しお気に入りになるものがあれば何よりです。その他サイトには先輩ママのコラムなども掲載されていますので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

この記事でインタビューした人が編集した本

効果のある“おしゃれな”療育グッズが誰でも気軽に買える!tobiraco(トビラコ)って?の画像
Upload By 発達ナビニュース
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

あきたん さん
2017/01/24 18:17
療育グッズに見えないのがいいと思います(^^♪

退会済み さん
2017/01/19 14:11
視点をかえる、とても良い発想✴

大人の視点も変えられそう☺✌

Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

発達ナビニュース さんが書いた記事

放課後等デイサービスの送迎加算が廃止へ?障害報酬改定で、厚生労働省方針のタイトル画像

放課後等デイサービスの送迎加算が廃止へ?障害報酬改定で、厚生労働省方針

厚生労働省は、2017年11月27日に行われた「障害福祉サービス等報酬改定検討チーム」で、放課後等デイサービスでの送迎加算について、見直し...
進学・学校生活
10338 view
2017/12/08 更新
発達障害・15歳のコーヒー屋、岩野響さんが見つけた「ぼくにしかできないこと」【12月21日書籍発売】のタイトル画像

発達障害・15歳のコーヒー屋、岩野響さんが見つけた「ぼくにしかできないこと」【12月21日書籍発売】

10歳でアスペルガー症候群と診断された岩野響さん。中学時代に不登校となり、高校進学しない道を選んだ彼が見つけた「ぼくにしかできないこと」と...
発達障害のこと
18425 view
2017/12/07 更新
日本ダウン症会議ーダウン症のある人と専門家が「どんな人も豊かに生きられる社会」を考えた会議をレポートのタイトル画像

日本ダウン症会議ーダウン症のある人と専門家が「どんな人も豊かに生きられる社会」を考えた会議をレポート

11月11・12日の2日間、東京の大正大学にて、第1回「日本ダウン症会議」が開催されました。会議にはのべ865人の参加がありました。 講...
発達障害のこと
4727 view
2017/12/01 更新
チケットプレゼント有!子ども連れOK「ちょこっとクラシック♪そらコンサート」で、初クラシック体験を!のタイトル画像

チケットプレゼント有!子ども連れOK「ちょこっとクラシック♪そらコンサート」で、初クラシック体験を!

11月25日(土)に、子ども連れで参加できる「ちょこっとクラシック♪そらコンサート」が開催されます。クラシックの定番曲はもちろん、ディズニ...
遊び・お出かけ
1693 view
2017/11/20 更新
「エビデンスにもとづく発達障害支援」って?11月26日 サイエンスアゴラ2017 公開シンポジウムのタイトル画像

「エビデンスにもとづく発達障害支援」って?11月26日 サイエンスアゴラ2017 公開シンポジウム

昨年も好評を博したサイエンスアゴラのシンポジウム、「うちの子、少し違うかも...II~エビデンスに基づく発達障害支援をみんなで考える~」が...
発達障害のこと
5110 view
2017/11/11 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。