ハイハイの時期はいつ?ハイハイしないで立つのは問題あり?ハイハイの練習方法や相談先を紹介します。

2017/01/31 更新
ハイハイの時期はいつ?ハイハイしないで立つのは問題あり?ハイハイの練習方法や相談先を紹介します。のタイトル画像

ハイハイは赤ちゃんらしさの代名詞でもあるくらいおなじみの動作ですよね。ハイハイしない、前に進まない、立つほうが先だったなど、周囲と比べて不安になってしまうのは親心。そこで、ハイハイが赤ちゃんにとってどんな意味をもつのか、親ができることは何かを改めて調べてみました。以下では、一般的な発達の順序、ハイハイの前兆、発達相談をしたいときの手順などを紹介します。

6077ad2b372d5a152de8191d73e3e4480c620035 s
発達障害のキホン
104462 View
目次 ハイハイとは? ハイハイはいつ始まる? ハイハイが赤ちゃんにもたらすものは? ハイハイしない……。その理由と対処法は? ハイハイしないまま立ってしまうのは問題? ハイハイの不安を相談するには? ハイハイをひきだす工夫 まとめ

ハイハイとは?

ハイハイは、赤ちゃんの腰がすわり一人で歩き出すまでの間に、移動手段の一つとして出現するものです。ハイハイを心待ちにするパパママはとても多いと思いますが、実はハイハイは赤ちゃんにとって絶対に必要な成長ステップではありません。

まずは下の図で赤ちゃんの移動手段がどのように変化していくかをご覧下さい。
ハイハイの時期はいつ?ハイハイしないで立つのは問題あり?ハイハイの練習方法や相談先を紹介します。の画像
Upload By 発達障害のキホン
1.寝返り
寝返りは首がすわりうつぶせの姿勢に慣れた赤ちゃんに見られる動作です。首すわり完了の目安は、うつぶせの姿勢で自分から首を持ち上げ、左右に動かせること。うつぶせの時期と重なるよう下半身の動きが活発になり、ふとしたきっかけて腰と脚の動きが連動すると、赤ちゃんは寝返りをします。横方向のみではありますが、赤ちゃんにとっては初めて自力で移動する体験です。寝返りはしない赤ちゃんもいて、その後の育ちが遅れるような影響はないとされています。寝返りに不慣れなうちは仰向けからうつぶせになることができても、うつぶせから仰向けに戻ることができずもがくこともあります。

2:ずりばい
お腹をつけたまま腕や脚の力で前後左右に動けるようになった状態が「ずりばい」です。赤ちゃんに動きたい気持ちがありうつぶせに慣れていれば、腰がすわる前やハイハイに必要な筋力が十分でない時期でも始まる動きです。左右の腕の筋力発達が非対称だったり腕と脚の動きを連動させることに慣れていないうちは、後ろに下がったり同じ場所をぐるぐる回ったりすることもあります。ずりばいができるということは、自由に方向転換ができるようになったことを意味します。活動範囲の広がりに合わせて、危険物を片づけるなどの安全対策をしておきましょう。この「ずりばい」のステップはとばす赤ちゃんもいます。

3.お座り
お座りは移動を伴う動作ではありませんが、ハイハイには欠かせないステップです。お座りは腰のすわり具合を確かめるバロメーターであり、脳が発する電気信号が、神経細胞が発達に伴い延髄から脊椎を通って腰まで届くようになった証です。最初のうちは背中が丸まっていたり手で上半身を支えたりしますが、次第に支えなしで座れるようになります。この段階から手で上半身を支える動作を徐々に覚え、腰でバランスをとる感覚をつかんでいきます。パパママが支えなくても安定してお座りの姿勢をとれるようになって初めて、腰と下半身を使った移動が可能になるのです。

4:ハイハイ
両手で上半身を支え、ひざ立ちで腰とお尻を持ち上げられるようになったら、手脚でバランスをとり、重心を移動する練習が始まります。よつんばいの姿勢で体を前後にゆらす動きが続いたらハイハイが始まる日も近いでしょう。よつんばいの姿勢で重心をコントロールでき、両手脚を連動して動かせるようになると、いわゆるハイハイの完成です。ハイハイしはじめは動きもぎこちなく、方向転換も移動もおぼつかないでしょうが、上達するのに時間はかかるものです。温かく見守ってあげましょう。

5.歩く
ハイハイが始まった後、赤ちゃんはヒザ立ちから足の裏で体重を支える動作を覚え、つかまり立ち、つたい歩き、一人立ち、一人歩きと、順番を前後したりとばしながら歩き方を体得していきます。足の裏でバランスをとる経験を積む過程では、足の裏と手の平をついた姿勢の「高ばい」というハイハイをする赤ちゃんもいます。立ち始めは、足の裏でバランスをとることが上手にできない少ないうちは赤ちゃんは転びやすいので、後頭部を強く打たないように見守ってあげてください。

ハイハイはいつ始まる?

次に、赤ちゃんの移動方法の変化を、この章では「時期」という観点から説明していきます。

厚生労働省が作成した母子健康手帳の省令様式には生後9~10ヶ月の発達チェックに「ハイハイをしますか」の問いがあり、各自治体が運営する母子保健センターの乳児発達相談ガイドラインでも、ハイハイは生後9~10ヵ月の相談内容として紹介をされています。一般的に生後10ヵ月頃の赤ちゃんの発達段階の目安とされていることが多いようです。
このように、日本国内では生後9~10ヶ月の赤ちゃんが「ハイハイ適齢期」とされているようですが、乳幼児の発達について長年研究を重ねてきた米国の人間能力開発所の研究結果では、赤ちゃんがハイハイできるようになる時期には、生後3.5~14ヶ月の幅があると発表されています。
このように、乳幼児の発達は十人十色で個人差がとても大きいもの。ハイハイを心待ちにするパパママにとってハイハイしないことは大きな気がかりでしょうが、神経発達の時期や動きたいという意思は、赤ちゃん自身の個性にあわせたタイミングで訪れるものなのです。

それでもいつハイハイが始まるかが気がかりで、しないのではなくもしかしたらできないのでは?という不安がぬぐえない場合は、日々の暮らしの中で今その赤ちゃんがどの発達段階なのかをしっかり観察することを意識するとよいでしょう。その赤ちゃんらしい発達を考えるなら「今生後何ヶ月」という時期よりも、早産だった、成長曲線のカーブの上がり方がゆるやかだったなど、周産期から現在までにその赤ちゃんにどんな特徴があったか理解することも、ハイハイに至るまでの見通しをつけるのに役立ちます。

このような情報は、専門家に相談をする際にも必要とされます。赤ちゃんの成育歴や発達状況、暮らしぶりについての情報があればあるほど、ハイハイ「しない」という現状にどのような理由、問題があるのかを見極める際に役に立ちます。

巷で「子育てに正解はない」とよくいわれるように、乳幼児期の発達は、スピードも現れ方も特に千差万別です。多くの育児情報がある中で、何を目安にすればよいかとまどうことも多いかもしれませんが、何よりも理解するべきは今目の前にいる赤ちゃんです。育児書通りには進まない赤ちゃんのハイハイも「その子らしさ」の表れだと考え、穏やかに笑顔で過ごせるとよいですね。

ハイハイが赤ちゃんにもたらすものは?

ハイハイが赤ちゃんの発達にもたらす影響にはよいものが多々あります。以下ではその影響を、運動面、機能面、精神面、生活面の4つに分けて解説します。

1.運動面
全身の筋肉を使った動きにより、手足の筋肉や体幹、握力などが鍛えられます。また、体の2ヶ所以上のパーツを連動して動かす「協応動作」の練習にもなり、一人歩きに移行した以後にもスムーズな動作を可能にするための運動神経が磨かれます。手足への刺激が多いほど、握力は鍛えられ、物をつまんだり、足のふんばりでバランスをとることが上達していきます。

2.機能面
ハイハイによる全身運動をくり返すことで、血流が増えて心肺機能が高まります。また、場所を移動することにより、嗅覚や聴覚、視覚などを司る脳への刺激量が増えます。それに伴い、多くの情報を処理することで脳が活発化します。自分の体重を支える体勢が骨や関節への負荷となり、骨格の発達を促します。

3.精神面
まず、自らの意思で移動できるということ自体が赤ちゃんの喜びになるといわれています。行きたいところに行くことで好奇心を満たしたり、愛着のあるオモチャやパパママに近づけるという満足感が持てることで、情緒が安定する時間が増えていきます。社会的な体験が増え、コミュニケーションの意欲や自我を育むきっかけにもなります。

4.生活面
お座り時期までの生活に比べ運動量も刺激量も増えるため、食欲や睡眠欲を感じることが多くなり、食事や睡眠の時間が規則的になっていきます。パパママにとっては生活サイクルを整えやすくなるため、外出がしやすくなり、家族以外の人との交流が増やせるきっかけになるかも知れません。

このように、赤ちゃんとってのハイハイは、大人にとっての運動や勉強のような、「しないよりはしたほうがいい」という位置づけになる動作です。パパママが赤ちゃんの成長段階に合わせて、適度に促してあげることを意識してみてはいかがでしょうか?

ハイハイしない……。その理由と対処法は?

1章で紹介したように、いわゆるハイハイは「腰すわり」という条件をクリアしないうちにはできない動作です。しかし、お座りはできるのにハイハイしない、という赤ちゃんには、どんな理由があるのでしょうか?

ここでは考えられる理由と、それぞれの支え方を7つ挙げてみます。赤ちゃんをよく観察し、どの点がポイントなのかを推理し、見通しや支援方法を考える参考にしてみてください。

腰すわりがまだ安定していない

腰すわりが安定しているかどうか、「親が支えなくてもお座りの姿勢を保てること」と、「両手が自由に使えること」をチェックしてください。腰すわりが安定していないうちは、赤ちゃんにお座りの姿勢をさせ過ぎないように注意してください。赤ちゃんが不機嫌になるようならすぐ止めましょう。無理をさせると腰の神経を傷める危険性もあるので、その赤ちゃんにあった発達を見守りましょう。

筋力の不足

体を両手脚で支える筋肉のほかに、腹筋、背筋、腰やお尻の筋肉がじゅうぶんに発達していないうちは、よつんばいの姿勢を維持できません。筋力に対して体重が重い場合もあります。筋力は日々の暮らしの中で徐々についていくものです。寝かせた赤ちゃんの手や足に手を添え軽く押す、うつぶせの時に音のするオモチャを高めの位置で鳴らし赤ちゃんの気をひくなど、各部位の筋肉に適度な負荷が加わるようなあやし方を工夫してみるのもよいでしょう。

意欲が薄い

神経や筋力が十分に発達していても移動する意欲がないのかもしれません。体を動かしたい、気になるものがある、誰かのそばに行きたいといった気持ちが薄いうちは、自力で移動しようとは思わないものです。好奇心や探究心は心の成長に伴いある程度は自然に現れるものですが、心地よく五感が刺激される働きかけが多いほど意欲は旺盛になります。

ボールなどの不規則に動くオモチャを与えたり、呼びかけに反応し近づいてきたらほめてあげる、といった関わりを増やしていくことも、赤ちゃんのハイハイの意欲を促します。

他の移動方法で満足している

赤ちゃんにとっての移動手段はハイハイだけに限りません。移動をしたいだけならパパママに抱っこしてもらう、歩行器に乗る、つたい歩きするなど、様々な方法があります。赤ちゃんにとって一番効率のよい移動方法がハイハイでないからハイハイをしない、ということも十分に考えられます。その場合でもハイハイを促したいのであれば、抱っこや歩行器の使用を控えたり、模様替えをしてつたい歩きでは移動できないスペースを確保することも検討してみてください。

環境が整っていない

ハイハイしやすい環境とは、安全に動き回れる平らなスペースが十分にあることが重要です。障害物を片づけたり、適度な明るさと温度であること、見てみたい、触ってみたいという意欲を引き出すようなアイテムを用意することも、パパママにできる工夫といえます。

動きやすい服装であるかもチェックしてみてください。ハイハイには上下が分かれた服のほうが適しています。赤ちゃんが楽に動き回るれ、動くこと自体を楽しめるようなお部屋作りを意識してみてください。

股関節に問題がある

まれに股関節脱臼が考えられます。大腿骨の先端が骨盤におさまらず、外れていたり外れかけている状態です。「脚のつけねの皺の数が左右で明らかに違う」「左右の脚の長さが違う」「股関節が開きにくい/開きすぎる」「足を曲げた状態で股を広げるとポキポキ音がする」などの特徴がありますが、ハイハイ前後の時期の乳児の股関節脱臼は発見が難しく、専門家でも診断に時間がかかることもあるそうです。治療方法は確立されているので、まずは最寄りの小児科や整形外科に相談することをお勧めします。

知覚機能の未発達

まれに、聴覚や視覚が弱いケースが考えられます。これらの機能は1ヶ月と3~4ヶ月の乳児健診でもチェック項目に入っているので、ハイハイの時期に入る前に経過観察を指示されているなら、これも原因でしょう。医師からの指摘がない場合でも、追視(対象物を目で追うしぐさ)が少ない、呼びかけに対する反応が薄いと感じることがある場合は、専門機関に相談し、医師の診断を必ず受けてください。
以上の7つに当てはまらないけれども、それでもなお違和感がぬぐえない場合は、低緊張の状態かもしれません。低緊張とは、自分の体を支えるための筋肉の張りが弱い状態のことをいいます。低緊張の子どもは、姿勢がよくなかったり、体がふにゃふにゃとしていたりするという印象がもたれます。というのも、低緊張の子どもは体を支えるための筋肉の張りが弱く、思うように体の動きをコントロールすることができないためです。
子どもの低緊張(筋緊張低下症)とは?フロッピーインファントの具体的な症状、治療法、相談先についてのタイトル画像

関連記事

子どもの低緊張(筋緊張低下症)とは?フロッピーインファントの具体的な症状、治療法、相談先について

低緊張の赤ちゃんは、脳性麻痺(マヒ)、自閉症スペクトラム障害や、筋ジストロフィー、先天性ミオパチーなどの疾患を持っている可能性も出てきます。しかし、赤ちゃんがハイハイをしないという点だけで障害や疾患があるという自己判断は禁物です。早合点は赤ちゃんのためにならないので、冷静に専門機関に相談し、診断や支援を受けてください。
脳性麻痺とは?どんな症状なの?いつ分かるの?治療方法はあるの?など徹底解説します!のタイトル画像

関連記事

脳性麻痺とは?どんな症状なの?いつ分かるの?治療方法はあるの?など徹底解説します!

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

関連記事

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

ハイハイしないまま立ってしまうのは問題?

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
放課後等デイサービス・児童発達支援の求人一覧です。待遇・給与、勤務時間、研修・教育制度、職員のインタビューからあなたにぴったりの職場を探せます。
会員登録後のエントリーで1,000円のAmazonギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中!
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。