ICD-10、ICD-11とは?ICD(国際疾病分類)の概要、DSMとの違いなどについて解説します

2018/06/19 更新

2018年6月、 WHOはICD-11を公表しました。そもそも「ICD」とはどんな目的で作成され、どんな目的で使用されるのでしょうか?この記事では、WHO(世界保健機関)が作成する「ICD」を取り上げ、現在使用されているICD-10の概要や日本での使われ方、ICD-11導入について、またDSMとの違いなどについて解説します。

発達障害のキホンさんのアイコン
発達障害のキホン
227275 View
目次

ICD-10、ICD-11とは?

ICDはWHOによる「国際疾病分類」

ICDとは、国際連合の専門機関の一つであるWHO(世界保健機関)が作成する疾患の分類です。

正式名称は「疾病及び関連保健問題の国際統計分類(International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems)」といいます。略称である「国際疾病分類」が使用される場合もあります。

WHOがICDを作成する主な目的は、病因・死因を分類し、その分類をもとに統計データを体系的に記録し、分析することです。そのため、日本でもICDに基づいた病因・死因の統計がとられています。

病因・死因の分類と統計の他にも、統一的な診断概念・診斷基準を提示するという目的もあります。特に、精神障害セクションについては、改訂を重ねるにつれて、

「単なる死因分類にとどまらず、共通の基盤にもとづく臨床診断の必要性が高まった」

中根允文・岡崎祐士/著『ICD-10「精神・行動の障害」マニュアル──用語集・対照表付』(医学書院 ,1994)P. 15より引用

出典:http://amzn.asia/cJPlNt7
と言われており、診断のための分類という側面の比重が大きくなっています。

ICD-10からICD-11へ

1900年に第1版が出版されて以降10年ごとに改訂され、ICD-10は1990年に採択された第10版となります。疾病概念や分類は、医学の進歩によって変化します。そのためICD-10は、採択後も数年おきに一部改訂が行われています。

WHOは約30年ぶりとなる最新版への全面改訂を行い、2018年6月にICD-11が公表され、2019年5月に世界保健機関(WHO)の総会で、国際疾病分類の第11回改訂版(ICD-11)が承認されました。改定版では、最新の医学的知見が反映されています。また、死亡・疾病統計の国際比較に加え、臨床現場や研究など様々な場面での使用を想定し、より多様な病態を表現できるようコード体系が整備されています。

WHOでの公表・承認を受けて、各国では翻訳やICD-10/11 変換表の作成、疾病分類表、死因分類表の作成などの作業が進められ、審議、周知などを経て施行されていきます。なお、ICD-11への改訂によって分類コードが変化すると、書類上で要求されるICDコードが変わったり、疾病概念やカテゴリー、名称や診断基準も変更になる可能性もあります。
本記事では、現在使用されているICD-10を中心に解説します。

ICD-10の内容は?

どうやって分類されるの?ICDコードとは?

ICDでは、身体疾患から精神障害にわたって網羅的な分類を設定し、「ICDコード」と呼ばれるコードを付与しています。以下の表は2003年改訂版ICD-10における「ICDコード」と「分類見出し」の対応リストです。
ICDコード:分類見出し
A00-B99:感染症および寄生虫症
C00-D48:新生物
D50-D89:血液および造血器の疾患ならびに免疫機構の障害
E00-E90:内分泌、栄養および代謝疾患
F00-F99:精神および行動の障害
G00-G99:神経系の疾患
H00-H59:眼および付属器の疾患
H60-H95:耳および乳様突起の疾患
I00-I99:循環器系の疾患
J00-J99:呼吸器系の疾患
K00-K93:消化器系の疾患
L00-L99:皮膚および皮下組織の疾患
M00-M99:筋骨格系および結合組織の疾患
N00-N99:尿路性器系の疾患
O00-O99:妊娠、分娩および産じょく<褥>
P00-P96:周産期に発生した病態
Q00-Q99:先天奇形、変形および染色体異常
R00-R99:症状、徴候および異常臨床所見・異常検査所見で他に分類されないもの
S00-T98:損傷、中毒およびその他の外因の影響
V00-Y98:傷病および死亡の外因
Z00-Z99:健康状態に影響をおよぼす要因および保健サービスの利用
U00-U99:特殊目的用コード
以上の表のように、ICD-10では疾患の類似性によってA~Uの大分類が設定されています。

例えば、発達障害に関係する障害は、主に「F00~F99 精神および行動の障害」に見つけることができます。さらに例として、自閉症について見てみると、「F80-F89 心理的発達の障害」>「F84 広汎性発達障害」>「F84.0 小児自閉症」のように分類されていることがわかります。

他にも、知的障害の場合、「F70-F79 精神遅滞[知的障害]」の中で程度や症状によって「F70 軽度精神遅滞[知的障害]」や「F73 最重度精神遅滞[知的障害]」といった異なるコードが与えられています。

一般的な病名と違う場合があるのはどうして?

ICDの疾病分類は、日常的に使用されている病名や医師が使用する診断名とは必ずしも一致しません

例えば、日常的に使用される「うつ病」という言葉に完全に一致するコードはICD-10上にはなく、代わりに「F32 うつ病エピソード」や「F33 反復性うつ病性障害」、「F41.2 混合性不安抑うつ障害」など、複数の「うつ」という言葉を使用したコードがあります。
そのため、神庭重信氏が、

今日の日本で「うつ病」という場合は、国際診断ではどの病名を指すのか、を決めなければならなくなったのである。

神庭重信(2012)「DSMは進化するか」『精神神経学雑誌』第114巻第9号1009頁(日本精神神経学会/刊)より引用

出典:https://journal.jspn.or.jp/jspn/openpdf/1140091009.pdf
と指摘するように、専門家の間でも日常語とICDの対応関係が議論されているようです。

診断名とICDの関係については、厚生労働省のパンフレット「ICDのABC」にわかりやすい例が挙げられています。このパンフレットでは、医師が診断名として「無顆粒球症」と「薬物誘発性好中球減少症」を区別して使用する場合が例示され、どちらの診断名もICD-10ではD70としてコードされることが指摘されています。

ICDでは、統計的にこれら2つの病態は同じグループに入れてもよいと判断されるため、2つの診断名が区別されません。

ICD-10はどこで使われているの?いつ必要になるの?

日本では、主に病院での診斷・診療録管理システム、省庁の制度・統計で使われています。

病院での使われ方

病院では、医師による診断や、診療録の管理システムにICD-10が使用されています。診断での使用は、特に精神科領域で行われています。

ただし、必ずしもすべての医師がICDの診断基準を用いているというわけではありません。ICDではなく、アメリカ精神医学会が作成するDSM(精神障害の診断と統計マニュアル)が使用される場合もあれば、どちらも使用されていない場合もあります(ICDとDSMの違いについては後の項目で説明します)。

ICDやDSMといった国際的な診断基準が日本に普及したのは最近のことです。そのため、日本ではそれ以前から用いられてきた診断基準を用いない伝統的な診断方法と、診断基準を用いた診断方法が併用されています。 
 
診断基準の使用状況について、東京女子医科大学医学部の坂元薫教授が日本精神科診断学会の会員である精神科医たちに対して行った調査があります。この調査では、診断基準を用いた診断を主に使用しているという回答は10%、診断基準のみを用いているという回答はわずか3%でした。

つまり、多くの医師は診断基準を用いた診断方法と伝統的な診断方法を併用しており、診断基準のみを用いている医師はほとんどいないということです。

さらに、回答者の73%は日本特有の伝統的な診断方法を積極的に使用すべきだと回答していたことから、ICDやDSMが普及した現在でも、伝統的な診断方法の医師からの支持率は高いことがわかります。

精神科診断では、ICDやDSMといった明確な基準が一律に採用されているのではなく、私たちが思っている以上に色々なやり方によって行われているようです。

省庁での使われ方

省庁では、厚生労働省がICD-10準拠の「疾病、傷害及び死因の統計分類」を作成し、死亡統計や疾病統計といった統計調査を行っています。

また、法律上で定義される疾病・障害の範囲も、ICD-10準拠で定められます。例えば、発達障害者支援法に定義される「発達障害」は、厚生労働省・文部科学省連名事務次官通知によって、以下のように定められています。

脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するもののうち、ICD-10(疾病及び関連保健問題の国際統計分類)における「心理的発達の障害(F80-F89)」及び「小児<児童>期及び青年期に通常発症する行動及び情緒の障害(F90-F98)」に含まれる障害であること

出典:発達障害者支援法の施行について|文部科学省

出典:http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/06050816.htm

ICDコードはいつ必要になるの?

読者のみなさんがICDコードを必要とするのは、書類の提出の際です。ICDコードは、障害年金や障害者手帳の申請の際に提出する診断書に記入欄があります。

また、家族が死亡したときに発行される死亡診断書にもICDコードが記載されます。

その他には、民間の保険会社に提出する診断書にもICDコードが要求される場合があります。

どうやってICD-10の原文を見るの?コードの調べ方は?

ICD-10の英語原文は、WHOのWebサイトで見ることができます。

分類名の日本語訳については、標準病名マスター作業班の作成するWebサイトで閲覧およびコードの検索ができます。
書籍の出版状況は、「F00-F99 精神および行動の障害」セクションとそれ以外で状況が異なります。「F00-F99 精神および行動の障害」セクションには、WHOが発行する公式の関連書がいくつかありますが、それ以外のセクションについては公式の日本語書の出版はありません。これについては、以下の引用に詳しいです。

ICD-10のほとんどの章が単に疾患名を並べたものであるのに対して、「精神および行動の障害に関する分類」つまりICD-10 Fは簡単な用語集(Short Glossary)だけでなく、「臨床記述と診断ガイドライン(CDDG、通称ブルーブック)」および「研究用診断基準(DCR-10、通称グリーンブック)」までも公表したのである。

中根允文・岡崎祐士・藤原妙子・中根秀之・針間博彦/訳『ICD-10 精神および行動の障害 DCR研究用診断基準新訂版』医学書院, 2008)p. 3より引用

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/4260005294
そのため、「F00-F99 精神および行動の障害」セクションには、引用中で挙げられた「用語集」や「ブルーブック」といった副読本の日本語訳が出版されています。また、日本の医師たちによって書かれたガイドブックも出版されています。

以下に貼る文献情報がこれらの書籍にあたります。いずれも平易な日本語で書かれており、ICD-10について学ぶには最適です。
その他には、厚生労働省がICDに関するWebサイトのリストを作成しています。「ICDのABC」というパンフレットの19ページ以降に「ICD関連のHPアドレス」というWebサイトのリストがあります。ICDに関して調べたいことがある場合、このリストが便利です。

DSM(精神障害の診断と統計マニュアル)との違いって?

ICDの他にも、国際的に使用されている疾病分類があります。有名なものに、アメリカ精神医学会が作成するDSM(精神障害の診断と統計マニュアル)があります。DSMの最新版として、2013年に出版された第5版であるDSM-5が使用されています。

ICDとDSMは列挙して参照されることも多く、同じように国際的に使用されている疾病分類として違いがわかりにくいと思います。しかし、以下のような違いがあります。

1. 作成機関…ICDは複数の国が加盟するWHOが作成していますが、DSMはアメリカ精神医学会が作成する疾病分類です。しかし、DSMは事実上アメリカ以外の国で広く使用されています。

2. 分類範囲…DSMは精神障害のみを対象とした分類ですが、ICDは身体疾患を含むすべての疾患を分類しています。

3. 日本の行政で使用されているかどうか…日本の行政で採用されているのはICD-10です。そのため、そのため、自分の診断名についてDSMのコードがわかっても、ICDコードがわからなければ書類上に不備が生じることになります。

「なぜDSMではなく、ICDが採用されるのか」という疑問については、厚生労働省の公式の回答はありませんが、相違点の1・2から理由を推察することができます。

第一に、DSMは精神障害に限定された分類であるため、身体・精神の疾患・障害について厚労省が包括的に死亡統計・疾患統計を作成するというために用いることができません。第二に、省庁が採用するにおいては、一つの国の一つの学会が作成するDSMよりも、WHOという国際機関の作成するICDの方が採用しやすいのかもしれません。

以上の3点が大きな違いになりますが、個々の疾患に着目すれば、分類方法や診断基準にはいくつもの違いがあります。しかし、基本的にはICDはDSMとも整合性を保てるように協議しながら作成されています。

おわりに

ICDは専門家が使用する疾病分類ですが、病気について勉強する上で概要を知っておくと医学の領域について理解が深まるかもしれません。さらに勉強を進めたい場合は、記事で紹介したWebサイトや書籍をあたってみてください。

ICD-11の施行にむけ、日本でも厚生労働省、各学会によって疾病名や翻訳、ガイドラインなどが整えられていきます。今後の動向にも注目していきましょう。
うつ病の症状や原因、単なる気分の落ち込みとうつ病の違いや、発達障害との関わりについてまとめましたのタイトル画像

関連記事

うつ病の症状や原因、単なる気分の落ち込みとうつ病の違いや、発達障害との関わりについてまとめました

大人のアスペルガー症候群、アスペルガー症候群での仕事での困りごとや対処法まとめ【専門家監修】のタイトル画像

関連記事

大人のアスペルガー症候群、アスペルガー症候群での仕事での困りごとや対処法まとめ【専門家監修】

【大人の発達障害】仕事での困りごと・就職方法・対処法まとめーー専門家監修のタイトル画像

関連記事

【大人の発達障害】仕事での困りごと・就職方法・対処法まとめーー専門家監修

バナー画像
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。

この記事に関するキーワード

あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

発達障害のキホン さんが書いた記事

子どもの滑舌の悪さが気になったら。先天性疾患や知的障害がある?相談先、家庭でできるトレーニング方法も【専門家監修】のタイトル画像

子どもの滑舌の悪さが気になったら。先天性疾患や知的障害がある?相談先、家庭でできるトレーニング方法も【専門家監修】

話し始めたころは「かわいい」と感じていた、少したどたどしい赤ちゃん言葉。成長するにしたがって、次第にわかりやすい発音になっていくものですが...
発語・コミュニケーション
459 view
2022/07/06 更新
1歳半健診で「指さし」がないことを指摘されたら?発達のプロセスや、発達障害がある子どもの傾向や練習法も【小児科医に聞く】のタイトル画像

1歳半健診で「指さし」がないことを指摘されたら?発達のプロセスや、発達障害がある子どもの傾向や練習法も【小児科医に聞く】

お子さんが1歳を過ぎても指さしをしない、あるいは1歳6ヶ月健診で指さしをしないと指摘されて心配なことはありませんか?指さしするまでの心と体...
発語・コミュニケーション
5795 view
2022/06/27 更新
不安症、場面緘黙、強迫性障害などを緩和する「SSRI(フルボキサミン)」って?小児の使用は認められている?効果・効能・副作用なども【医師監修】のタイトル画像

不安症、場面緘黙、強迫性障害などを緩和する「SSRI(フルボキサミン)」って?小児の使用は認められている?効果・効能・副作用なども【医師監修】

ASDをはじめとする発達障害の特性は、強いこだわり行動や抑うつ傾向、不安障害などをもたらすことがあります。こうした症状は、本人にとっても保...
発達障害のこと
2400 view
2022/06/26 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。