わかっちゃいるのに、つい息子にイライラ…そんな時、私が思い出すようにしていること

わかっちゃいるのに、つい息子にイライラ…そんな時、私が思い出すようにしていることのタイトル画像

ADHD当事者の私。息子も「発達障害の疑いがある」と言われています。そんな凸凹親子の日常を少しだけご紹介します。今回は子どもとの接し方のお話です。

モンズースーのアイコン
モンズースー
53912 View

つい周囲と比べて焦りイライラ・・・そんな時に考えること

わかっちゃいるのに、つい息子にイライラ…そんな時、私が思い出すようにしていることの画像
Upload By モンズースー
良くないとは分かっていても、私はよく中々できない長男にイライラして怒りっぽくなってしまう時があります。

周囲より遅く課題が中々進まないことも多い長男、比べることは良くないと思いつつも同年代のできる子が目に付いてしまうと焦ってしまうことも。

そして長男にもイライラがうつり失敗・・・落ち着いたら反省して話し合う・・・というような事を繰り返していました。


そんなことにならないように、イライラした時はなるべく周囲の子ではなく「去年の本人」と比較して考えるようにしています。

環境の変化などでできていたことができなくなることもあるかもしれませんが、大体の子が前の年よりその子なりに成長していると思います。

それは周囲から遅れていたり、とても小さな変化かもしれません。

でも成長していると思えるとイライラした気持ちが静まり、私は子どもの良い所、がんばった所が見つけられるようになりました。

でも結局イライラしてしまう事も多い気がしますが、なるべく立ち止まって考えるようにしています。
『生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした 入園編』
モンズースー (著)
KADOKAWA
褒めるって難しい…?楽々かあさん直伝!子どもの自信につながる声かけのタイトル画像

関連記事

褒めるって難しい…?楽々かあさん直伝!子どもの自信につながる声かけ

ペアレントトレーニングとは?種類と効果、受けられる場所と費用まとめのタイトル画像

関連記事

ペアレントトレーニングとは?種類と効果、受けられる場所と費用まとめ

障害児と健常児を「比べる病」、私は卒業したはずだったのにのタイトル画像

関連記事

障害児と健常児を「比べる病」、私は卒業したはずだったのに

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。