ペアレントトレーニングとは?種類と効果、受けられる場所と費用まとめ

ペアレントトレーニングとは?種類と効果、受けられる場所と費用まとめのタイトル画像

ペアレントトレーニングとは、保護者の方々が子どもとのより良いかかわり方を学びながら、日常の子育ての困りごとを解消し、楽しく子育てができるよう支援する保護者向けのプログラムです。当初、知的障害や発達障害のあるお子さまを持つご家庭向けに開発されましたが、現在は幅広い目的や方法で展開されています。自分とお子さまにあった育児の方法を探す手段として活用してみてください

発達障害のキホン
208479 View
目次 ペアレントトレーニングとは? ペアレントトレーニングの種類と効果 ペアレントトレーニングを実施している団体、受けられる場所 ペアレントトレーニングを実施できる人 ペアレントトレーニングを受けるための費用 まとめ

ペアレントトレーニングとは?

ペアレントトレーニングとは、保護者の方々が子どもとのより良いかかわり方を学びながら、日常の子育ての困りごとを解消し、子どもの発達促進や行動改善を目的とした保護者向けのプログラムです。

元々、知的障害や自閉症などの子どもをもつご家族を対象に、1960年台にアメリカで開発されました。

当初は、「親は子どもの最良の治療者である」という考え方をもとに、支援機関で行われている子どもへの療育を家庭でも行うことで、療育の効果をアップさせたり、維持させたりすることが目的とされていました。

例えば、発声や模倣といった課題を療育機関で行うことと並行し、家でも同じ課題をご家族が行うことで、子どもが療育を受ける時間を増やすなどの取組みがあげられます。

その後、ADHDなど子どもの障害種別に応じたプログラムが開発され、展開されてきました。日本では、そもそも子どもの療育が十分に行き渡っていないという状況があるため、ご家族の日常生活の困り感を軽減するためのプログラムとして取り入れられ、独自に発展してきたものが多くあります。

また、現在では、厚生労働省による発達障害者支援施策の一つにも位置づけられています。また発達障害だけでなく、不登校や非行を繰り返す子ども、虐待を受けた子ども、里子や養子などに対応したプログラムが開発されるなど広がりを見せています。

ペアレントトレーニングの種類と効果

ペアレントトレーニングの構成概要

ペアレントトレーニングにはさまざまな種類があり、プログラムの構成はそれぞれ異なります。5~10人程度のグループで行うプログラムでは講義やグループワーク、ホームワークを中心とした以下のような構成になっています。
ペアレントトレーニングとは?種類と効果、受けられる場所と費用まとめの画像
ペアレントトレーニングの構成概要
Upload By 発達障害のキホン
ペアレントトレーニングには多くの種類があります。この記事では、その中でも学術的な検証の結果、一定の効果が認められているものを中心にご紹介します。

1. 精研式・奈良方式ペアレントトレーニング

もともと、アメリカにおいてシンシア・ウィッタム博士がADHDの子どもをもつご家族向けに開発されたプログラムを、奈良教育大学等で日本に合わせて改良したプログラムです。

対象年齢は4~10歳まで、定員は8名程度になっています。概要として、1回が90分、全10回のセッションがあり、隔週で実施されることが多いようです。

講義とロールプレイ・ワークを行い、学んだことをホームワークで実践し、次回にそれをグループで共有するというサイクルでプログラムが進みます。

子どもの行動を好ましい行動、好ましくない行動、許しがたい行動の3つにわけ、ほめ方などそれぞれに対する対応を学んでいくことが特徴です。また、グループで実践を共有することで、ご家族の関わり方への振り返りを促していきます。

効果として、受講者の子育てに対する自信度の向上などがあげられます。
ペアレントトレーニングとは?種類と効果、受けられる場所と費用まとめの画像
精研式・奈良方式ペアレントトレーニングでの子どもの行動分類
Upload By 発達障害のキホン

2. 肥前方式ペアレントトレーニング

日本でもいち早くペアレントトレーニングを開始した、国立肥前療養所(現在の独立行政法人肥前精神医療センター)で開発されたプログラムです。

もともとは、知的障害のある子どものご家族を対象に、院内で行われた治療の効果を維持することや、学んだことを家庭でも行えるようにすることを目的として始まりました。現在は、知的障害を伴わない発達障害のある子どものご家族にも提供されています。

対象年齢は3~12歳まで、定員は9名となっていることが多いようです。概要として、1回が2時間半、全10回ほどのセッションがあり、講義パートと、家庭での対応をグループの中で個別に検討するパートの二部構成になっています。

例えば「座って食事をする」など、対象となる行動を決め、ご家族が家庭で行動を観察・記録し、講義で学んだ環境調整や対応について支援者と実際に検討していきます。

効果として、設定した行動をお子さんが習得する、受講者やご家族の抑うつが改善する、受講者が養育技術の知識を獲得する、などがあげられます。
ペアレントトレーニングとは?種類と効果、受けられる場所と費用まとめの画像
肥前方式ペアレントトレーニングのイメージ
Upload By 発達障害のキホン

3. 鳥取形式ペアレントトレーニング

兵庫教育大学にて自閉症スペクトラムのある子どものご家族向けに開発、現在は鳥取・島根県での委託を受けて地域の通園施設などで開催されているプログラムです。

幼児~小学校低学年向け、小学校高学年~中高生向けのプログラムに分かれていることが特徴で、定員は10名程度になっています。

概要として、1回が90~120分、6~8回のセッションがあり、隔週で実施されることが多いようです。精研式と同様、講義とワークを行い、学んだことをホームワークで実践し、次回にそれをグループで共有するというサイクルでプログラムが進みます。

目的として、ご家族が子どもの特性や発達の状態を知ることや、子どもとのコミュニケーションを楽しめるようになること、子育て仲間をつくることなどがあげられ、内容は、お子さんをのばすほめ方、環境調整の仕方、指示の出し方、行動の教え方などになっています。

効果として、ご家族の養育不安や抑うつの減少や、健康度の上昇などがみられます。

また、「LITALICOジュニア」では、上記の鳥取形式をもとに、子どもの障害の有無にかかわらず、さまざまなニーズのご家庭向けに開発されたペアレントトレーニングを行っています。

幼児~小学校低学年向け、小学校高学年以上向け(思春期編)、アドバンスコース(開発中)など、多様なプログラムを選択できることが特徴で、定員は5組程度になっています。概要として、1回90分で6回のセッションが毎週あり、子どもの療育を教室で行っていた指導員の中で、ペアレントトレーニングの研修を受けたファシリテーターが専属で行っています。実施回数や開催場所が多く、土日も開催しているため、受講がしやすいことも特徴としてあげられます。
ペアレントトレーニングとは?種類と効果、受けられる場所と費用まとめの画像
鳥取形式ペアレントトレーニングの行動分析フレームワーク
Upload By 発達障害のキホン

ペアレントトレーニングを実施している団体、受けられる場所

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

発達障害のキホン さんが書いた記事

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは?原因、症状、治療、PTSDに似た発達障害の症状まで解説のタイトル画像

PTSD(心的外傷後ストレス障害)とは?原因、症状、治療、PTSDに似た発達障害の症状まで解説

PTSDは、つらいできごとがトラウマとなり、さまざまな症状を発症する疾患です。発症すると、そのできごとに関わる人・場所を過度に避けたり、考...
発達障害のこと
255903 view
2018/12/09 更新
子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめのタイトル画像

子どもの癇癪(かんしゃく)とは?原因、発達障害との関連、癇癪を起こす前の対策と対処法、相談先まとめ

大声で泣き叫んだり、暴れたりする子どもに困っている…。一旦気持ちが爆発するとなかなか収まらない癇癪ですが、子どもが癇癪を起こす背景には必ず...
発達障害のこと
663275 view
2018/12/07 更新
難病の軽症高額該当で、医療費助成の対象外でも支援が受けられる?制度該当条件などを詳しく解説します!のタイトル画像

難病の軽症高額該当で、医療費助成の対象外でも支援が受けられる?制度該当条件などを詳しく解説します!

難病法には重症度基準が設けられ、病状の程度が一定以上の人は、医療費助成の対象となります。しかし、指定難病の診断を受けていても、治療により症...
身のまわりのこと
4496 view
2018/12/04 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。