5歳になっても「さしすせそ」が言えない!地道な言語訓練にメゲそうになった矢先…

2017/06/14 更新
5歳になっても「さしすせそ」が言えない!地道な言語訓練にメゲそうになった矢先…のタイトル画像

広汎性発達障害の娘は、発音が苦手。「さしすせそ」と話しているつもりが「たちつてと」になってしまい、言語でのコミュニケーションがうまくいかない時期が3年強あり、その間療育に通い、家庭でもトレーニングを実践していました。そんな娘が6歳になって、あまりにも突然…

SAKURAさんのアイコン
SAKURA
83590 View

話し始めた3歳前からずっと、発音が苦手。

広汎性発達障害のある娘は、発音が苦手です。

3歳前に話せるようになってから、長い間「さしすせそ」は「たちつてと」になっていました。

本人は「さ」と言っているつもりでも、音は「た」になっている…。

子どもっぽくて愛らしくもある半面、家庭の外での子ども同士のやりとりなどで、発音のあいまいさがコミュニケーションのトラブルにならないか心配もしていました。
5歳になっても「さしすせそ」が言えない!地道な言語訓練にメゲそうになった矢先…の画像
Upload By SAKURA

たわいもないおしゃべりが原因で、しょっちゅうトラブルに…

発達ナビPLUSバナー
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。