「好き嫌い、恥ずかしいよ!」と怒鳴っていた私。息子の偏食がきっかけで…

「好き嫌い、恥ずかしいよ!」と怒鳴っていた私。息子の偏食がきっかけで…のタイトル画像

離乳食を卒業した頃から好き嫌いをするようになった長男。身体のことや、近い将来食べることになる学校給食のことを思い、必死で好き嫌いをなくそうとしていましたが…

072c1d4bf9ce768d4a7b62a917968605b3759814b3f1a28484f728ab86f6b81c s
61301 View

ある日突然始まった食わず嫌い

「好き嫌い、恥ずかしいよ!」と怒鳴っていた私。息子の偏食がきっかけで…の画像
Upload By ぽんぽん
離乳食期の終わりころまでなんでも食べていた長男ですが、ある日突然、野菜を拒否するようになってしまいました。

大好きだったトマトも一切、口に入れてくれなくなりました。

初めての育児。食生活は大切に育んできたつもりでした

「好き嫌い、恥ずかしいよ!」と怒鳴っていた私。息子の偏食がきっかけで…の画像
Upload By ぽんぽん
独身時代に子どもを持つ先輩ママから、「小さいころの食生活が、好き嫌いを左右する」と言われました。

育児書にもそのように書いてあったので、離乳食期は毎日いろんなものをすり潰し、みじん切りにし、様々な食材や料理を口にできるよう頑張ってきました。

栄養バランスを考えた献立に、彩りや盛り付けもこだわって食べさせていました。

それなのに結局食べなくなってしまいました。
「好き嫌い、恥ずかしいよ!」と怒鳴っていた私。息子の偏食がきっかけで…の画像
Upload By ぽんぽん
「好き嫌い、恥ずかしいよ!」と怒鳴っていた私。息子の偏食がきっかけで…の画像
Upload By ぽんぽん

子どもの好き嫌いは「親の責任」だと思っていた日々

好き嫌いは親の責任!と思っていた私は、とにかく一口だけでもいいから食べさせようと頑張りました。

「野菜を食べている」ことを分かってもらい、「野菜って美味しいんだ」と気づいて欲しかったので、野菜の色や形が分かる状態で食べさせようとしていたのですが、全くダメでした。
食べさせるために笑わせたり、歌ってみたり、泣き真似したり、褒め倒したりもしましたが、どれも上手くいかず、イライラして怒ってしまうこともありました。
「好き嫌い、恥ずかしいよ!」と怒鳴っていた私。息子の偏食がきっかけで…の画像
Upload By ぽんぽん
嫌いな野菜も細かく刻んだりペースト状にして、好きなおかずに混ぜ込めば食べてくれていたのに、

この頃の私は、学校給食で苦労しないようにと、とにかく「野菜を野菜だと分からせて食べさせること」に非常にこだわっていました。

発達障害の特徴の1つとして偏食があることを知り…

「好き嫌い、恥ずかしいよ!」と怒鳴っていた私。息子の偏食がきっかけで…の画像
Upload By ぽんぽん
あまりにも食べてくれず、私が作る野菜が入った食事を頑なに拒否。

食べさせようとすると酷い癇癪を起こし大泣きする様子や、気付かないように口に入れても吐き出す様子に、

「もしかして、特性による感覚の違いで、食べれないものがあるのかな」と思うようになりました。

その頃はちょうど、食事以外のことでも発達が気になっていた時期でもありました。発達障害について調べ物をする日々の中、子どもの食事の好き嫌いに特性が関係している可能性も知りました。

私たちが美味しいと思っているものも、長男にとっては「口の中に砂を入れられている」ような感覚なのかもしれない…。

無理矢理食べさせようとするのは長男にとってものすごいストレスになっているはず…食べなかったら諦めて少し様子を見よう。食べる気になるまで待ってみよう。

発達障害と食事の関係に調べるにつれ、食事の好き嫌いについても柔軟に考えられるように、少しずつ気持ちが変化していきました。

出した食事を残されるのはつらい。でもそれは誰のため?

「好き嫌い、恥ずかしいよ!」と怒鳴っていた私。息子の偏食がきっかけで…の画像
Upload By ぽんぽん
食べないことを「仕方ないかも」と思うようにしてからも、好き嫌いをする様子を見てしまうと、まだまだ長男のためにあんなに頑張ったのに…という気持ちが出てしまうことがありました。

深呼吸して肩の力を抜いて考えてみると、ふと我に帰ります。「食べないものの分の栄養は、他で摂れば良いし、無理に野菜を見せて食べさせなくたって良い」と。

無自覚だった今までの私、好き嫌いは親の責任。人前で子どものことで私が恥をかきたくないという思い。

このことで、とにかく頭がいっぱいだった今までの寄り戻しがきていました。
「好き嫌い、恥ずかしいよ!」と怒鳴っていた私。息子の偏食がきっかけで…の画像
Upload By ぽんぽん
考え方を切り替えた事で、長男の偏食との向き合い方が少しずつ変わっていきました。

嫌がった時は無理に食べさせようとせず、楽しい食事の時間になる事だけを心掛けるようにしました。怒ったりすることも減っていったように思います。

偏食に悩んだ日々から1年…。療育にも通うようになって

きっといつか、環境が変わったり、同年代の友達が食べていたら自分から食べようとする日が来るはず。

そう期待しながら食べてくれないおかずをただ目の前に置く日々を送っていたのですが、3歳健診で言葉の遅れを指摘されたことをきっかけに、療育にも通いはじめました。
“療育”は実験室みたいな所?思い違いをしていた私が息子を通わせるまでのタイトル画像
関連記事
“療育”は実験室みたいな所?思い違いをしていた私が息子を通わせるまで
「好き嫌い、恥ずかしいよ!」と怒鳴っていた私。息子の偏食がきっかけで…の画像
Upload By ぽんぽん
お友達も増えたことで、友達が食べているものに興味が出て、決して口に入れなかった野菜にもチャレンジしてくれるようになりました!!

まだまだ小さい長男。これから先いろんな経験をして、好きなものが嫌いになったり、嫌いだったものが好きになったりすることもあるはず。そういう部分も含めて、育児を楽しめたらと思っています。
子どもの偏食、どうしてる? 発達障害との関係は?原因と工夫、みんなの体験談を一挙にご紹介!のタイトル画像
関連記事
子どもの偏食、どうしてる? 発達障害との関係は?原因と工夫、みんなの体験談を一挙にご紹介!
超!偏食な娘と私の奮闘記―実は娘の好き嫌いにはある法則が…?のタイトル画像
関連記事
超!偏食な娘と私の奮闘記―実は娘の好き嫌いにはある法則が…?
偏食の長男に実験!荒療治?いやいや、きちんと理由があるんですのタイトル画像
関連記事
偏食の長男に実験!荒療治?いやいや、きちんと理由があるんです
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。