「長男は自閉症だって…」障害告知の日、腹が立った夫の態度に今でこそ言えること

「長男は自閉症だって…」障害告知の日、腹が立った夫の態度に今でこそ言えることのタイトル画像

我が家の長男は生まれつきの難病に加えて、3歳で自閉症という診断が下りました。医師から告知されたその瞬間、私は頭がぼおっとし何の考えも浮かびませんでした。病院からの帰り道じわじわと悲しみが押し寄せてきたことを覚えています。自宅にたどり着き、仕事中の夫の携帯に電話をしました。混乱して泣きじゃくる私の声を聞いて、夫がかけた言葉は・・・

50e020d7bc94214e94b988f5aa0936405802b2b4 s
80676 View

発育が遅いだけとも思えない、長男への違和感にふくらむ不安

我が家には双子の兄弟がいます。

長男は生後まもなく難病であると診断され、医師からは「この子は長く生きられない」と宣告されました。けれど一つの薬が大きな効果をもたらしたことで、長男は定期的な通院はあるものの、少しずつ状態がよくなり歩いたり走ったりできるようにまでなりました。本当に奇跡に近いことで、私は長男が元気に育っていく姿に安堵していました。

けれど一方で、双子の次男と比較した時、長男の行動に対する違和感が拭えませんでした。
「長男は自閉症だって…」障害告知の日、腹が立った夫の態度に今でこそ言えることの画像
Upload By シュウママ
インターネットで長男の行動の気になる点を次々入力して検索してみました。すると検索画面にヒットするのは「自閉症」という文字…。

私の気持ちはどんどん沈んでいきました。

自閉症かも…病院の受診を決意

このまま悩んでいても仕方がない――そう思った私は、夫に自分の考えを話しました。
「長男は自閉症だって…」障害告知の日、腹が立った夫の態度に今でこそ言えることの画像
Upload By シュウママ
すると夫はしばらく黙ったあと「俺も一緒に病院行くよ」と言ってくれました。

けれどわざわざ夫が会社を休んで受診するのも…そう思って私は長男と二人で行くことに決めました。帰って来た時、自閉症じゃなかったよ~そう明るく言えることを念じながら。夫は心配そうにしていましたが了解してくれました。

「どうしてこの子だけが…」障害告知に止まらない涙

現実は厳しいものでした。

小児病院の精神保健科を受診すると、長男は室内に置かれた沢山の遊具には目もくれずひたすらボールを回し続けています。その様子を一見しただけで主治医の先生は言いました。
「長男は自閉症だって…」障害告知の日、腹が立った夫の態度に今でこそ言えることの画像
Upload By シュウママ
やはり…という思いと、とてつもない脱力感がありました。

難病の上に、そのうえ自閉症まで――

病院からの帰り道、長男の顔を見つめていると涙があふれてきます。どうしてこの子だけがたくさんの病を背負わされたのか、いろんな考えがあとからあとから押し寄せます。

家にたどり着き、苦しくなった私は夫の携帯に電話をかけました。1コールで夫が出ました。

夫が何か言うのを待たずに、私は泣きじゃくりながら話しました。
「長男は自閉症だって…」障害告知の日、腹が立った夫の態度に今でこそ言えることの画像
Upload By シュウママ

夫が私にかけた言葉は、腹が立つほど能天気だったけど

私が話し終えた後、受話器からは耳を疑うような明るい声が聞こえてきました。
「長男は自閉症だって…」障害告知の日、腹が立った夫の態度に今でこそ言えることの画像
Upload By シュウママ
なんて能天気な男なんだ…一瞬怒りがわきあがりました。

けれど「自閉症だろうがなんだろうが、シュウが可愛い息子であることに変わりないじゃん」という明るい言葉に、何かすっと心が軽くなったのです。悩んでいた事実がどうでもいい事の様に思えてきました。

その日、仕事を終えて帰ってきた夫は普段のままでした。深刻な顔をするでもなく長男の頭をなでるのです。
「長男は自閉症だって…」障害告知の日、腹が立った夫の態度に今でこそ言えることの画像
Upload By シュウママ
呆れつつも、夫の暢気さと明るさに、この日とても救われたことを覚えています。

数年たって、夫にあの日のことを聞いてみた

それから何年か経ち、ふと思い出してあの時のことを夫に話しました。

「パパに電話した時、能天気で明るい声に一瞬腹がたったけど、あの言葉で救われたよ」

すると夫からは思いがけない返事が返ってきました。
「長男は自閉症だって…」障害告知の日、腹が立った夫の態度に今でこそ言えることの画像
Upload By シュウママ
「俺が参ってしまったら、だめだろ。一家の主なんだから。だから必死で明るくふるまったんだよ」

この言葉を聞いて、ああそうか、夫も辛かったけれど、一生懸命頑張ってくれたんだ、そう気づいて少しだけ夫を見直しました。

どうせなら、死ぬまで言わなければもっとかっこよかったのにな…。

けれどやっぱり思うんです。長男にとってこの人がお父さんで、本当によかったなー、と。
障害児の父親が抱えているストレス。家族を支えるために利用したい「父親の会」とは?のタイトル画像
関連記事
障害児の父親が抱えているストレス。家族を支えるために利用したい「父親の会」とは?
夫の実家でドキッ!食べ方が独特な自閉症の長男に意外な声をかけたのは…?のタイトル画像
関連記事
夫の実家でドキッ!食べ方が独特な自閉症の長男に意外な声をかけたのは…?
子どもが発達障害とわかったとき、周囲にはどう伝えるべき?のタイトル画像
関連記事
子どもが発達障害とわかったとき、周囲にはどう伝えるべき?
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。