療育にも活用される「音楽療法」の最前線! 子どもたちへの多彩なアプローチについて徹底取材!

療育にも活用される「音楽療法」の最前線! 子どもたちへの多彩なアプローチについて徹底取材!のタイトル画像

発達障害のある子どもの療育に、「音楽療法」を取り入れる動きが広がっています。今回、7月初旬に茨城県つくば市で開催された「世界音楽療法大会」に参加し、国内で行われている音楽療法を取り入れた取り組みについて取材してきました!音楽療法は子どもたちにどのような働きかけをするのか、子どもの特性に応じてどのようなプログラムを行うのか、最新の実践・研究をご紹介します。

304484383538f5385dba2ef358a644d166796329cd1d4a713920cbe4f21c56ab s
11838 View

発達障害の子どもの療育にも用いられる音楽療法。その最新の動向をお届けします!

みなさんは、「音楽療法」という言葉を聞いたことがありますか?

音楽療法とは、音楽のさまざまな力を利用して、対象者が抱えている困りごとの改善を促したり、よりよい生活を送ったりすることができるようにアプローチする療法です。
音楽療法とは?音楽療法を取り入れる目的・対象は?具体的な音楽療法の受け方までご紹介します!のタイトル画像
関連記事
音楽療法とは?音楽療法を取り入れる目的・対象は?具体的な音楽療法の受け方までご紹介します!
この音楽療法を、発達障害のある子どもの療育に取り入れる試みが世界的に広がっていることをご存知でしょうか。

まだ日本では音楽療法の保険適用や法整備が実現されておらず、音楽療法士の資格も国家資格となっていないため、療育としての普及には多くの壁が存在しています。

しかし、今回茨城県つくば市で5日間に渡って行われた「世界音楽療法大会」への取材を通して、すでに日本でも医療や教育の現場で発達障害児の療育に音楽療法を取り入れようとする試みがなされていることが分かりました。

今回の記事では、世界音楽療法大会への取材を通して学んだ、音楽療法の実践・研究の様子をお伝えします。
療育にも活用される「音楽療法」の最前線! 子どもたちへの多彩なアプローチについて徹底取材!の画像
Upload By 林真紀

世界中から音楽療法士が集まる「世界音楽療法大会」とは?

療育にも活用される「音楽療法」の最前線! 子どもたちへの多彩なアプローチについて徹底取材!の画像
Upload By 林真紀
「世界音楽療法大会」とは、世界中から音楽療法士が集まり、世界レベルでの音楽療法の発展をサポートするために行われているイベントです。
世界音楽療法連盟によって3年に1度、世界各地で開催されてきました。現在では、世界約50カ国から約2,500人が参加する、非常に大きな大会となっています。
療育にも活用される「音楽療法」の最前線! 子どもたちへの多彩なアプローチについて徹底取材!の画像
Upload By 林真紀
音楽療法が用いられる場面は、世界的には非常に広く、プログラムをざっと見るだけでも「認知症患者」「末期がん患者」「未熟児」「ホームレス」「DV被害者」等々、多様な人々を対象とした音楽療法の研究がなされています。

そしてその中でも、「発達障害児と音楽療法」というテーマは、国内での注目度の高さが感じられ、同様の発表は常に満席で立ち見が出る賑わいでした。その様子から、音楽療法はまさにこれから日本の療育分野で、飛躍的に活用されてゆくのではないかと感じることができました。

今回、この大会の中で、実際に発達障害のある子どもの療育に音楽療法を取り入れる活動をされている方々にお話しを聞くことができました。この先進的な取り組みについて、詳しくご紹介していこうと思います。

1. 放課後等デイサービスや特別支援学校での音楽療法の取り組み

療育にも活用される「音楽療法」の最前線! 子どもたちへの多彩なアプローチについて徹底取材!の画像
Upload By 林真紀
まず最初に取材したのは、兵庫県の特別支援学校や放課後等デイサービスなどで音楽療法のセッションを担当されている音楽療法士の、松﨑聡子さんです。

兵庫県では、阪神淡路大震災後、県民の心のケアに音楽が有効であるということから、震災から4年後の1999年に県独自の音楽療法士養成講座をスタートさせました。そして兵庫県知事から認定を受けた第一期生が中心となり、2002年に「兵庫県音楽療法士会」が発足。現在では、約250名の会員が音楽療法の普及・発展を目指して活動を行っています。

2011年に発生した東日本大震災でも、復興支援活動として、被災地支援活動、県内避難者支援活動を行ったそうです。
多方面で活躍する音楽療法士ですが、残念ながら国家資格ではないため、医療現場や教育現場に入っていくことは、現状ではなかなか難しいといいます。そのような背景から、松﨑さんをはじめ多くの音楽療法士は放課後等デイサービスでのセッションを行うことが多いそうです。

松﨑さんは定期的に放課後等デイサービスや特別支援学校でセッションの時間を持ち、楽器や音楽を使って、発達障害のある子どもの社会性を伸ばす療育に取り組んでいます。

「音楽は、発達障害児の療育に用いる上で数々の優れた面がある」、と松﨑さんは言います。

「音楽」は「言葉」と異なり、「感じるもの」という側面が大きく、子どもの心にダイレクトに訴えかけることができます。

また、
「始めと終わりがはっきりしているため見通しが立てやすい」
「繰り返しがある」
等、自閉傾向の強い子どもが好む構造になっているのも特徴です。

その他にも、楽器を使うことにより、子どもは五感を刺激され、感覚統合訓練の役割も果たしてくれるとのことです。

また、何よりも大切なのは、音楽を通して、セラピストと子どもがコミュニケーションを取ることです。これこそが、音楽療法のなかで一番大切な部分であると言っても過言ではありません。

音楽療法士のピアノに合わせて楽器を鳴らす、音楽療法士と順番に楽器を鳴らす、出来たら音楽療法士とハイタッチをする…子どもたちは、このように音楽を通してコミュニケーションを学び、社会性を獲得していくのです。

その他にも、松﨑さんが子どもたちに音楽療法を実施する際、とても大切にしていることがあります。それは、その子が音楽療法のセッションの中で学んだことを、日常の生活でも実践できるようにサポートしていくことです。

音楽療法のセッションのなかで、子どもは社会性やコミュニケーションなどのさまざまな部分で成長を見せてくれます。しかし、それがセッションの中だけで終わってしまっては意味がない、と松﨑さんは考えます。そのためにも、保護者の協力は必須であるとのこと。

松﨑さん含め、音楽療法士は、長いスパンでその子の成長を見ており、その子の長い人生の中の大切な一時期を自分たちが担っているという気持ちでセッションに取り組んでいるそうです。

2. 医療現場での音楽療法の取り組み

音楽療法は、作業療法や言語療法のように保険が適用されるものではありません。よって、日本の医療現場では音楽療法を取り入れることについてあまり積極的ではないようです。

しかし、そうしたなかでもいち早く、発達障害のある子どもに対する音楽療法の療育効果に注目し、治療計画の一環として取り入れたクリニックがあります。
筑波こどものこころクリニックの院長、医学博士の鈴木直光先生です。鈴木先生のクリニックでは、2015年より、通常の診察と並行して、別室で音楽療法士によるグループセッションを行っています。
療育にも活用される「音楽療法」の最前線! 子どもたちへの多彩なアプローチについて徹底取材!の画像
Upload By 林真紀
鈴木先生は、そこで録画された様子を、診察でも役立てています。 「音楽療法のセッションの中での子どもの様子を観察していると、発達障がいのある子どもに特有の、さまざまな症状を見出すことが出来ます」と言います。

例えば、ADHDの子どもは、音楽が止まることを合図にその場で静止することができなかったり、ASDの子どもは音楽に合わせて左右交互に 腕を振ることが難しかったりします。また、ADHDの子どもは音楽に合わせて片足立ちをする際に、体幹が弱いため膝が前にこず、床を蹴るような動作をしてしまうことも特徴だそうです。

しかし、そのような兆候は、音楽療法のセッションをこなすごとに改善していくと言います。それだけではなく、言語的な発達、衝動性の抑制、社会性の伸びなど、広い範囲の発達を促すことができると言います。

鈴木先生は、診察と並行して音楽療法を行うことで、診察室では見られない子どもたちの発達の状態をより深く理解することができると話してくださいました。

例えば、選択緘黙症の子どもなどは、診察室などでは何も話すことができないケースが多く、診察室だけでその子を判断してしまうと、どうしても「出来ない部分」が目立ってしまうと言います。

だからこそ、音楽療法のセッションルームで何かが出来るようになっていく姿を見ることは非常に意味があることであり、音楽療法をクリニックで取り入れることにより、「出来ない部分」ではなく「出来る部分」を引き出していくことが出来ると語ってくださいました。

このように、「診察室では見えない成長を見る」ために、音楽療法を取り入れている先生もいます。

3. 発達障害児/者の音楽療法の研究

音楽療法は、さまざまな特性の子どもに合わせたオーダーメイドの要素の大きい療育です。よって、発達障害のある子どもの、それぞれの特性に合わせた選曲も非常に重要になってきます。
療育にも活用される「音楽療法」の最前線! 子どもたちへの多彩なアプローチについて徹底取材!の画像
Upload By 林真紀
二俣泉先生(東邦音楽大学准教授)と二俣裕美子先生は、発達障害のある子ども向けの音楽療法で、実際にどのようなプログラムを組んでいけば良いか、どのような曲を使い、どのように楽器を活用していけば良いかを研究されています。また同時に、発達障害のある子どもに合わせた音楽療法のための作曲もされています。

二俣先生は、発達障害のある子ども向けの音楽療法で使う曲は、次の4つのタイプがあると言います。

1. 自由に演奏する曲
2. 演奏に際して緩やかなルールがある曲
3. 音が空白の部分で演奏する曲
4. 演奏のタイミングが厳密に定められている曲


例えば、1の「自由に演奏する曲」は、セラピストの指示が入りにくい子どもに使われます。自由に演奏することで、とにかく楽器に触れること、他の子どもと一緒の活動に慣れること、音楽のなかで活動する楽しさを味わうことなどを目指しています。
療育にも活用される「音楽療法」の最前線! 子どもたちへの多彩なアプローチについて徹底取材!の画像
Upload By 林真紀
タイプ2では、曲の中で音を鳴らすタイミングを待つところがあります。これにより、機会を待つということや、自分の役割を果たすという体験をすることができるようになっています。

タイプ3の「音が空白の部分で演奏する曲」は、「幸せなら手を叩こう」などのように、空白の部分で楽器を鳴らす、あるいは手を叩くような曲です。このような曲を使うと、当初は集中力が持たず、混乱していた子どもたちが、集中して取り組むようになったと言います。また、特定の空白で音を鳴らすまで「待つ」ことや、「周囲に合わせる」というようなソーシャルスキルの獲得にもつながります。

そして、最後のタイプ4は、セラピストの合図に応じて音を鳴らすことで、自分が果たす役割をより明確に実感できるような曲です。

実際の現場では、子どもがセラピストの指示を受け入れられるか、複雑な指示を理解することができるかどうかなど、子どもの特性に応じて、1~4の曲を組み合わせていくそうです。

また、能力差の大きい子どもが一緒の場に集まるグループセッションでは、個々の子どもの能力に合わせて、障害が重い子どもには 1 のスタイルで演奏してもらい、指示が通る子どもには3や4のやり方で演奏してもらうなど、役割分担をすることで、全員が集中できる活動にしていくと言います。
療育にも活用される「音楽療法」の最前線! 子どもたちへの多彩なアプローチについて徹底取材!の画像
実際にセッションの実演をする二俣先生
Upload By 林真紀
療育にも活用される「音楽療法」の最前線! 子どもたちへの多彩なアプローチについて徹底取材!の画像
Upload By 林真紀
会場では、実際に上の4つのパターンの曲を使い、ピアノに合わせて自由に演奏するパターンから、先生の指示する場所で楽器を鳴らすパターン、交互に演奏する役割分担があるパターンなど、実際の発達障害のある子ども向けのセッションを体験させてもらうことができました。
療育にも活用される「音楽療法」の最前線! 子どもたちへの多彩なアプローチについて徹底取材!の画像
Upload By 林真紀
療育にも活用される「音楽療法」の最前線! 子どもたちへの多彩なアプローチについて徹底取材!の画像
Upload By 林真紀

4. 教育現場での音楽療法の取り組み

また、ある公立小学校で音楽療法を取り入れ、効果が目に見える形で現れたケースもあります。

公立小学校の教育課程で音楽療法のセッションを取り入れることは難しいため、あくまで 「音楽療法の視点と技術」授業を行った例です。 この取り組みを行ったのは、音楽療法士の資格を持った小学校の音楽の先生です。この先生は、公立小学校の通常学級と特別支援学級の両方で、音楽療法の視点と技術を取り入れた授業を実施しました。

通常学級の授業では、暴力・暴言・立ち歩き等の問題行動が見られる児童が1人おり、この児童がいる学級において和太鼓などを使った音楽療法のセッションを20分間取り入れたそうです。その結果、この児童の問題行動が減ったと報告がなされていました。

また、特別支援学級では、「自立支援活動」の時間に、歌唱、手遊び、簡単な合奏、リコーダー奏などを音楽療法の視点と技術を使って行ったところ、普段姿勢が悪く、授業中も机に寝そべるような態勢をしていた児童の姿勢が改善し、授業に対するモチベーションの向上が見られたと報告がなされていました。

5日間の大会に参加して

5日間の大会で、音楽療法を発達障害児の療育に活用している沢山の方々にお話しを聞くことができました。音楽療法は療育としてはまだまだ発展途上と言われていますが、まさにこれから注目されていく分野ではないかと思いました。

大会の中で見ることのできた音楽療法のスライドや動画などをここで共有できないことが残念なほどです。

初めは床に寝そべって自分の世界に入っていたり、セッションの部屋に入ることすらも拒んでいたり…そんな子どもたちが、回を追うごとに、音楽に合わせて音楽療法士やグループのお友達と協力できるようになる姿に、私は都度心を打たれました。

かくいう私の7歳の息子も、自閉症スペクトラム・ADHDと診断を受けた3歳の時から、継続的に音楽療法のセッションを受けています。音楽療法について知らなかった時分は、「う~ん、なんだか怪しい…」と思っていたことは事実です。けれども、息子は音楽療法を受けて、確かに変わっていったと実感しています。息子が以前大嫌いだった「順番を待つ」「模倣をする」ということも、セッションを重ねることで難なくできるようになったのです。

データやエビデンスベースで見ると、まだまだ研究は発展途上なところもありますが、現場ベースで見たときに、「確かに効果がある」と感じている人は多いようです。

今後、音楽療法を用いた療育が日本で広がりを見せ、一人でも多くの子どもが、自分に適した支援を受けられるようになることを、願ってやみません。
嫌なことからは脱走!そんな息子を成長させた「音楽療法」とは?のタイトル画像
関連記事
嫌なことからは脱走!そんな息子を成長させた「音楽療法」とは?
「感覚統合」とは? 発達障害との関係、家庭や学校でできる手助けまとめのタイトル画像
関連記事
「感覚統合」とは? 発達障害との関係、家庭や学校でできる手助けまとめ
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Avatar11
Column title

あわせて読みたい関連記事

カナー症候群(カナー型自閉症)とは?アスペルガーとの違い、症状、年齢別の特徴、子育て・療育法を紹介!のタイトル画像

カナー症候群(カナー型自閉症)とは?アスペルガーとの違い、症状、年齢別の特徴、子育て・療育法を紹介!

「カナー症候群」とは知能や言葉の発達の遅れ(知的障害)を伴う自閉症の通称です。現在の医学的な診断名としては「自閉症スペクトラム」と呼ばれる...
発達障害のこと
34350 view
2017/06/21 更新
発達障害のある子どもを「通常学級」に入れるときに気をつけたい3つのポイントのタイトル画像

発達障害のある子どもを「通常学級」に入れるときに気をつけたい3つのポイント

お子さんが発達障害と診断されていると、小学校の進級先を「特別支援学級」にするのか、「通常学級」にするのか、すごく悩んでしまいます。生徒数も...
進学・学校生活
167750 view
2016/10/26 更新
脳性麻痺とは?どんな症状なの?いつ分かるの?治療方法はあるの?など徹底解説します!のタイトル画像

脳性麻痺とは?どんな症状なの?いつ分かるの?治療方法はあるの?など徹底解説します!

脳性麻痺とは、脳の損傷のために生じる運動と姿勢の障害です。どうして脳が損傷してしまうと運動や姿勢に影響が出るのでしょうか。脳性麻痺の原因や...
発達障害のこと
132962 view
2017/01/31 更新
知的障害の子どもの接し方は?子育ての困難と対処法まとめのタイトル画像

知的障害の子どもの接し方は?子育ての困難と対処法まとめ

知的障害のある子を育てる場合、どのような困りごとがあるのでしょうか? 知的障害の場合、個人差が大きいため症状や苦手なことは人それぞれですが...
発達障害のこと
46066 view
2017/01/30 更新
音楽療法とは?音楽療法を取り入れる目的・対象は?具体的な音楽療法の受け方までご紹介します!のタイトル画像

音楽療法とは?音楽療法を取り入れる目的・対象は?具体的な音楽療法の受け方までご紹介します!

音楽療法とは、音楽のもつリラックス効果やコミュニケーションを引き出す効果を利用することで、心身の障害の改善や生活の質の向上を目指していく療...
発語・コミュニケーション
44964 view
2016/12/27 更新

この記事を書いた人

林真紀 さんが書いた記事

問題なく見えれば支援はいらない?周囲の反対を押し切って通級を選択した我が家の理由のタイトル画像

問題なく見えれば支援はいらない?周囲の反対を押し切って通級を選択した我が家の理由

周囲との会話を聞きながら、ちょっと気になる「発達障害児=問題児」の構図。では、問題を起こさない発達障害児であればそれで良いのでしょうか?あ...
進学・学校生活
7869 view
2017/09/14 更新
息子を「かわいそう」にしていたのは誰?通級の選択を悩みぬいた私が気づいたことのタイトル画像

息子を「かわいそう」にしていたのは誰?通級の選択を悩みぬいた私が気づいたこと

発達障害のある息子と過ごしていて、「息子さんが発達障害でかわいそう」というような言葉を向けられることがあります。私はこの言葉に強い抵抗があ...
発達障害のこと
6861 view
2017/09/07 更新
療育にも活用される「音楽療法」の最前線! 子どもたちへの多彩なアプローチについて徹底取材!のタイトル画像

療育にも活用される「音楽療法」の最前線! 子どもたちへの多彩なアプローチについて徹底取材!

発達障害のある子どもの療育に、「音楽療法」を取り入れる動きが広がっています。今回、7月初旬に茨城県つくば市で開催された「世界音楽療法大会」...
学習・運動
11837 view
2017/08/31 更新
お友達のお弁当が床にガッシャーン!無関係の息子まで涙したそのワケとはのタイトル画像

お友達のお弁当が床にガッシャーン!無関係の息子まで涙したそのワケとは

発達障害児の特徴について説明されるときに、「人の気持ちを想像するのが苦手」ということをよく言われませんか?でも、そう決めつけてしまうのは早...
発語・コミュニケーション
12469 view
2017/08/24 更新
板書ができず周囲をキョロキョロ見回す息子。視覚検査でわかった意外な理由とはのタイトル画像

板書ができず周囲をキョロキョロ見回す息子。視覚検査でわかった意外な理由とは

授業参観での息子の様子を見て、「この子はもしかしたら物の見え方に困難を抱えているかもしれない…!?」とふと思った私。夏休みを利用して、「視...
学習・運動
12254 view
2017/08/10 更新
コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。