毎日カップ麺や冷凍食品。悩みながらも手を打てなかった娘の偏食に今変化の兆しが表れて…!

毎日カップ麺や冷凍食品。悩みながらも手を打てなかった娘の偏食に今変化の兆しが表れて…!のタイトル画像

小2で不登校、小3から引きこもり・昼夜逆転生活を送るようになったアスペルガーの娘。もともと味覚がとても鋭くスーパーのお惣菜も受け付けないのに、冷凍食品やカップ麺は大好き。アスペルガーとADHDを持つ料理が苦手な私が、栄養バランスは大丈夫かハラハラしつつもどう対応したのか、そして娘はどう変化していったかの体験談です。

0ca9277f91e40054767f69afeb0426711ca0fddd s
20485 View

食事にこだわりがある娘との生活

物心がつくころから娘は味覚が鋭く、食事にとてもこだわりを持っていました。私が作る料理も「これはイヤ」と一度言い出したら決して食べません。

こんな場合の常套手段である「ちょっとだけ食べさせて大げさにほめる」とか「細かくして他の料理に混ぜる」ということは思いつきはしたものの、実行には移せずじまい。

私自身がアスペルガー症候群で、演技のようなやり取りが苦手だったり、料理を上手にこなすことができなかったりしたことも関係していると思います。

娘は、スーパーのお惣菜を「薬品臭いにおいがする」「独特な味がしてイヤ」と受け付けないので、私は手抜きもできなくて常にイライラ。逆に、気に入った食材、たとえばお餅などは、1週間くらい食べ続けてみたり、また突然食べなくなったりといった調子で、どうしたらいいのかわからず、正直疲れ切っていました。

保育所に通うようになってからは、給食で栄養バランスが少しでも良くなればと気が楽になっていたのですが、小学校2年生からは不登校になって食事の管理がぜんぶ親にかかってくることになりました。

自分の食事も3食作れない私にとって、娘の栄養バランスを考えることは荷が重すぎて、それだけでイライラ・憂うつな気持ちでいっぱいでした。それに加えて不登校ならではの独特な問題が出てくるようになったのです。

娘の昼夜逆転生活。その食事はというと…

不登校になった子どもたちは心身ともに疲れ切っているうえに、学校に行けない自分を責めて、みんなが活動的に過ごす昼間に起きていることを苦痛に感じるようになるケースがよく見られるといいます。

それゆえ昼夜逆転の生活になることが多く、食事をとることにも意欲がなくなり、好きなものしか口にしなくなったり、まったく食べなくなったりすることもしばしばあるそうです。

娘も例にもれずきちんとした食事はしなくなり、カップ麺や冷凍食品、コンビニで売られているスパゲティやたこ焼き、レトルトハンバーグばかりを欲しがるようになりました。

初めのうちは私も「好きなものばかり偏って食べていて大丈夫なのかな?」「私が弁当を作って置いておかなくてはいけないんじゃないか」と思い詰めていました。しかし、次第に私自身が体調も崩してしまったので、それ以上の手間をかける気力もなく、何とかしたいと思ってもどうしようもない状況が続いたのです。

時がたつにつれ、娘に思わぬ変化が…

結局、娘には電子レンジと電気ポットの使い方を教え、好きな冷凍食品やカップ麺を買い置きして自分で好きに食べてもらうことにしました。一旦、それでいいと割り切ったのです。

様子を見ながら、私が家にいるときにガスコンロを使って袋ラーメンや、鍋で温めるタイプの冷凍食品を自分で作れるようにステップアップしていきました。

意外にも、娘はそうした生活を楽しんでいました。私の手を煩わせることなく好きなものを好きなときに食べられることは、「自分でも食べていくことができる」という自信を娘に与えたようです。

そしていつからでしょうか、次第に娘は料理に興味を持つようになりました。

ネットで見つけた料理マンガや動画サイトの料理実況動画が楽しかったらしく、マンガやスマートフォンを見ながら少しずつ料理をするようになったのです。中学生になってからはお菓子や家庭料理など、作れるレシピもどんどん広がり、さまざまな食材に自分から興味を持つようになりました。

食事へのこだわりは残っているけれど

娘は今でも冷凍食品もコンビニの食品も大好きで、それで食事を済ますことも多いです。スーパーのお惣菜もなぜか相変わらず苦手なまま。

だけど、料理に興味を持ったことで「世の中には食べてみると案外おいしいものがたくさんある」と知り、今ではずっといろいろなものを食べられるようになりました。

「これ、苦手だと思っていたけど食べてみたら案外おいしいなぁ」というのが口癖みたいになっている姿を見ると、娘の成長を実感せずにはいられません。

私も冷凍食品などに頼ることへの抵抗は薄れ、食べることを楽しめるようになった娘の様子を安心して見守ることができるようになりました。おそらく、娘のこだわりを否定するのではなく、それはそれで尊重しながら成長とともに経験を積んで変わっていくのを待つのがよかったのでしょうね。

また、我が家の場合は、不登校・引きこもりという体験を通して、心の状態と食べることが密接につながっていることを実感することができました。

本人が心地よく過ごせることを第一に考えて無理強いはしないこと。これが一番大切だと思っています。
超!偏食な娘と私の奮闘記―実は娘の好き嫌いにはある法則が…?のタイトル画像
関連記事
超!偏食な娘と私の奮闘記―実は娘の好き嫌いにはある法則が…?
子どもの偏食、好き嫌い…そこには「見えない理由」がありましたのタイトル画像
関連記事
子どもの偏食、好き嫌い…そこには「見えない理由」がありました
「好き嫌い、恥ずかしいよ!」と怒鳴っていた私。息子の偏食がきっかけで…のタイトル画像
関連記事
「好き嫌い、恥ずかしいよ!」と怒鳴っていた私。息子の偏食がきっかけで…
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

この記事を書いた人

ヨーコ さんが書いた記事

子どもが病院を嫌がったときは「代理受診」を。病院とつながり続けるメリットとは?親のケアや将来の年金にも関わる!?のタイトル画像

子どもが病院を嫌がったときは「代理受診」を。病院とつながり続けるメリットとは?親のケアや将来の年金にも関わる!?

わが子が不登校になったとき、病院へ連れて行くという人も多いと思います。うちの場合も、娘を幼児期から知る私の主治医から「すぐに児童精神科にか...
自分と家族のこと
9047 view
2018/08/10 更新
化粧は超苦手!職場はトラブルだらけ。アスペルガーでADHDな私がみつけた、生き抜くための対処法とは?のタイトル画像

化粧は超苦手!職場はトラブルだらけ。アスペルガーでADHDな私がみつけた、生き抜くための対処法とは?

発達障害のある人にとって「社会人になる」ということは大変なことです。それまでは学校という守られた環境のなかで、親の庇護のもと生きてきたのに...
将来のこと
16010 view
2018/07/10 更新
わが家は母娘ともアスペルガーでネット依存症。落ち込む私を救った、医師や娘の言葉とは…?のタイトル画像

わが家は母娘ともアスペルガーでネット依存症。落ち込む私を救った、医師や娘の言葉とは…?

現在高1の娘は小2から不登校でアスペルガー。ネットやゲームへの依存、1日25時間周期で睡眠時間が回転していく概日リズム睡眠障害があります。...
身のまわりのこと
23198 view
2018/06/09 更新
Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。