バレンタインの思い出は甘い?ほろ苦い?発達ナビユーザーの体験談をご紹介します!

バレンタインの思い出は甘い?ほろ苦い?発達ナビユーザーの体験談をご紹介します!のタイトル画像

もうすぐバレンタイン!発達ナビでは2月4日~2月15日の期間に「みんなのアンケート」で発達ナビのユーザーの皆さんにバレンタインについてのエピソードを募集しています。ほんのり苦い失敗談から心温まる思い出まで、バレンタインにまつわるエピソードをご紹介します。

405c42a57c55f9dde82592669c6029c7e9b3928d8baf977d8b8f50be52cbb402 s
1569 View

皆さんのバレンタイン体験談、発達ナビユーザーに聞きました!

チョコレート売り場やCM…街にバレンタインムードが漂い始める2月。発達ナビユーザーの皆さんは今年のバレンタイン、どう過ごされる予定ですか?

今回2月1日~2月15日の期間に発達ナビ「みんなのアンケート」コーナーにて、
「発達障害がある人にとって、バレンタインはハードル高い?みんなの体験談を教えて!」
というテーマでアンケートを行い、たくさんの回答が集まりました。

ご協力くださった皆さん、ありがとうございました!集まった声の中には「こんなところに困り感を抱えている」「わが子の特性をこのように活かして楽しんでいる」といった、個性的な回答がたくさんありました。次の章からは、皆さんの声の中から編集部が抜粋してご紹介します!

気が付いた時にはギリギリ!?バレンタインの日付を忘れがち…

アンケートの回答の中でバレンタインの困りごとの中で多く見受けられたのが「日付を忘れてしまう」というものでした。

イベントは嫌いじゃなく、プレゼントあげたり貰えたりで嬉しいです。でも、よく日にちを忘れる。用意し忘れる。ギリギリ。相手に先に貰って申し訳なかったり。

出典:https://h-navi.jp/descriptive_surveys/139

私はとにかくキャパが小さいので、イベントをすぐ忘れます。
なのでバレンタインやクリスマスのように事前の準備が必要な事は、日常生活をしながらも忘れないようにしないといけないのでものすごく疲れます。

出典:https://h-navi.jp/descriptive_surveys/139
バレンタインに限らず、クリスマスや誕生日などのイベントの日付も忘れてしまい、見過ごしてしまいがちという声。関心がないわけではない、でもついつい忘れてしまう…というのが難しいところですよね。

チョコはつくる派!特性が活かせたところ、困ったところ

バレンタインのチョコは手作り、という人も多いようです。

普通の食事よりもお菓子作りの方がきちんと分量が決まって書かれているので、上手に作れます🍫❤️

出典:https://h-navi.jp/descriptive_surveys/139
ほかの料理に比べてお菓子作りはきちんとした計量や決まった手順に従うことが成功のコツになってくるので、あいまいさがなく、作りやすいという声が挙がりました。一方で、自分の特性ゆえの失敗をしてしまったという声も。

18歳の頃、チョコレートタルトを作りました。
さすがアスペルガー、本・レシピがあれば上手に作れます。

記載してあるのが4人分のレシピだとは気づけなかったのも、これまた視野の狭さ故でしょうか。

もともと1人にしかあげるつもりはありませんでしたが、相当量が完成してしまったので他のお友達にもあげることになりました。

出典:https://h-navi.jp/descriptive_surveys/139

毎年手作りしてます。きっちり測れるので作ることは苦じゃなくむしろ趣味になるくらいなのですが、片付けまで集中が持たずにキッチンが荒れたままになるのがお約束です。
今年は食洗機があるけれど果たしてどうなるだろうか。

出典:https://h-navi.jp/descriptive_surveys/139
多くつくりすぎてしまう、片付けが苦手といった困りに対して、ほかのお友達に配ったり食洗機を用意することで対応しているようです。苦手なところをカバーする方法を見つけて、バレンタインのお菓子作りを楽しみたいですね。

チョコは買う派!特性ならではの困りごとは...?

チョコレートはお店で買うというみなさんも。こちらはお店で買うのが大変という意見もセットの回答が多かったです。

イベントとして盛り上がれるので楽しいのです、・・・が。半面チョコ選びと買うときが非常に疲れます。
(中略)
売り場はたいていごった返していて、店員さんから勧められる、他のお客さんがいっぱい、見たいのに順番待ち、さっき見て保留にしていたののが次に戻ると売り切れている・・・等、苦手なシチュエーションのオンパレード。

買い終えたころには、つい気に入ってくれるか買い忘れがないかが、不安で買いすぎてしまってたりしているし、吐き気と頭痛がするくらい、ぐったり疲れてます。(苦笑)

出典:https://h-navi.jp/descriptive_surveys/139
人込みや順番待ち、売り切れによる予定変更など、発達障害のある人にとっては苦手なシチュエーションも多いチョコレート売り場。この時期になるとチョコレートを買いすぎてしまうという体験談もありました。

義理チョコって面倒?義理からつながるコミュニケーションも

興味がない、面倒という理由でバレンタインを敬遠する声も多くありました。中でも職場などでの義理チョコについては賛否が分かれるところ。義理チョコトラブルに関するこんな失敗談もいただきました。

空気が読めなくて、単純に親切な人が多かった職場の男性陣が喜べばと思い、少量のチョコを差し入れ感覚で配ったところ、喜んだある上司がなぜか女性全員に過剰なお返しを。
翌年女性陣は去年もらっちゃったしとバレンタインをやらざるを得なくなり、せっかく義理チョコ習慣のない会社だったのにと主婦勢やお返し面倒な男性からは恨まれる羽目に。
よかれと思って周りや一歩先の展開が読めないゆえの苦い失敗でした。

出典:https://h-navi.jp/descriptive_surveys/139
感謝の気持ちを表すつもりがトラブルの原因になってしまうのは残念ですよね。でもそんな義理チョコから生まれた温かい思い出も寄せられました。

独身時代、勤務先の、自分の所属している課の方々に、『義理チョコ』を渡しました。私としては、『日頃お世話になりますチョコ🙇』として渡したのですが、うち一人の上役が、昔かたぎの人で『こういうものは、本当に好きな人に渡すものだ』と、小言を言われました😅
結局、受け取っては下さり、お返しも頂きました。

今私は、主人と、渡しても実家の父だけに、ちょっぴり高価な、主人の好きなブランドのチョコを、私のお小遣いからプレゼントしています。結果的には、昔上役に言われた通りになりました。
小言を言われたことも、今では懐かしい思い出です。

出典:https://h-navi.jp/descriptive_surveys/139

高校生の頃、学究肌の校長先生に憧れていた。「でも、チョコって感じじゃないなぁ…」と思い、干菓子を綺麗にラッピングして校長室に突撃。

その場でお茶を淹れてもらい、まったり干菓子つまみつつ、現代歌壇に関しての個人講義をしばし受けた。刺激的な時間だった。

出典:https://h-navi.jp/descriptive_surveys/139
義理チョコを面倒に感じることはあっても、感謝の気持ちを表したり、コミュニケーションのきっかけになったりすれば、より良い思い出になりますよね。

男の子でも、やっぱり気になるバレンタイン♡

女の子が主役のイベントとしての印象が強いバレンタイン。けれども、男の子の中にはバレンタインを意識して、チョコレートをもらいたいのはもちろん、あげたいと思う子もいるそうです。

男子なのですが、バレンタインにお友達(男女問わず)にあげたがる笑
手作りクッキーの計画を1カ月前くらいから楽しそうに話します。
純粋がゆえですね。
あげた女子にひかれたこともあります^^;

出典:https://h-navi.jp/descriptive_surveys/139
チョコレートをもらった男の子の体験談もいただきました。

ぼんやりの「ぼーちゃん」の自閉君の息子はいつもニコニコ、闘争心も薄く、マイペースな子。
恐竜や爬虫類の名前は憶えられても、お友達の名前は覚えられない。去年、バレンタインに「ありがとう」のメッセージカードのついたチョコとクッキーをもらって帰ってきた。

(中略)

「学校でもらった」とのことなので、申し訳ないが、連絡帳に書いて先生にお尋ねした。「ああ、5年生の子です。(息子くん)名前、憶えてなかったんですね。ちょっと、クラスで上手くいかなくて、支援クラスの子ではないんですが、一時的に支援クラスで授業を受けていた子なんです。(息子くん)休み時間になるとなぜか、いつもその子の隣に行ってで黙って本を読んでて・・・一回、何でなのか聞いたんです。そしたら「寂しいならないように」って。それが、5年生の子はすごくうれしかったそうで、「何かお礼をしたいって。」

スポーツができるわけではないし、頭がいいわけでもない。
超イケメンなわけでもないけど、こういう風にバレンタインをもらってきた息子を誇らしく思いました。

出典:https://h-navi.jp/descriptive_surveys/139
親の立場からは気付かない、子どもの一面を垣間見る機会となる素敵なエピソードですね。

まとめ

他にも、バレンタインをきっかけに思いを伝えるということに関して、以下のような声をいただきました。

片思いの相手にチョコは渡すドキドキ、渡すまでのアレコレじたばた、それは、障害ある無し関係なく、ハードル高い気がします。

出典:https://h-navi.jp/descriptive_surveys/139

言葉で伝えるのが苦手な人は、黙ってチョコレートを渡す。という作戦?もアリ。で、もしかしたら、バレンタインの方が告白しやすいのかなぁ。

出典:https://h-navi.jp/descriptive_surveys/139
「好き」や「ありがとう」を示すのは誰でも少し勇気がいるもの。でも、バレンタインというイベントが、ほんの少しの勇気を出すきっかけになることもあるかもしれません。

一人ひとり、自分なりの方法でバレンタインを楽しめるといいですよね。

※2月14日までアンケート実施中です。是非みんなの回答を見たり、ご自身のエピソードを投稿してくださいね!
バレンタインはお料理デビューにぴったり!?広汎性発達障害の娘の手作りチョコ大作戦♡のタイトル画像
関連記事
バレンタインはお料理デビューにぴったり!?広汎性発達障害の娘の手作りチョコ大作戦♡
約700名の保護者が回答!女の子の発達障害、学校や友達との関係、身だしなみの悩みや解決策は?のタイトル画像
関連記事
約700名の保護者が回答!女の子の発達障害、学校や友達との関係、身だしなみの悩みや解決策は?
約450名の当事者が回答!女の子の発達障害、勉強や仕事、恋愛、交友関係など悩みや解決策は?のタイトル画像
関連記事
約450名の当事者が回答!女の子の発達障害、勉強や仕事、恋愛、交友関係など悩みや解決策は?
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。