発達障害がある大学生が困ったときに頼れる「学生相談室」とは?学校生活から恋愛の悩みまで相談できる場所

発達障害がある大学生が困ったときに頼れる「学生相談室」とは?学校生活から恋愛の悩みまで相談できる場所のタイトル画像

学生相談室は、恋愛などの悩みごとから合理的配慮などの学内の調整が必要なことまで、学生生活におけるどんな困りごとにも対応してくれる学内の相談機関です。この記事では、発達障害の傾向がある大学生が直面しがちな問題から学生相談室の対応例まで紹介します。

405c42a57c55f9dde82592669c6029c7e9b3928d8baf977d8b8f50be52cbb402 s
発達ナビ編集部
12369 View

自立が求められる大学生活...発達障害の傾向がある大学生が直面する問題とは?

受験勉強を終え、待ちに待った大学生活。入学直後は新歓期で食事会に誘ってもらえたり、クラスの友達ができたりと楽しいことも多いですが、新たな環境の変化にともなって、さまざまな悩みも生じてくる時期です。

高校までは先生や保護者が学業や生活を指導してくれますが、大学入学後はひとり暮らしが始まったり、履修登録をしたりと、自分で自分を管理する度合いが増えていきます。

それに伴って発達障害の傾向がある学生は、履修計画が立てられない対人関係がうまくいかない講義ノートがうまくとれないなどの困難に直面してしまいがちです。

その結果、大学に通うのが億劫になってしまい単位の取得が難しくなったり、気分が落ち込んでしまいうつ病などの二次障害が生じてしまう可能性もあります。

このような深刻な状況におちいる前に、身近なところで悩みを解決できればいいですよね。

今回は学生にとってはもっとも足を運びやすい相談機関であり、学生生活をサポートするために設置されている学生相談室について紹介します。

学生相談室ってどんなところ?

学生相談室とは?

ほとんどの大学において、学生相談室や学生相談センターなどの名称のもとに、学生が困ったときに相談する機関が設けられています。今回は、こうした学内の相談機関について説明していきます(以下、学内の相談機関を「学生相談室」と統一表記します)。
学生相談室では、履修関係の困りごとなど学内のことだけでなく、勉強の仕方や恋愛の悩みごとまで、さまざまな困りごとに対応してくれます。障害の有無に関係なく、学生なら誰でも相談可能です。大学によっては臨床心理士や弁護士による無料相談を行っているところもあります。

学生相談室の特長としては、基本的にはキャンパス内にあるため公的な相談機関や病院などと比べると足を運びやすいこと、無料で相談できること、多くの学生の悩みに対応してきた蓄積があることなどが挙げられます。

合理的配慮を求めたいときにも力になってくれる

合理的配慮とは、障害のある人が障害のない人と平等に人権を享受し行使できるよう、一人ひとりの特性や場面に応じて発生する障害・困難さを取り除くための、個別の調整や変更のことです。

合理的配慮の提供は「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(通称「障害者差別解消法」)により、国立大学では義務、公私立大学では努力義務となりました。

そのため、発達障害の傾向やその二次的障害による困りごとがあり、大学側になんらかの合理的配慮を求めたいときは、その窓口としてまず学生相談室に相談することをおすすめします。
合理的配慮とは?考え方と具体例、障害者・事業者の権利・義務関係、合意形成プロセスについてのタイトル画像

関連記事

合理的配慮とは?考え方と具体例、障害者・事業者の権利・義務関係、合意形成プロセスについて

場面別の困りごとと、学生相談室の対応例

ここでは、日本学生支援機構が公開している情報をもとに、発達障害の傾向のある学生が直面するよくある困りごとと、学生相談室の対応例を場面別に紹介します。

履修登録

■進級・卒業のための適切な履修登録ができない
【対応例】優先度の高い必修などの講義から優先的に割り当てていくようにそのつど指導をする

■無理な時間割を組んでしまい、結果的に講義に出られなくなってしまう
【対応例】支援担当職員などが余裕をもった時間割を組むようにアドバイスをする

講義・演習

■文字を読むのが困難
【対応例】資料の電子データを提供する

■文字を書くのが困難
【対応例】パソコンの持ち込みを許可する

■講義に注意を向け続けること・ノートとることが困難
【対応例】講義の録音を許可する、配布資料の受け渡しをする

■講義に遅刻してしまう
【対応例】ビジネス手帳などの手帳、スマートフォンのスケジュール管理機能やアラーム機能の利用などによる時間管理スキルを指導する

成績評価

■文字が読めない
【対応例】試験時間を延長する、問題文の電子化をする

■文字が書けない
【対応例】パソコン筆記での解答を許可する、口述試験に変更する、レポートなどの代替課題を出す

■試験日時を間違える
【対応例】個別に注意を喚起・伝達する

■期限までに課題提出できない
【対応例】提出期限を延長する

■試験中に集中できない
【対応例】別室受験を許可する

生活面

■自分に必要な支援を説明できない
【対応例】本人の同意のもと、どのような支援をどのように要請すると良いのかを指導する

■サークルや下宿での人間関係に問題が生じる
【対応例】本人の同意のもと、障害を公表し周囲に理解を求める。カウンセラーなどによる心理カウンセリングをする

■その他日常生活で生じる問題
【対応例】定期的な面談を継続することで、カルト被害や健康管理などが適切に行われているかを確認する。学外の専門家や発達障害者支援センターなどの専門機関を紹介する。保護者との連携をする
以上の対応は、あくまで対応例であって、全ての大学で同じように対応するとは限りません。必要な支援や具体的な方法は一人ひとり違います。また配慮をする側にも人手が足りなかったり、金銭的資源に限界がある場合もあります。過度な負担とならないよう、実現可能な配慮を検討していく必要があります。

そのため、具体的にどんな合理的配慮が必要かつ実現可能か、本人と周りの人たちが対話をしながら決めていくことが大切です。

配慮を求めるにあたって、障害者手帳や医師の診断書などの根拠資料を提出すると支援がスムーズです。とはいえ、根拠資料がない場合も配慮が受けられることもありますので、まずは学生相談室に相談してみましょう。

その他、具体的な対応例については以下のリンクで確認できます。

学生相談室以外の相談場所

相談窓口

■障害学生支援課
大学によっては、障害学生支援課などの名称で、障害がある学生の対応に特化した機関がある場合があります。学生相談室のなかに組み込まれていることも、学生相談室とは別に設置されていることもあります。もし、ご自身に発達障害の傾向があり、所属する大学に障害学生支援課が設置されている場合は、より専門的な支援を受けられる可能性があるので、こちらに相談されることをおすすめします。

■地域の発達障害者支援センター
発達障害者支援センターとは発達障害のある子ども、大人、またその関係者をサポートするための専門機関です。現在は全国に67のセンターがあり、保健・医療・教育・福祉などの機関と連携を取りながら、発達障害のある方やご家族からの相談に応じています。

以下のリンクから、全国の発達障害者支援センターを検索できます。
発達障害者支援センターについての詳細は以下の記事をご覧ください。
発達障害者支援センターってどんな場所?利用方法とサービス内容、専門機関との連携は?のタイトル画像

関連記事

発達障害者支援センターってどんな場所?利用方法とサービス内容、専門機関との連携は?

当事者のコミュニティ

■学生団体
大学によっては、障害がある学生が集まるコミュニティやサークルがあることも。当事者ならではの目線からアドバイスしてもらえます。学内にそのようなサークルがあるかどうか、サークル一覧の冊子や学生相談室に聞いて探してみるのもひとつの方法です。

参考までに、大学生の発達障害当事者コミュニティBeU(ビーユー)では、発達障害の当事者の交流会や啓発活動、勉強会を行っています。
発達障害がある大学生が困ったときに頼れる「学生相談室」とは?学校生活から恋愛の悩みまで相談できる場所の画像
誰もが個性を最大限発揮できる社会をつくる|BeU
Upload By 発達ナビ編集部
ただし、当事者団体等のコミュニティの中には、マルチ商法などの勧誘目的の団体が混ざっている場合もあり、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあります。少しでも違和感を感じたら、学生相談室や周りの人に相談してみましょう。

■患者会・当事者会
同じ病気や障害がある人たちが集まり、情報交換や交流などの活動を行います。悩みの共有や症状への対処法などをシェアできる場は、精神的な支えにもなります。医師や発達障害者支援センターが患者会を紹介してくれることもありますが、インターネットで探してみてもよいでしょう。
          
■LITALICO発達ナビ内のQ&Aページやコミュニティコーナー
当サイトのQ&Aページでは投稿者の一つひとつの相談に対して他のユーザーさんから回答が集まります。コミュニティコーナーでは、共通点のあるユーザーが集まり気軽に色々な話題で話ができます。ご自身のアカウントをつくることで、無料ですべてのページを閲覧できます。

まとめ

自発性が急に求められるようになる大学生活にとまどう方も多いのではないでしょうか?

学生相談室では、なんとなく漠然とした不安があるけれども自分では説明が難しいという場合でも、その旨を伝えれば自分が一体何に困っているのか、どうすれば解決できるのか一緒に考えてくれます。

まずは足を運ぶことが、解決に向けてのきっかけにもなりますので、悩みごとがあるときは学生相談室に相談してみましょう。
アスペルガーの私が、大学生活で手に入れたかけがえのないモノ。のタイトル画像

関連記事

アスペルガーの私が、大学生活で手に入れたかけがえのないモノ。

新生活!ADHDがある大学生の引っ越し、一人でできる?ADHDならではの苦手と対策を親子で確認!のタイトル画像

関連記事

新生活!ADHDがある大学生の引っ越し、一人でできる?ADHDならではの苦手と対策を親子で確認!

[第2回]人生の転機。ずっと「クラスで浮いてるヤツ」だった僕も理系の大学では「普通」だった。のタイトル画像

関連記事

[第2回]人生の転機。ずっと「クラスで浮いてるヤツ」だった僕も理系の大学では「普通」だった。

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!のタイトル画像

【図解】発達障害とは?もし「発達障害かも」と思ったら?分類・原因・相談先・診断についてイラストでわかりやすく解説します!

発達障害は外見からはわかりにくい障害です。定義や特徴も複雑で、イメージしにくいかもしれません。この記事ではイラスト図解で、発達障害にはどん...
発達障害のこと
51030 view
2018/08/28 更新
ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめのタイトル画像

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめ

ADHDは不注意、多動性、衝動性の3つの症状がみられる発達障害のひとつです。注意欠如・多動性障害とも呼ばれます。子どもの20人に1人、成人...
発達障害のこと
4405968 view
2017/08/30 更新
自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは、自閉症やアスペルガー症候群などが統合されてできた診断名です。コミュニケーションに困難さがあり、限定さ...
発達障害のこと
2137188 view
2016/09/29 更新
【図解】学習障害(LD)とは?イラスト図解でポイントを解説!のタイトル画像

【図解】学習障害(LD)とは?イラスト図解でポイントを解説!

学習障害(LD)がある子どもはどのような状態で、何に困っているのかご存知ですか?イラスト図解とポイント解説で、学習障害とはどんな障害なのか...
発達障害のこと
26695 view
2018/09/06 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。