リスク回避より、息子の望む高校生活が欲しいだけ!!頼りの病院の対応は?

リスク回避より、息子の望む高校生活が欲しいだけ!!頼りの病院の対応は?のタイトル画像

中学生のとき、クモ膜下出血から高次脳機能障害という後遺症を負った息子リク。なんとか高校生になれたものの、後遺症の「リスク回避」のために授業や行事に制限が…。リクが参加するための条件として、医師の許可をもらわなくてはならなくなったのですが…。「大人の事情」の渦中で、リクが苦しむことになるなんて…。

06429be0fbec18f9fda06c1a81d1dbaf0e3e32e4a658b34c83b89e2864fb3c54 s
18966 View

「普通の高校生活」を送るために、病院へ

学校から、高次脳機能障害の後遺症の悪化を避けるため、体育の授業も部活動も、果てには自転車通学も「ご遠慮いただきたい」と言われてしまった私たち。

確かに「もしも」を考えると不安はありますが、けがをした後も中学校では、周りの友達と同じように過ごしていました。それが、高校に入って状況が変わってしまったのです。体育も部活動も自転車通学も…ごく普通の活動をさせてもらうために、ハードルがあるなんて、思ってもみませんでした。
高校のリスク対応に号泣!「もしも」は怖いけど…高次脳機能障害の息子が大切にしたい「今」のタイトル画像
関連記事
高校のリスク対応に号泣!「もしも」は怖いけど…高次脳機能障害の息子が大切にしたい「今」
リクの望む高校生活を得るため、高校に指示された「医師の許可」の書類をもらうべく、病院の発達支援コーディネーターさんと診察室に入りました。

あれもこれもダメ出し!リスクばかりを懸念する主治医

リスク回避より、息子の望む高校生活が欲しいだけ!!頼りの病院の対応は?の画像
Upload By ひらたともみ
リスク回避より、息子の望む高校生活が欲しいだけ!!頼りの病院の対応は?の画像
Upload By ひらたともみ
リスク回避より、息子の望む高校生活が欲しいだけ!!頼りの病院の対応は?の画像
Upload By ひらたともみ

「お母さん、目立たない方がいいよ」に激怒。これは私たちの意思なんだ!

主治医は何を言っても首を縦に振りません。

ついには、こんな言葉を私に投げかけてきました。
リスク回避より、息子の望む高校生活が欲しいだけ!!頼りの病院の対応は?の画像
Upload By ひらたともみ
リスク回避より、息子の望む高校生活が欲しいだけ!!頼りの病院の対応は?の画像
Upload By ひらたともみ
リスク回避より、息子の望む高校生活が欲しいだけ!!頼りの病院の対応は?の画像
Upload By ひらたともみ
リスク回避より、息子の望む高校生活が欲しいだけ!!頼りの病院の対応は?の画像
Upload By ひらたともみ

禁止ばかりの高校生活は「空っぽだ…」。かけがえのない経験をさせてあげたいけれど

リスク回避より、息子の望む高校生活が欲しいだけ!!頼りの病院の対応は?の画像
Upload By ひらたともみ
悲しかったです。心の底から悲しみであふれ、しばらく食事も喉を通らないほどでした。
 
リクが昨年、外傷性クモ膜下出血で入院したとき、確かに医師に「二度めはダメだよ!当分は慎重にね」と言われました。再び頭部を強打したり、脳に強い揺さぶりがあると、後遺症の症状も重くなるケースが多いそうです。私もリクもそれは十分に理解しています。

ですが、15歳の息子に好きなスポーツを禁じ、転倒を恐れて自転車を禁止し、限られたことをこなしていくような生活が、本当にいいのか。リクは今、体だけでなく心も成長しているまっただ中で、リスク回避ばかりの「安全」は、決して幸せな高校生ではないような気がしてなりませんでした。

リクがけがをし、高次脳機能障害を負ってから、高校や病院だけでなく、かかわったすべてのものに、不信感を抱くようになりました。

「もしも」の責任の所在など、リクも私たち家族も正直、どうでもいいのです。
 
「●●病院なら書いてくれるんじゃない?」と言ってみたり、意見すると「お母さんは目立たない方がいい」と言ったり…。私の不安な気持ちをあおり、対応から逃げようとする姿勢が、悲しみを大きくさせた気がします。

結局、そんな不信感からいまだ脱することができず、「コーディネーターさんに高校とのパイプ役になってもらったら?」という提案もお断りしました。そして主治医に「●●病院で書いてもらえば?」と言われた病院にも行けずにいます。

結局リクは、体育の参加も自転車通学も認めてもらえず、毎日私の送迎で登校し、体育は見学で過ごしています。しかし、以前のように不満を吐くこともありません。それがなんだか、もの寂しくもあります。

「学校はどう?」と先日聞いたら、たった一言「空っぽだ…」と言って自分の部屋に行ってしまいました…。

その肩を落とした後ろ姿が、私の脳裏に焼きついて、悩み、考えあぐねている日々です。
「学校に行くだけで精一杯」高次脳機能障害のLD息子の頑張りに、涙のタイトル画像
関連記事
「学校に行くだけで精一杯」高次脳機能障害のLD息子の頑張りに、涙
くも膜下出血の後遺症に悩むLD息子。障害と向き合うために選択した「アンサー」とは…!?のタイトル画像
関連記事
くも膜下出血の後遺症に悩むLD息子。障害と向き合うために選択した「アンサー」とは…!?
先生たちの善意の「配慮」が、発達障害の息子を苦しめていたと知ったときのタイトル画像
関連記事
先生たちの善意の「配慮」が、発達障害の息子を苦しめていたと知ったとき
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。