これぞ「旅育」!?社会のテストは赤点だらけ…ADHD息子、子ども時代の旅行経験が高校生で開花!

これぞ「旅育」!?社会のテストは赤点だらけ…ADHD息子、子ども時代の旅行経験が高校生で開花!のタイトル画像

ADHDと軽度の広汎性発達障害がある息子リュウ太は、「社会科」が苦手。特に地理にはまったく興味が持てないようでした。

ところが、高校生になった頃、家族で訪れた日本各地の風景を思い出し…。がぜん興味を持つようになってきたのです…!

Bfaa1ffd2bc76d400ac050a9be037c2b5114018d s
14276 View

社会科はいつも20点前後…机上の勉強では興味が持てず

これぞ「旅育」!?社会のテストは赤点だらけ…ADHD息子、子ども時代の旅行経験が高校生で開花!の画像
Upload By かなしろにゃんこ。
旅行でのさまざまな体験は、子どもの好奇心を刺激したり、視野を広げたりしてくれますよね。旅を通して子どもの力を育むことを「旅育」というそうです。

わが家の家族旅行にもそんな効果があったのかと、数年たってから気づいたことがありました。

ADHDがあるリュウ太が小学生だった頃…興味のない授業のときは、廊下に寝そべってボンヤリと先生の話を聞くという怠惰さでした。中学生になると、さすがに廊下に寝そべることはないものの、机に突っ伏して寝ていました。

特に興味がない教科は「社会科」!地理も歴史も自分には一生縁のないものとでも思っているのか、テストでは20点前後をいったりきたり…トホホです。

都道府県の位置もちゃんと覚えていないので、福岡と福島と福井をよく間違えていました。

高校生になって開花!?家族旅行で訪れた土地への興味が突然わきはじめた

これぞ「旅育」!?社会のテストは赤点だらけ…ADHD息子、子ども時代の旅行経験が高校生で開花!の画像
Upload By かなしろにゃんこ。
そんなリュウ太に変化が出てきたのが高校生になってから!バイト代で夜行バスや新幹線で地方に遊びに行くことが増えてきて行動範囲が広がったからでしょうか…。

ある日突然、小学校の頃に連れていった遠方の観光地について「あそこは何県のどこだったの?今度、行ってくる」と言い出しました。

小さい頃の旅の記憶なんてたいして覚えていないだろう…と思っていたのですが、聞いてみると、世界遺産の白川郷や、飛騨高山で食べた飛騨牛のジューシーさをよく覚えているというのです。

ほかにも、訪れた観光地の建物や滝、川に入ったときの冷たさや田畑の美しい景色もよく覚えているようです。「あの川はなんていう川だったの?あの建物は何県にあるの?今の自分なら一人で行けるんじゃない?」と、もう一度見てみたくなってきたと言うのです。

訪れた場所は、五感で覚えている

これぞ「旅育」!?社会のテストは赤点だらけ…ADHD息子、子ども時代の旅行経験が高校生で開花!の画像
Upload By かなしろにゃんこ。
当時は、怠そうにしている様子を見て、「仕方なくついてきているのかな?この子は自然に興味ないのかな?」と思っていたので、思いのほか息子の心に刻まれていて、うれしくなりました。

「あのとき食べたアレをもう一度食べたい」「あの電車にまた乗りたい」など、家族旅行で訪れた場所を懐かしんだり、観光地の美しさや名産をようやく理解したりしてくれたよう。あははは、やっとだわ~(涙)

地理に興味がなく机上の勉強ではなかなか覚えられなかった息子ですが、家族旅行を思い出し、今度は自分で訪れる計画を立てることで、日本各地の特色や名産などに興味を持って、調べるようになりました。

自分から気候や特色まで調べるように!

これぞ「旅育」!?社会のテストは赤点だらけ…ADHD息子、子ども時代の旅行経験が高校生で開花!の画像
Upload By かなしろにゃんこ。
いろんな観光地に連れて行ったことがきっかけで「好きなところ」が増えてくれるのは嬉しいものです。

20歳になった今は、郷土愛が強くなったのか?自分が住んでいる県の地域ごとの特色や、難読地名情報を調べるのも好きになっていきました。地元あるあるのディスりネタを言っては面白がっています(これも郷土愛が強いせいとしておこう…)。

また、日本各地の気候の特色などにも少しずつ興味を持っていったようで、ネットで各県の情報などをチェックしては、面白いネタを私にも教えてくれます。

まだまだ歴史まで興味は広がっていませんが、ようやく苦手教科と向き合いだした感じでしょうか?

旅行がきっかけで、いろんなことを調べたり、考えたり、人に伝えられるようになったり。旅って子どもを育ててくれてたんだなぁと思いました。

それにしても子どもの頃の家族旅行が、高校生になってからの学びにつながるとは…時間差に驚きつつも、何がきっかけで興味が出てくるか本当にわからないものだな~とうれしく思いました。

このコラムを書いた人の著書

うちの子はADHD 反抗期で超たいへん! (こころライブラリー)
かなしろにゃんこ。
講談社

告知!かなしろにゃんこ。が「LITALICOワークス」をルポします

これぞ「旅育」!?社会のテストは赤点だらけ…ADHD息子、子ども時代の旅行経験が高校生で開花!の画像
Upload By かなしろにゃんこ。
障害がある子どもや大人の支援の現場を取材したマンガルポを、「実践障害児教育」(学研プラス刊)で隔月連載しています。

1回目のレポートは、”障害がある人の就職支援をしている「就労移行支援事業所」はどんなところ?”と題して、
「LITALICOワークス柏」のセンター長や利用者にインタビュー!「支援ってどんなことをしているの?」を、6月号、8月号、10月の3回にわたってマンガで紹介します。是非読んでくださーい♡
実践障害児教育 2018年 06 月号
学研プラス
「勉強はクソだ!」なADHD息子が、8時間机にカジりついてる…その訳は?のタイトル画像
関連記事
「勉強はクソだ!」なADHD息子が、8時間机にカジりついてる…その訳は?
【発達凸凹男子、12才】小学校の学び方が合わなかった僕が、中学受験に合格し、勉強が好きになったワケのタイトル画像
関連記事
【発達凸凹男子、12才】小学校の学び方が合わなかった僕が、中学受験に合格し、勉強が好きになったワケ
当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
Column title

あわせて読みたい関連記事

Area search

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。