【発達障害 子育て】「できない」不安ばかりだった育児、いちばん成長を感じた涙の運動会のこと

ライター:SAKURA

広汎性発達障害の娘は、現在小学2年生。周りと比べてゆっくりマイペースな娘。でもだからこそ、娘の成長は、私にとって一つひとつがとても大きく、嬉しいものなのです。その中で一番成長を感じることができたのは、幼稚園の運動会でした。

マイペースな広汎性発達障害の娘、幼稚園の運動会で毎年親はドキドキ…

幼稚園入園時、言葉がほとんど出なかった娘。

年少さんのときは、先生の指示もほとんど聞き取れず、補助の先生に手を引かれながらの運動会でした。感想を聞いても、会話にならず、運動会というのをわかっているのか?というような状態でした。
年少さんの時は感想の言えなかった娘
Upload By SAKURA
年中さんになると運動会というものをしっかり理解した様子の娘。1年前とはうって変わってやる気満々。整列、行進、競技などは、笛の合図にきちんと反応し、想像していたより頼もしい姿を見ることができました。
年中では頼もしい姿を見ることができた
Upload By SAKURA
しかし、たびたびマイワールドに入ってしまう状態で、先生の声掛けはまだまだ必要でした。

年長さんの運動会では組体操に挑戦するのに、大丈夫なの⁉︎

そして、幼稚園最後の運動会。

娘の幼稚園では、年長さんが運動会で必ず『組体操』をすることになっていました。この組体操…娘が年少さんのときに初めて見た私は、難易度に驚きました。
組体操をする姿を見て不安になる母
Upload By SAKURA
「これを…2年後に…あーさんが…」と想像してみたものの…「指示に従えず、みんなの足を引っ張ったりするのではないか」という考えばかりが浮かび、できるわけがないと思いました。

それから2年…ついに娘が、組体操に挑む日がやってきました。
ついに組体操に挑む日が!
Upload By SAKURA
事前に先生から「あーさんの横には、補助が付きます」と言われていたので、少し安心していたのですが、実際出番になり、娘を見ると、補助の先生がいませんでした。一人で笛の指示だけで動けるの!?と動揺していた私をよそに、演技は始まりました。

不安的中、泣き出した娘にハラハラ

私は、ハラハラしながら見守りました。

娘は笛の合図だけで、移動、技をこなし、隊形移動も迷いなく動いていました。途中、集団技のときに、前の子が倒れこんで来て、娘にぶつかりました。
お友達にぶつかって泣いてしまう娘
Upload By SAKURA
泣き出した娘を見て、私は娘が演技をやめてしまうと思いました。

しかし、娘は顔をしかめ、涙を流しながらも、自分でその涙をぬぐい、立ち上がって演技を続けました。

気がつくと…私は、泣いていました。
泣きながらも続ける姿に母も涙
Upload By SAKURA
私の頭には、年少さんの頃の娘の姿が浮かんでいました。指示が聞き取れず、フワフワしていた娘。あの頃の娘は、目の前にはもういません。他の競技でも娘は、一人で動いていました。

少し離れたところから見た娘は、とても大きくたくましく見えました。

演技終了後、先生に話を聞くと、「練習のときは補助が付いていたのですが、補助が全然必要なく、しっかりしていたので、本番は補助なしにしました!」と言われ、先生からも信用してもらえたことに、さらに成長を感じました。
次ページ「「娘には無理」と思う日もあったけど」

追加する

バナー画像


年齢別でコラムを探す


同じキーワードでコラムを探す



放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。