「衣替え」の度に親子バトル勃発。変化が苦手な自閉症息子のパニックを回避できた、わが家流対処法!

「衣替え」の度に親子バトル勃発。変化が苦手な自閉症息子のパニックを回避できた、わが家流対処法!のタイトル画像

こだわりの強いお子さんを育てている保護者の皆さん、衣替えの季節って大変じゃあありませんか?自閉症の息子は秋になっても「しばらく半袖だったのに、何で長袖着なきゃいけないの?」となり、夏になったらなったで「しばらく長袖だったのに何で半袖?」となります。衣替えの都度、混乱し、パニックを起こしていました。

今回は、わが家で毎度の「衣替えバトル」が回避できるようになった、「魔の衣替え」の乗り切り方を紹介します!

立石美津子
13684 View
『発達障害に生まれて』(松永正訓著/中央公論新社)で、ルポルタージュの題材となった立石美津子です。

自閉症の息子は「変化」が苦手

自閉症の子には“同一保持性”があります。それにより同じパターンに固執する“こだわりの人”となりがちです。変化に対して不安があるのか、パターンを崩されることを嫌います。

感覚鈍麻により温度差を感じないのか、こだわりなのか、近所に夏でも冬でもずっと、白の半袖Tシャツとベージュのズボンのおじさんがいますが、「もしかして息子と同じような人なのかな?」と思ったりします。

四季を理解できない

日本には四季があり、季節により着るものが変わります。夏は半袖、冬は長袖です。

ところが、この“夏”とか“冬”という言葉や概念が、自閉症の息子にとっては実に曖昧なくくりに感じられるようです。一般的に”寒くなってくる”時期である10月でも、日によっては気温が高い日もあるし、6月でも肌寒い日もあります。

「10月1日になったら秋の気温に変わる」など、月の変わり目に急に涼しくなってくれたらよいのですが、そんなに都合よくはいきません。外気温はきれいなグラフを描いて変化するわけではなく、上下動しながらだんだんと変わっていくものです。

その日の気温に合わせて着て行く服を替えなければ、風邪を引いたり、汗をかきます。そこで親は「今日は寒いからこれを着て行きなさい」、「今日は暑いからこれを着て行きなさい」とあれこれ指示を出したくなります。でも、息子は、この言い方が受け入れられないのです。

衣替えの季節は、親子バトルが勃発

衣替えの季節は変化が苦手な自閉症の息子とのバトルが起きていた
Upload By 立石美津子
年に2回の衣替えのとき、親子のバトルが繰り返されます。自閉症の子を育てるママ友にこの話をしたら、「うちもそうよ」という人が結構いました。もしかしたら、自分の身体の不快感よりも、こだわりを崩される不安の方が大きいのが自閉症の特性なのかもしれません。

10月であっても30度近い日があれば、私は半袖を着るように指示をします。すると息子は「この間は『涼しくなったから長袖を着て』と言ったのに、何で今日は半袖と言うのだ!」と怒ってしまいます。

10月も末になると、気温が低い日が続くようになります。少し前まで着ていた半袖はもう出番がなくなります。でも息子は、しばらく着ていた半袖の服とお別れしなくてはならないのが不安でしょうがなくなるのです。

わが家の対応策

試行錯誤の結果、わが家では次の2つの対応策で、衣替えバトルを回避できるようになりました。

1つ目の対応策:重ね着

着るべき冬服に向けて、夏の間着ていた半袖を長袖の上に重ね着させます。ぱっと見、本人には馴染みのある半袖が見えるので、少しは安心感があるようです。
重ね着で衣替えを乗りきる
Upload By 立石美津子
そうすることで、段々と長袖にも慣れてきます。不安感が軽減されたところで、半袖を脱ぐように言います。(冬の間ずっと半袖の重ね着をしても良い)
重ね着で衣替えを乗り切る
Upload By 立石美津子
夏に向けてはこの逆バージョンとなります。

2つ目の対応策:気温チェック

自閉症の息子は天気予報で外気温を確認し翌日着る服を選ぶ
Upload By 立石美津子
18歳になった息子は天気予報の「今日の気温は27度です」という言葉を聞いて「25度以上だから今日は半袖だ」とマイルールを自分で決めるようになりました。そして、夜のニュースを見ながら、翌日の着替えの用意を夜のうちに用意するのが日課になりました。
「そうか、曖昧に夏、冬と言葉をかけるより、外気温の数値で“〇度以上は夏服、〇度以上は冬服”と最初から言ってやればよかったんだ~」と気づきました。

健常の親の考え方や感覚で、自閉症児を育てるとこういうことが起こってしまうんですね。息子を叱っていた自分を反省しました。もっと早く気づけば、お互い楽だったかもしれません。皆さん、良かったら“重ね着法”“気温チェック法”を試してみてくださいね。

ちなみに、天気予報って、前の日の予報と変わることってありますよね。そんなとき、息子はテレビ画面のお天気お姉さんに向かって「嘘つきやがって」と暴言を吐いています…。

著者親子のルポルタージュ

2018年9月10日、医師・松永正訓氏が立石親子を取材、書き上げた新刊が発売に。発達障害がある子と母の、幼児期から今までに渡る育児について綴られています。
発達障害に生まれて-自閉症児と母の17年
松永正訓
中央公論新社

このコラムを書いた人の著書

立石流子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方
立石美津子
すばる舎
自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

関連記事

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

自閉症の息子の好物は「市販の合わせ調味料」を使った料理!でも、こだわりが炸裂しすぎて…!のタイトル画像

関連記事

自閉症の息子の好物は「市販の合わせ調味料」を使った料理!でも、こだわりが炸裂しすぎて…!

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
放課後等デイサービス・児童発達支援の求人一覧です。待遇・給与、勤務時間、研修・教育制度、職員のインタビューからあなたにぴったりの職場を探せます。
会員登録後のエントリーで1,000円のAmazonギフトカードがもらえるキャンペーンを実施中!
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

立石美津子 さんが書いた記事

子どもの進学先、どこを希望する?自閉症の息子の「自尊感情」を一番に考えた、わが家の場合のタイトル画像

子どもの進学先、どこを希望する?自閉症の息子の「自尊感情」を一番に考えた、わが家の場合

お子さんに発達の凸凹や遅れがあると、進級先について悩み、迷う方も多いのではないでしょうか。通常級?特別支援級?特別支援学校?どこがベストな...
進学・学校生活
15346 view
2018/12/07 更新
おやつは「ハサミの練習」の時間!?自閉症息子の楽しみを奪ったモーレツ母さんの、14年後の懺悔のタイトル画像

おやつは「ハサミの練習」の時間!?自閉症息子の楽しみを奪ったモーレツ母さんの、14年後の懺悔

療育に通うと知識が増えます。すると、親が専門家のように勉強熱心になり、家にも“お母さん”という名の療育の専門家がいることになります。でも、...
自分と家族のこと
18716 view
2018/11/05 更新
【発達障害 子育て】息子の言葉に感情が宿った?自閉症児の育児、今までで一番嬉しかったことのタイトル画像

【発達障害 子育て】息子の言葉に感情が宿った?自閉症児の育児、今までで一番嬉しかったこと

私の息子は自閉症です。今年、高校3年生になりました。この子を育てる中で、一番嬉しかったこと…それは息子が意味のある「言葉」を話した瞬間でし...
自分と家族のこと
17258 view
2018/09/11 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。