「比較→気になる→凹む…」負のスパイラルから脱した、発達障害児育児のターニングポイント

「比較→気になる→凹む…」負のスパイラルから脱した、発達障害児育児のターニングポイントのタイトル画像

娘に発育の遅れがあると指摘されたのは、2歳5か月の時。私と娘の療育生活が始まりました。

それから2年間ほど、診断のつかないグレーゾーンのまま療育を続け、娘が4歳の時、「広汎性発達障害」と診断を受けました。娘は現在7歳(小学2年生)。気がつけば、療育を始めて6年目に突入しました。療育を始めた頃、とても不安定だった私が、娘と一緒に頑張ってみようと前を向けたきっかけは…

SAKURAのアイコン
SAKURA
41021 View

発育の遅れを指摘されてから、どうしても気になる他の子の様子

娘に発育の遅れがあると指摘されたのは、2歳5か月の頃。初めて「この子は発育が遅れている」と言われた時、本当にショックでした。まさか自分の子が?なんで?と暗い気持ちになったのです。

当時の私は、よく娘のことで落ち込むことがありました。私の場合、それは、娘と他の子を比べてしまう時でした。
「比較→気になる→凹む…」負のスパイラルから脱した、発達障害児育児のターニングポイントの画像
Upload By SAKURA
「比較→気になる→凹む…」負のスパイラルから脱した、発達障害児育児のターニングポイントの画像
Upload By SAKURA
「あの子はできるのに、なんでうちの子はできないんだ」

私の中に、他の子と同じようにできてほしい、恥ずかしいという思いが無意識に出てくるのです。

落ち込む日々の中で気づいたこと

しかし、何度か同じことで落ち込むなかで、だんだんと私の考え方は変わってきました。
「比較→気になる→凹む…」負のスパイラルから脱した、発達障害児育児のターニングポイントの画像
Upload By SAKURA
私がそう思っても、娘のプラスになることは一つもない…と気がついたのです。今、私が他の子と娘を比べることは、娘にとっても私にとっても負担にしかなりません。

大事なのは、今…ではなく、これから先のこと。

これから先のために、今できることは療育

私と主人の目標は、「娘が大人になって社会へ出た時、自分でお金を稼ぎ、自分で生活できるようになること」でした。

私たちは、ずっとそばにいて助けてあげることはできません。いつかは一人で考え、一人で行動しなければならない時が娘にもやってきます。その時が来るまで…その時が来ても娘が困らないために、私たちが娘にしてあげられることが、療育なのです。今はまだ、その過程でしかない、そう考えていたからです。
「比較→気になる→凹む…」負のスパイラルから脱した、発達障害児育児のターニングポイントの画像
Upload By SAKURA
過程の段階で、他の子と比べたり、競ったりしても仕方ないとわかりました。それを自分の中で完全に消化できた時、私は娘の発育状態のことで、落ち込むことが少なくなりました。

考え方を変えたら見えてきた「できること」

それから不思議と、娘ができないことよりも、できることが、私の目に留まるようになりました。あぁ…こんなことができるんだ!すごいな~!と思いながら、私は、心から娘の個性を認めることができるようになったと感じました。
「比較→気になる→凹む…」負のスパイラルから脱した、発達障害児育児のターニングポイントの画像
Upload By SAKURA
みんな得意があって苦手がある。娘の得意なことは伸ばしてあげればいいし、苦手なことはサポートしていけばいいのです。そう考えながら接することで、私は今、前を向いていられるのかもしれません。
発達障害の長女になかったイヤイヤ期。二人目育児で気づいた、それぞれの個性の楽しみかた♡のタイトル画像

関連記事

発達障害の長女になかったイヤイヤ期。二人目育児で気づいた、それぞれの個性の楽しみかた♡

こだわりをソーシャルスキルに!息子の「困った行動」への見方を変えてくれた、海外の療育法のタイトル画像

関連記事

こだわりをソーシャルスキルに!息子の「困った行動」への見方を変えてくれた、海外の療育法

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

SAKURA さんが書いた記事

【発達障害の娘の宿題問題】変えるべきは、量ではなく…?娘のペースで取り組めるようになった、わが家の解決策【後編】のタイトル画像

【発達障害の娘の宿題問題】変えるべきは、量ではなく…?娘のペースで取り組めるようになった、わが家の解決策【後編】

学校の宿題をみんなと同じペースでこなしていくのが少しずつ難しくなり、精神的にも不安定になっていった小学3年生の娘。今回の後編では、このまま...
学習・運動
18839 view
2019/10/16 更新
【発達障害の娘の宿題問題】キャパオーバーで情緒不安定に!全部やる?減らすべき?それとも…わが家の解決策【前編】のタイトル画像

【発達障害の娘の宿題問題】キャパオーバーで情緒不安定に!全部やる?減らすべき?それとも…わが家の解決策【前編】

広汎性発達障害の娘は現在小学3年生。 小学校入学から始まった、学校の宿題…はじめは順調でしたが、徐々にみんなと同じ量を同じペースでこなすこ...
学習・運動
27093 view
2019/10/09 更新
便利さよりも居場所が大事!田舎暮らしが、発達障害のある娘にはメリットばかりだと思う理由のタイトル画像

便利さよりも居場所が大事!田舎暮らしが、発達障害のある娘にはメリットばかりだと思う理由

私は、3年前から、沖縄の中でも田舎である土地に住んでいます。 田舎と言えばのんびりしていて、子育てしやすそうに見えますが…実際は? 今回は...
身のまわりのこと
19146 view
2019/09/25 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。