放課後等デイを使うのは「甘え」なの?娘の療育を抱え込んでいた私が変われたワケ

ライター:SAKURA

成長とともに、親への反抗が激しくなってきたわが子。あの日言われたあの言葉は、今でも胸に突き刺さっています。娘との関わり方に悩んでいた私に、一筋の希望を見せてくれたのが、放課後等デイサービスでした。

でも、下の子を保育園に預け、さらに娘まで預けてしまっていいの…?という罪悪感を感じてもいたのです。そんな私が、放課後等デイサービスを利用するまでに考えたことや、実際に利用してみての心の動きを、全3回でお届けします。

娘の成長とともに、変わってきた親子関係

小学2年生になってから、私への反抗が少しずつ強くなってきた娘。少しずつ、少しずつ…私たち親子の関係は悪くなっていきました。日常生活のいくつかのシーンで、険悪ムードになることもしばしば…。
放課後等デイを使うのは「甘え」なの?娘の療育を抱え込んでいた私が変われたワケの画像
Upload By SAKURA
これが成長から来るものだと分かってはいました。私の指示にただ従うのではなく、自分で考えるようになってきたことで「私はこうしたいのに…」というような自我が出てきたんだ、と。

だから、宿題や片づけに関しては、無理強いすることはないと捉えていました。でもその反抗は、わが家の「療育」にも影響してしまうようになってきたのです。

忘れられないあの日のできごと

宿題の間違いを正そうとしない娘に、その気持ちを聞こうと試みても…
放課後等デイを使うのは「甘え」なの?娘の療育を抱え込んでいた私が変われたワケの画像
Upload By SAKURA
私と面と向かって座ることも嫌がり、その後も私の言葉に耳を傾けてくれませんでした。さらに、「ママは私を可愛がっていない」という言葉は、私の心に突き刺さりました。

そして私の心をえぐる言葉が…

すかさずフォローしてくれた夫…

しかし私は、娘の言葉がショックすぎて、放心状態でした。
放課後等デイを使うのは「甘え」なの?娘の療育を抱え込んでいた私が変われたワケの画像
Upload By SAKURA
次ページ「その日から、私の悩める日々が始まりました」


バナー画像


年齢別でコラムを探す


同じキーワードでコラムを探す



放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。