放課後等デイを使うのは「甘え」なの?娘の療育を抱え込んでいた私が変われたワケ

放課後等デイを使うのは「甘え」なの?娘の療育を抱え込んでいた私が変われたワケのタイトル画像

成長とともに、親への反抗が激しくなってきたわが子。あの日言われたあの言葉は、今でも胸に突き刺さっています。娘との関わり方に悩んでいた私に、一筋の希望を見せてくれたのが、放課後等デイサービスでした。

でも、下の子を保育園に預け、さらに娘まで預けてしまっていいの…?という罪悪感を感じてもいたのです。そんな私が、放課後等デイサービスを利用するまでに考えたことや、実際に利用してみての心の動きを、全3回でお届けします。

SAKURAのアイコン
SAKURA
53363 View

娘の成長とともに、変わってきた親子関係

小学2年生になってから、私への反抗が少しずつ強くなってきた娘。少しずつ、少しずつ…私たち親子の関係は悪くなっていきました。日常生活のいくつかのシーンで、険悪ムードになることもしばしば…。
放課後等デイを使うのは「甘え」なの?娘の療育を抱え込んでいた私が変われたワケの画像
Upload By SAKURA
これが成長から来るものだと分かってはいました。私の指示にただ従うのではなく、自分で考えるようになってきたことで「私はこうしたいのに…」というような自我が出てきたんだ、と。

だから、宿題や片づけに関しては、無理強いすることはないと捉えていました。でもその反抗は、わが家の「療育」にも影響してしまうようになってきたのです。

忘れられないあの日のできごと

宿題の間違いを正そうとしない娘に、その気持ちを聞こうと試みても…
放課後等デイを使うのは「甘え」なの?娘の療育を抱え込んでいた私が変われたワケの画像
Upload By SAKURA
私と面と向かって座ることも嫌がり、その後も私の言葉に耳を傾けてくれませんでした。さらに、「ママは私を可愛がっていない」という言葉は、私の心に突き刺さりました。

そして私の心をえぐる言葉が…

すかさずフォローしてくれた夫…

しかし私は、娘の言葉がショックすぎて、放心状態でした。
放課後等デイを使うのは「甘え」なの?娘の療育を抱え込んでいた私が変われたワケの画像
Upload By SAKURA

その日から、私の悩める日々が始まりました

この「療育」の日々は…私の独りよがりなのだろうか…。娘にとってはありがた迷惑なのだろうか…。

今まで歩んできた日々が全部否定された気がしました。
放課後等デイを使うのは「甘え」なの?娘の療育を抱え込んでいた私が変われたワケの画像
Upload By SAKURA
それから、私たちの関係は少しぎこちなくなりました。

私が出合った、ある一つのきっかけ

そんな時、私は発達ナビで、とあるコラムを読みました。

『自閉症長男を預けてラクしていいの?放課後等デイが母に教えてくれた「前向きな理由」』という、シュウママさんのコラムです。
自閉症長男を預けてラクしていいの?放課後等デイが母に教えてくれた「前向きな理由」のタイトル画像

関連記事

自閉症長男を預けてラクしていいの?放課後等デイが母に教えてくれた「前向きな理由」

放課後等デイを使うのは「甘え」なの?娘の療育を抱え込んでいた私が変われたワケの画像
Upload By SAKURA
現在私は在宅で仕事し、息子(下の子)を保育園に預けています。それもあって、娘は私が見なければ!預けるなんて、そんな楽をしてはいけない!と、このコラムを読むまで、思っていました。

しかし、シュウママさんのコラムにあった「預けることで、母親は子どもに対して、心にゆとりを持って接することができる」という文章を見て、ハッとしました。

親としての私を振り返ってみると…

私は普段、娘が帰宅するまで仕事をし、娘の帰宅後は、宿題を見ながら、家事・炊事・療育を終わらせて、息子を保育園に迎えに行きます。

思い返せば、娘と衝突することが多いのは、この夕方の時間帯。常にバタバタしていて、余裕をもって娘に接していなかったかもしれません。
放課後等デイを使うのは「甘え」なの?娘の療育を抱え込んでいた私が変われたワケの画像
Upload By SAKURA
それでも私は、やっぱり放課後等デイサービスに頼っていいかわからず、できる限り余裕を持てるように、仕事や家事のやり方を試行錯誤してみました。

しかし、どうしてもスムーズにいかず、子どもたちの病院まわりが入ると、私の一日はいくら時間があっても足りません。

夫に話してみると、意外な反応が返ってきました!

迷った私は、夫に「放課後等デイサービス」について相談しました。
放課後等デイを使うのは「甘え」なの?娘の療育を抱え込んでいた私が変われたワケの画像
Upload By SAKURA
夫は即答で賛成してくれました。そして、「あーさんが俺たちのいないところで、いろんな人と関わりながら学んでいるステップに来てるんだよ」と言いました。

一番身近な人が、放課後等デイサービスでの人との関わりが娘の成長の過程にきっと必要なんだよ、そう背中を押してくれた――。「自分が楽をしていいのか」という自分基準で考えていたことを、夫は娘の成長を基準にとらえ、賛成してくれたのです。

きっと夫は、娘の成長のことも、私と娘の関わりがうまくいっていないことも、私の悩みも、さまざまなことに思いをめぐらしたうえで、そう言ってくれたのでしょう。娘基準で考えたらいい、そう思えたとき、私の罪悪感は消え、「放課後等デイサービス」の利用へと、動き出す決意ができたのです。

次回は、放課後等デイサービスを利用するまでのこと、どういう基準で利用する施設を選んだのかについて、ご紹介したいと思っています。
放課後等デイサービスとはどんな施設?サービス・利用方法・費用・受給者証手続きの流れをご紹介のタイトル画像

関連記事

放課後等デイサービスとはどんな施設?サービス・利用方法・費用・受給者証手続きの流れをご紹介

自閉症の息子の「好き」にとことん寄り添ってくれた居場所――放課後等デイで過ごした12年間を振り返ってのタイトル画像

関連記事

自閉症の息子の「好き」にとことん寄り添ってくれた居場所――放課後等デイで過ごした12年間を振り返って

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

SAKURA さんが書いた記事

【発達障害の娘の宿題問題】変えるべきは、量ではなく…?娘のペースで取り組めるようになった、わが家の解決策【後編】のタイトル画像

【発達障害の娘の宿題問題】変えるべきは、量ではなく…?娘のペースで取り組めるようになった、わが家の解決策【後編】

学校の宿題をみんなと同じペースでこなしていくのが少しずつ難しくなり、精神的にも不安定になっていった小学3年生の娘。今回の後編では、このまま...
学習・運動
18561 view
2019/10/16 更新
【発達障害の娘の宿題問題】キャパオーバーで情緒不安定に!全部やる?減らすべき?それとも…わが家の解決策【前編】のタイトル画像

【発達障害の娘の宿題問題】キャパオーバーで情緒不安定に!全部やる?減らすべき?それとも…わが家の解決策【前編】

広汎性発達障害の娘は現在小学3年生。 小学校入学から始まった、学校の宿題…はじめは順調でしたが、徐々にみんなと同じ量を同じペースでこなすこ...
学習・運動
26873 view
2019/10/09 更新
便利さよりも居場所が大事!田舎暮らしが、発達障害のある娘にはメリットばかりだと思う理由のタイトル画像

便利さよりも居場所が大事!田舎暮らしが、発達障害のある娘にはメリットばかりだと思う理由

私は、3年前から、沖縄の中でも田舎である土地に住んでいます。 田舎と言えばのんびりしていて、子育てしやすそうに見えますが…実際は? 今回は...
身のまわりのこと
19124 view
2019/09/25 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。