自閉症息子の「小銭だらけのお財布」をなんとかしたい!お金の計算を無理強いした結果…

 自閉症息子の「小銭だらけのお財布」をなんとかしたい!お金の計算を無理強いした結果…のタイトル画像

自閉症の息子は、「58+36」のような計算ができません。でも、1人で買い物くらいはできるようになってほしいと思い、中学生のとき「毎日コンビニに寄って、好きなデザートを買ってくる」という日課を実践していたのですが、さらに私は「小銭で支払えるように」と猛特訓をしてしまい…

立石美津子
13099 View

中学生の息子に、お金を使う練習をさせたい!

『発達障害に生まれて』(松永正訓著/中央公論新社)のノンフィクションのモデルとなった立石美津子です。

自閉症の息子が中学生になった頃、私は「息子に1人で買い物に行けるようになってほしい」と考えるようになりました。そこで、お金の使い方を理解させるために、「放課後等デイサービスからの帰宅途中にあるコンビニで、夕食後に食べる好きなデザートを買う」という日課を思いついたのです。
 自閉症息子の「小銭だらけのお財布」をなんとかしたい!お金の計算を無理強いした結果…の画像
Upload By 立石美津子
普段から私と一緒に買い物に行くことはありましたから、「品物を選んでレジに持っていき、お金を払う」という流れは息子も分かっています。問題は、「120円のものと200円のものを買ったら320円になる」といった計算のできない息子が、必要な金額分のお金を払うことができるかどうかでした。

息子はリュックサックにヘルプカードをぶらさげているので、もしかすると、これを見た親切な店員さんが、息子の財布から必要なお金を出してくれるかもしれません。
 自閉症息子の「小銭だらけのお財布」をなんとかしたい!お金の計算を無理強いした結果…の画像
Upload By 立石美津子
でも、それでは練習にならないので、息子が立ち寄るコンビニの店長さんに「息子に気づいたとき、状況が許せば、自分でお金を出す練習をさせてもらえないか」と相談し、快諾してもらいました。

自分でお金は出せるけれど…?

息子は、自分で財布からお金を出して買い物をすることができました。でもある「苦手意識」を持っていることが分かったのです。それは…
 自閉症息子の「小銭だらけのお財布」をなんとかしたい!お金の計算を無理強いした結果…の画像
Upload By 立石美津子
これは当時の息子の財布なのですが、中身は小銭だらけ。お金をキッチリ出すことに対して自信がないのか、レジで焦ってしまうのか、大きいお金ばかり使っているようなのです。その結果、財布がおつりの小銭でいっぱいになっていました。

でも…。これができるということは、息子は

・100円は10円よりも大きい金額だと分かっている。
・1000円は100円より大きい額だと分かっている。


ということです。

それであれば「1人で買い物をする」という目的は果たすことができるので、私はひとまずホッとしました。でも、せっかくならば、少しずつでも良いから小銭を使う練習もしてほしいと考え、しばらく試行錯誤しました。

苦手を克服するための練習が、思わぬ結果に…

当時私が考えたのは、「お金のつかみ取り」。たくさんの小銭を入れたケースから片手でつかみ取りをして、いくら取ったのかを数えて金額を言うというルールです。

私も欲が出て「せっかくならば、1000円以上のお金も学習させよう」と考え、こんな風に千円札も加えて計算させるようにしていました。
 自閉症息子の「小銭だらけのお財布」をなんとかしたい!お金の計算を無理強いした結果…の画像
Upload By 立石美津子
「つかみ取り」と聞くと、息子はお祭りのスーパーボールすくいや、スーパーのジャガイモ入れ放題の感覚になってしまうようで…。「たくさん取らなくては!」と思うのか、めいっぱいにつかんで、毎回大量のお金を計算することになってしまいました。
 自閉症息子の「小銭だらけのお財布」をなんとかしたい!お金の計算を無理強いした結果…の画像
Upload By 立石美津子
つかんだお金が多いほど計算するのも大変なので、何度も何度も数え直すことになり、息子はイライラしてしまいます。そしてますます苦手意識が強くなり、悪循環になっていきました。

しばらく続けたものの、練習の甲斐もなく、息子は結局、実際の買い物の場面で小銭を使おうとはしませんでした。そしてこの経験から、私は「小銭の使い方を練習することは、今の息子にとってはプラスにならない」ということを学んだのです。

大切なのは「1人で買い物できる」ということ。完璧を求めすぎない!

息子はこの春に特別支援学校の高等部を卒業し、現在は就労移行支援事業所に通っています。昼休みには1人で外食したり、コンビニ弁当を買って食べたりしています。

今はもう、お金のつかみ取りの練習はさせていませんが、代わりに千円札を何枚か入れた息子専用のケースを用意しています。息子には「お財布の中には、いつも2000円入れておきなさい」と伝えており、私の許可を得なくても、このケースから自由に千円札を取って良いことにしています。

そして私のお金を入れている引き出しには「ここに入っているのはお母さんのお金です。ここからお金を取るのは泥棒です」と伝えているので、息子も決して私のお金に触ったり、勝手に取ったりはしません。
 自閉症息子の「小銭だらけのお財布」をなんとかしたい!お金の計算を無理強いした結果…の画像
Upload By 立石美津子
息子は毎回お札で会計をしているので、財布の中は相変わらずおつりの小銭ばかりになりますが、たまった小銭は私がそっと回収しています。

私自身、昔ほど息子の財布を気にして見ることもなくなりました。あのとき「小銭からお金を支払えるように練習しなくては!」ということに固執していたのに、今ではすっかり肩の力が抜けたように思います。

買い物に限らず、日常生活のいろいろな場面で、私は総じて息子に任せるようになってきました。「1人で買い物をする」のように、息子にとって、自立に向けてやってよかった練習もありますが、完璧を求めすぎることなく「ここまでできればOK」の気持ちが大切なのだと、改めて感じています。

著者親子のルポルタージュ

発達障害に生まれて-自閉症児と母の17年
松永正訓
中央公論新社

このコラムを書いた人の著書

子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方
立石美津子
すばる舎
自閉症の息子が「一人で買い物」、身につけるべきスキルはお金の計算じゃなかった!のタイトル画像

関連記事

自閉症の息子が「一人で買い物」、身につけるべきスキルはお金の計算じゃなかった!

おやつは「ハサミの練習」の時間!?自閉症息子の楽しみを奪ったモーレツ母さんの、14年後の懺悔のタイトル画像

関連記事

おやつは「ハサミの練習」の時間!?自閉症息子の楽しみを奪ったモーレツ母さんの、14年後の懺悔

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

立石美津子 さんが書いた記事

自閉症の息子の「好き」にとことん寄り添ってくれた居場所――放課後等デイで過ごした12年間を振り返ってのタイトル画像

自閉症の息子の「好き」にとことん寄り添ってくれた居場所――放課後等デイで過ごした12年間を振り返って

息子が保育園の年長児になったとき、「来年からは小学生。下校後に過ごせる場所を探さなくては!」と考えるようになりました。小学生なら誰でも通え...
進学・学校生活
20021 view
2019/04/18 更新
ポイントは3つ!自閉症の息子の「できる!」を育んだリンゴの皮むき練習法のタイトル画像

ポイントは3つ!自閉症の息子の「できる!」を育んだリンゴの皮むき練習法

わが子には、あれもこれもできるようになってほしい…、そんな風に思ってしまうこと、ありますよね。子どもの将来を思っての親心ではあるものの、つ...
身のまわりのこと
8002 view
2019/04/05 更新
今はまだ選択肢の少ない「障害がある人の働き方」。自閉症の息子の、やりがいある仕事との出会いを願って のタイトル画像

今はまだ選択肢の少ない「障害がある人の働き方」。自閉症の息子の、やりがいある仕事との出会いを願って

自閉症の息子は、もうすぐ特別支援学校高等部を卒業します。 息子が高等部に進学してから、私は卒業後の進路選びのために、就労移行支援事業所や...
将来のこと
12298 view
2019/03/14 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。