【発達凸凹キッズあるある】小さな成長が大きな喜びに――3組の親子の「できたね!」エピソード集Vol.2

【発達凸凹キッズあるある】小さな成長が大きな喜びに――3組の親子の「できたね!」エピソード集Vol.2のタイトル画像

発達が気になるお子さんとの毎日は、楽しいこと、うれしいこと、そしてちょっと大変なこと…いろんな出来事があり、ママパパの心も膨らんだり、ときにはしぼんでしまったりすることもあるのではないでしょうか。編集部は、2019年3月に開催した「子育てフェスタ2019」の会場で、「発達凸凹キッズあるある募集」と題し、エピソードの募集をさせていただきました。そこで集まったエピソードを発達ナビの連載ライター陣によってコミックエッセイ化。第2弾となる今回は、お子さんの「成長エピソード」を集めました!

発達ナビ編集部のアイコン
発達ナビ編集部
10080 View

子育てフェスタで「子育てあるある」エピソード募集

【発達凸凹キッズあるある】小さな成長が大きな喜びに――3組の親子の「できたね!」エピソード集Vol.2の画像
Upload By 発達ナビ編集部
発達が気になるお子さんとの毎日は、楽しいこと、うれしいこと、そしてちょっと大変なこと…いろんな出来事があり、ママパパの心も膨らんだり、ときにはしぼんでしまったりすることもあるのではないでしょうか。

そこで編集部は、2019年3月に開催した「子育てフェスタ2019」の会場で、「発達凸凹キッズあるある募集」と題し、エピソードの募集をさせていただきました。そこで集まったエピソードからいくつか厳選し、発達ナビの連載ライター陣によってコミックエッセイ化し、2回に分けてご紹介します。

後編となる今回は、子育ての一場面を切り取った、3つの「成長エピソード」をご紹介します。
発達が気になる子の「学齢期の悩みへのヒント」がいっぱいの一日に!子育てフェスタ2019開催のタイトル画像

関連記事

発達が気になる子の「学齢期の悩みへのヒント」がいっぱいの一日に!子育てフェスタ2019開催

イスに座ることも拒否だった娘、療育に通って2年の変化(4歳の女の子)

【発達凸凹キッズあるある】小さな成長が大きな喜びに――3組の親子の「できたね!」エピソード集Vol.2の画像
Upload By 発達ナビ編集部
4歳になる娘には知的障害があり、発語はありません。

2歳で療育に通い始めたころは、ギャーギャー泣いてしまい、椅子に座ることすら難しい状況でした。
【発達凸凹キッズあるある】小さな成長が大きな喜びに――3組の親子の「できたね!」エピソード集Vol.2の画像
Upload By 発達ナビ編集部
今では、洋服の脱ぎ着でも協力動作ができるようになりました。また、要求のサインとして、両手をパチパチと叩くこともできるように。身辺自立や、自分の気持ちを伝えることが少しずつできるようになっています。

今でも発語は難しいけれど、だからこそ、親としては感動の成長です。

エピソード提供:Rさん(4歳の女の子のママ)

就学前検診で「友達はいないよ」。ドキッとしたけれど…!(5歳の男の子)

【発達凸凹キッズあるある】小さな成長が大きな喜びに――3組の親子の「できたね!」エピソード集Vol.2の画像
Upload By 発達ナビ編集部
ASD(自閉症スペクトラム)のある息子と、就学前検診の二次検査に行ったときのことです。

面接官の先生から「お友達はいますか?」と聞かれた息子は、なんと「いないよ」と答えたのです…。
【発達凸凹キッズあるある】小さな成長が大きな喜びに――3組の親子の「できたね!」エピソード集Vol.2の画像
Upload By 発達ナビ編集部
私は焦って「〇〇ちゃんは?」「〇〇くんは?」とお友達の名前をあげました。

すると息子、「〇〇ちゃんや〇〇くんは、なかま!」ときっぱりと答えたのです。

「(クラスメートは)なかま」というのは、保育園の先生が使っていた言葉です。クラスメートのことを認識しておらず「いないよ」と言ったのではなく、先生の言う「なかま」という言葉を理解していたんだなぁと、うれしくなりました。

エピソード提供:F.Tさん(9歳の男の子のママ)
※エピソードは5歳当時のものとなります

一緒に歩く相手のことを思いやれるように(小学4年生の男の子)

【発達凸凹キッズあるある】小さな成長が大きな喜びに――3組の親子の「できたね!」エピソード集Vol.2の画像
Upload By 発達ナビ編集部
小学4年生の息子には、ASD(自閉症スペクトラム)やADHD(注意欠陥・多動症)などがあります。

以前は周りの人のことをあまり意識することができず、何かしてもらってもお礼が言えなかったり、人に合わせて歩いたりということは難しかったのですが…。
【発達凸凹キッズあるある】小さな成長が大きな喜びに――3組の親子の「できたね!」エピソード集Vol.2の画像
Upload By 発達ナビ編集部
最近、成長を感じられる場面がいくつかありました。

自分の気持ちが落ち着くと、お礼が言えるようになったのです。また、私が「足がいたいの」と伝えると、歩く速さを合わせてくれるようにもなりました。

エピソード提供:Jさん(小学4年生の男の子のママ)

イラスト:かなしろにゃんこ。
【発達凸凹キッズあるある】意を決して受けた「3歳児健診」で大暴れ!診察不可の意見書を手に、役所に駆け込んで…のタイトル画像

関連記事

【発達凸凹キッズあるある】意を決して受けた「3歳児健診」で大暴れ!診察不可の意見書を手に、役所に駆け込んで…

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

発達ナビ編集部 さんが書いた記事

感覚過敏の救世主「タグカバー」&見せたいときだけヘルプマーク「提示カードホルダー」、ママの声を活かして発売!フェリシモ×発達ナビコラボ・第2弾のタイトル画像

感覚過敏の救世主「タグカバー」&見せたいときだけヘルプマーク「提示カードホルダー」、ママの声を活かして発売!フェリシモ×発達ナビコラボ・第2弾

「洋服のタグがチクチクして服を着てくれない」「提示カードがうまく取り出せずスムーズにお出かけできない」。発達が気になる子どものお出かけをも...
身のまわりのこと
11466 view
2019/08/08 更新
発達障害がある子どもが安心できる歯科治療を!全国130の歯科への調査で見えた、配慮の現状と課題とは?のタイトル画像

発達障害がある子どもが安心できる歯科治療を!全国130の歯科への調査で見えた、配慮の現状と課題とは?

歯医者=こわい、痛い…という印象がありますよね。大人でも「ちょっと苦手だな」と感じる方も多いと思います。発達が気になる子どもや保護者にとっ...
発達障害のこと
12776 view
2019/08/07 更新
発達障害の子のママの声から生まれた!整理整頓が苦手でも不器用でもOK「メッシュリュックインナー」&「お財布ポシェット」、フェリシモ×発達ナビのコラボで発売のタイトル画像

発達障害の子のママの声から生まれた!整理整頓が苦手でも不器用でもOK「メッシュリュックインナー」&「お財布ポシェット」、フェリシモ×発達ナビのコラボで発売

「バッグの中がごちゃごちゃして何を入れたか分からなくなる」「お会計のときにどうしてももたついてしまう」。そんな、発達が気になる子どものお出...
遊び・お出かけ
21893 view
2019/08/05 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。