自閉症の息子、「学校とも会社とも違う2年間」でどんな力を身につけられる?高等部卒業後の充実した毎日

自閉症の息子、「学校とも会社とも違う2年間」でどんな力を身につけられる?高等部卒業後の充実した毎日のタイトル画像

自閉症の息子は12年間の学校生活を終えて、2ヶ月が過ぎました。進路先は就労移行支援事業所です。

将来の自立に向け、支援をうけながらPCスキルの習得につとめ、昼休みには一人ランチも楽しんでいるようです。

立石美津子のアイコン
立石美津子
17041 View

社会へと足を踏み出した息子

『発達障害に生まれて』(松永正訓著/中央公論新社)のノンフィクションのモデルとなった立石美津子です。

知的障害のある自閉症の息子は、特別支援学校高等部を3月に卒業し、就労移行支援事業所に通っています。

学校のように、休み時間が50分ごとにあるわけでも、体育や音楽があるわけでもないので、正直「続くだろうか」と心配していたのですが、毎日、機嫌よく通っています。
自閉症の息子、「学校とも会社とも違う2年間」でどんな力を身につけられる?高等部卒業後の充実した毎日の画像
Upload By 立石美津子
特別支援学校では職場マナーなどきめ細かに指導してもらっていたので、それらが随分と役立っています。たとえば、次の「7つのことば」。下段には「言いながらお辞儀はしません」と注意書きがありますが、あいさつや依頼、お礼の言葉に加えて“言葉が先でお辞儀はあと=語先後礼(ごせんごれい)”のルールも、特別支援学校時代にしっかり身につけることができたもののひとつです。

特別支援学校卒業後の進路

さて、息子の通う特別支援学校の卒業生の進路は、下記のようにわかれています。

・生活介護…常に支援が必要な人に対して社会生活能力を向上するための場
・就労継続支援B型…一般就労が困難な人が働く作業所。工賃として支給される
・就労継続支援A型…事業所から雇用される。最低賃金が保証される
・就労移行支援…一般就労を目指す就労訓練の場。2年間限定で利用
・一般就労…法定雇用率による障害者枠で就労
・専門学校…専門学校に進学し、専門分野のスキルを身につける

息子の場合は、企業就労での採用は難しかったので、就労に向けてさまざまなスキルを身につけることができる、就労移行支援事業所が進路先になりました。

就労移行支援の支援内容は事業所ごとに特徴がある

一言に「就労移行支援事業所」と言っても、それぞれの事業所によって行っている支援内容はさまざまです。

ある事業所に見学にってみると、そこは就労継続支援B型事業所と就労移行支援事業所が併設されおり、10時~16時まで利用者は封入作業に取り組んでいました。B型事業所を利用する人も移行支援事業所を利用する人もまったく同じ作業をしていたので、「違いは何ですか?」と私が職員に質問すると…

「企業就労を目指す就労移行支援事業所に通う人たちは体力が必要です。ですからB型事業所を利用する方たちと同じ作業を”立って”やってもらっています」という答えでした。

息子の特性を鑑みても、この支援内容だと合わないのではないか?と考え、他の事業所の見学に行ってみることにしました。

就労移行支援事業所を10ヶ所ほど見学

わが家は自分が住んでいる自治体以外の事業所を見学に行きました。どうしてかというと、どこに通うかは自由だからです。

合計10カ所ほど見学に行きました。その中で「ここだったら息子にあっているかもしれない」と思える事業所を見つけました。そこは、企業就労に向けて主にパソコン技能を教えてくれる場所でした。

もちろん、パソコンの技能を習得しても、バージョンは変化することもありますし、習った内容がそのまま企業での業務に役立つわけではありません。支援プログラムに加えてわが家が重視したのは、スタッフの雰囲気、通っている他の人たちの年代や特性などから、息子に適した場所だと思ったからです。

高等部3年生のとき5日間、合計2クール実習をして、この事業所に受け入れてもらうことが決まりました。

最近の息子の様子

息子は、パソコン技能を習得すべく、毎日やりがいをもって通っています。

息子が高等部の頃は朝7時50分には家を出ていました。下校後は放課後等デイサービスに通っていたので、帰宅は18時30分でした。息子が通う就労移行支援事業所の時間帯は10時~16時なので、今は9時前に家を出て、17時前には帰ってきます。時間的には楽になっていますが、日中、緊張して職業訓練を受けているので、家で過ごす時間が多くて良いと思っています。

また給食や社員食堂があるわけでもないので、将来の自立に向けて1人ランチをさせています。自由に店が選べる外食ができるのも、息子の楽しみの一つとなっているようです。

息子は食物アレルギーもあるので、このような紙をお店に見せるように言っています。
自閉症の息子、「学校とも会社とも違う2年間」でどんな力を身につけられる?高等部卒業後の充実した毎日の画像
Upload By 立石美津子

休日は大好きなことを!メリハリのある生活

月曜日から金曜日まで頑張っている息子は、毎週土曜日、ヘルパーさんと好きな場所、トイレ散策に行くのが休日の日課、楽しみとなっています。息子の趣味は公衆トイレを見て回ることなのですが、メリハリのある生活を送るためにも、趣味を持つことは大切なことだと改めて感じています。
自閉症の息子、「学校とも会社とも違う2年間」でどんな力を身につけられる?高等部卒業後の充実した毎日の画像
Upload By 立石美津子
自閉症の息子、「学校とも会社とも違う2年間」でどんな力を身につけられる?高等部卒業後の充実した毎日の画像
Upload By 立石美津子
就労移行支援事業所は2年間しか通えませんが、力を身につけ、趣味も楽しめる、充実した時間を過ごしてほしいと思っています。

著者親子がモデルとなった本

発達障害に生まれて-自閉症児と母の17年
松永正訓
中央公論新社

このコラムを書いた人の著書

子どもも親も幸せになる発達障害の子の育て方
立石美津子
すばる舎
就労移行支援事業所とは?利用条件とサービス内容、事業所の選び方を紹介します!のタイトル画像

関連記事

就労移行支援事業所とは?利用条件とサービス内容、事業所の選び方を紹介します!

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?のタイトル画像

関連記事

自閉症スペクトラム障害(ASD)とは?年代別の特徴や診断方法は?治療・療育方法はあるの?

当サイトに掲載されている情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。また、掲載されている感想やご意見等に関しましても個々人のものとなり、全ての方にあてはまるものではありません。
あわせて読みたい関連記事

あわせて読みたい関連記事

発達障害のキホンを知る

発達障害のキホンを知る

この記事を書いた人

立石美津子 さんが書いた記事

パニック、自傷を「やめなさい!」と制されて――自閉症息子のやり場のない気持ちを、受け止めきれなかった私のタイトル画像

パニック、自傷を「やめなさい!」と制されて――自閉症息子のやり場のない気持ちを、受け止めきれなかった私

自閉症の子どもがパニックを起こしたり、自傷しだしたりすると「何とか止めさせたい」。親ならそう思うのでないでしょうか。そうすると、「やめさせ...
自分と家族のこと
17369 view
2019/08/13 更新
親はヒヤヒヤ!「それ言っちゃダメ」な自閉症息子の発言。成長と課題を感じる、18歳の夏のタイトル画像

親はヒヤヒヤ!「それ言っちゃダメ」な自閉症息子の発言。成長と課題を感じる、18歳の夏

息子は5歳まで言葉を話しませんでした。でも、今は一方的に自分が言いたいことを言うだけですが、昔に比べるとよく喋るようになりました。でも「そ...
自分と家族のこと
26883 view
2019/08/01 更新
「みんなと一緒に」は親の価値観…!?自閉症の息子の応援団長でいたいと思う理由のタイトル画像

「みんなと一緒に」は親の価値観…!?自閉症の息子の応援団長でいたいと思う理由

わが子が一人遊びばかりしている姿を見ると、「お友達と同じことができるようになってほしい」「集団行動をしてほしい」と感じるのではないでしょう...
発語・コミュニケーション
18488 view
2019/07/16 更新
放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

放課後等デイサービス・児童発達支援事業所をお探しの方はこちら

コラムに対する投稿内容については、株式会社LITALICOがその内容を保証し、また特定の施設、商品及びサービスの利用を推奨するものではありません。投稿された情報の利用により生じた損害について株式会社LITALICOは一切責任を負いません。コラムに対する投稿内容は、投稿者の主観によるもので、株式会社LITALICOの見解を示すものではありません。あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。「やらせ」は発見次第厳重に対処します。